忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1437] [1436] [1435] [1434] [1433] [1432] [1431] [1430] [1429] [1428] [1427]
【白い世界の果ての果て】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:キャラが可愛くて世界観が魅力的なRPG
サークルさん:りんこさん
プレイした理由:制作者さんのゲームが好きなので
プレイツール:RPGツクールVXAce

クリアしました!
素敵なエンディングで面白かったです。

一個だけ、すさまじい疑問があるので最初に書きます。
真由子は素敵なエンディングを見終わった後、セーブ画面が出て来たからセーブしたのです。
それでね、一応、そのセーブデータをロードしたらスタート画面になっちゃったのー!!

一応ね、セーブデータをロードしたスタート画面で「スタート」してみたんですけど、普通にボイスのオンオフを聞かれたので、なんだろうなあ、と思いました。

以上、真由子の疑問でした。
こちらのゲームは制作者さんがネタバレを望まないと紹介ページに書いてあったので、プレイヤー真由子の身に、序盤に起きたことを書きます。
たぶん、それだとネタバレにはならない気がする。

あと、終盤に誤字が一個だけありました。
可愛い誤字で、可愛いなあ、と思いました。私だったら、あれは見落とすと思う。

***

私、こちらの制作者さんのゲームは「大好き!!」と思うゲームと「無理。無理…」と思うゲームがあって、この作品はどっちだろうと思ったのです。

だいたい、紹介ページを読んで「大丈夫。きっと大丈夫!!」と思えたらプレイするようにしてるんですけど、このゲームは全然わかんなかった…。

私はたいてい、一本道のストーリーでENDが一個しかないゲームはプレイしない派なんですけど、こちらのゲーム制作者さんのゲームに関しては、一本道のストーリーでENDが一つの場合も「大好き!」と思う作品があったので、まあ、ストーリーに関しては、マルチENDでも一本道でもどっちでもいいかな、でもマルチENDの方がいいよね、という感じなのです。

でもキャラが!!
悪い意味で変な人が出てくるゲームは嫌なんですよ…。(涙)

これはもう、プレイしてみるしかないかなあ、と思ったのでプレイすることにしました。
合わないゲームだったら永遠に沈黙しようと思って。

***

ゲームを始めたら、ボイスのオンオフを聞かれたんですよ。
真由子は、基本的には迷わず「オフ」なんですけど、このゲームのキャラグラフィックが可愛いから「可愛い声だったら嬉しいなあ」と思って「オン」にしてしまったんですよ…。

それが間違いだった…。(涙)

冒頭の薪拾いもすごく楽しくて「セーブ制限きついなあ」と思ったんですけど、こちらの制作者さんのゲームではフリーズバグとか進行不能のバグに遭遇したことなかったから、信じて進めようと思って!

別の制作者さんのゲームでは、セーブ制限かけられたところでフリーズバグに遭遇して、データ台無しになっちゃって。

私、割とセーブ制限のゲームでデータロストする頻度が高いんですよね…。

なので、画面切り替えの前に、セーブしておこうと思って、わざわざセーブ地点に戻ってセーブしてたりしたんですよ。
ちょっと面倒くさかったけど、一応自衛で…。

そうしたら、画面切り替えの後、素敵なイベントがあって、メニュー画面を開けるようにしてくださって、どこでもセーブにしてくださったの!!

嬉しい…!!

俄然やる気になって、しかもこまめにセーブできるから何があっても安心だと思って、楽しくバトルを終えたんですよ。

そうしたら(たぶん)主人公のマユちゃんが、びっくりするような、脳に突き刺さるような声で(たぶん)「大勝利!!」って言ったと思うのね…。

なんだこの声!?と思って!!

私、自分に合わない声だった場合のリスクを考えて、相当ボリューム低くしてたのに!!

うるさい…!!

そう思った直後に、ぶわーっと思ったんですよ。

「勝利したのはプレイヤー真由子であって、マユちゃん役の声優さんではないよね…」

ここまで思って、これボイス有りでプレイするのは不可能だと悟りました。

「真由子がボイス有りにしたことが、すべての間違いの始まりだった」

私は深く反省して、ボイスをオフにしようと思ったのね。
それで、メニュー画面を開いたのね。

「ボイスに関する項目が…無い…っ」

え?どういうこと?
真由子がボイス無しでゲームを進めるには最初からやり直すしかないということ?

あ、そうなんだ。そうなんだ…。(涙)

仕方なく、これまで進めたデータを破棄して、ボイスオフで最初からやり直しました。

自己責任…。(涙)

今回も思ったんですけど、自分が不快になる声の主人公に、私が感情移入することは不可能です。
たぶん、この感覚はキャラ押しのゲーム制作者さんにはわかって頂けないと思うんですけど、ボイスがあることがプレイ人数を増加させると信じているゲーム制作者さんには「こういうプレイヤーもいるよ」という知識だけでも、もっていただけたらありがたいです。

制作者さんが好ましいと思って掲載した声だと思うので、合うプレイヤーさんはいると思うんですけど。
とりあえず、うるさくなければ(声が大きくなければ)プレイの邪魔にはならないです。
BGMより少し小さいくらいだと、多少合わなくても、私は、なんとかプレイは可能です。

私は、序盤でそんなことがあったので、ボイスが苦手なプレイヤーさんは気をつけてね。
素敵なエンディングだったし、素敵なゲーム内容なので、私は、頑張ってやり直してよかったと思いました。

今後、制作者さんのゲームをプレイさせていただく機会がある場合は、なにがなんでもボイスはオフにするので、もう声優さんに関する不満を書くことは無いと思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R