忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
【殺し屋神社】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:丁寧に制作された長編RPG
サークルさん:プハリコさん
プレイした理由:遊ぶゲームが無かったので
プレイツール:RPGツクールMV

Version1.00をプレイして、クリアしました。
すごく面白かったです!
不満はあるけど、ギリギリ宝物のゲームといってもいいかも。

かなり人を選ぶゲームだと思うので、プレイの際はご注意ください。
では真由子が思ったことを書きます。
ネタバレにご注意ください。

・readmeが同梱されていない

これ、なんでなんだろうね…。
私が見つけられなかっただけかもしれないけど…。
真由子は感想を書くにあたって、わざわざ紹介ページを見ながら書いたの…。
面倒くさかった…。(涙)

・テキスト量が膨大なのに誤字が少なくてすごいと思った

すごいですよね!
私がはっきり覚えているのは再開→再会の誤変換が一個あったことです。
あと、いくつか書き間違いを見つけたけど、どこにあるかは覚えていません。

・吹奏楽部の描写が雑

雑だった。本当に…。
夏のコンクールを控えた、コンクール主力メンバーと思われるクラリネット奏者(高校三年生)が、甲子園の応援には行かないと思うんだ…。

甲子園に行く野球部がある高校で、吹奏楽部も強いところは、吹奏楽部員を一軍と二軍に分けて、二軍が甲子園に行くと聞きました。

予備校で甲子園の応援に行かないというより、合奏練習があるから甲子園の応援に行かないという方がしっくり来る。
予備校に行きたい吹奏楽部員は、熱心な学校だったらレギュラーから外れるくらいなのに!

そんな感じで、部活の描写が雑でした。

・メインイベントの描写は丁寧

高校生活と部活の描写の雑さに比べて、メインイベントの描写は丁寧でした。
素敵だと思いました!
事件の加害者と被害者の変化も楽しかった。

・途中に入る選択肢が楽しい!

一本道のストーリーですが、主人公の目指す進路を聞いてくれたり、バレンタインデーにチョコを渡したいと思っているか気にしてくれたりしたので楽しかったです。

・エンディングで主人公の動向だけが極めて不明確

他のキャラはすっきり進路を提示されているのに、主人公だけ何も無い!!
大学に進学したのか、それとも別の進路なのか…。
しかも、主人公に恋愛感情を持っていた人が少なくとも二人はいたのに告白イベントが最後まで無かった!!

なんで…?(涙)
これが不満でギリギリの宝物のゲームになりました。
エンディングにきちんと二人から告白されて、どちらかを選べたり、二人とも断れたりしたら「素敵なゲームだった」といえたのに!!

・進行不能のエラーに遭遇して怖かった

これは怖かったです!
真由子が遭遇したのは、ボスバトルの際に突然画面が暗転したバグ、ダンジョンを歩いていたら、突然エラーメッセージが出て強制終了の二つです。
二回だけの遭遇で、しかもどこでもセーブだったので、被害は軽微で済みました。

不幸中の幸い!

なので、このゲームをプレイする際は、まめなセーブを心がけた方がいいと思います。
こういう、避けられないエラーに遭遇するたびに「セーブスロットがたくさんある、どこでもセーブは素晴らしい」と思います。

・高校生活に漂うレトロ感

私は大人なので、レトロな感じの高校生活は好きなんですけど「高校生活もファンタジー」という感じで見た方がいいと思います。
私、正直、「美人キャラ設定」のお嬢を可愛いとは思わない…。
とにかく、主人公を取り巻くクラスメイトが古い感じなので、そこは人を選ぶと思います。
私はだんだん慣れました。

・続編前提のエンディングと感じた

一応、綺麗に終わってはいるんですけど、せっかく長編ゲームを最後までプレイしたのに、終わった感があんまりなかった。
でもすごく面白かったとは思ったんですけど…。

・難易度がちょうどよかった

私は一番簡単な難易度を選んだのですが、ちょうど良かったです。
雑魚戦闘はほぼスルーで楽しくクリアできました。
でも、レベルアップが頻繁にあるのは嬉しいんですけど、レベルアップ詳細がいつも表示されて面倒くさかった。
キャラが多いから…。

・ダンジョンは自力でクリアできた

自力でクリアできる難易度でありがたかったです。
でも、一部面倒くさい仕掛けがあったので、もしかしたら脱落する方もいるかも。

・主人公が抜けるイベントに不備が多かった

私、このゲームで主人公が抜けることは無いだろうと思って、主人公を中心に強化していたので主人公が抜けるイベントがあった時はびっくりしました。
ゲームの難易度、進め方によっては苦しむプレイヤーさんがいると思います。
主人公がいないのに、主人公の顔グラフィックが表示されるモノローグがあったり、バトル勝利時に「(主人公の名前)たちは勝利した」と記載されるので、それは少し嫌でした。

・死亡するキャラがいる

私、死ぬキャラを大事に育てて来たプレイヤーさんは怒ると思うんですよね…。
控えキャラも含めて全員に経験値が入る仕様だから、クリアは出来ると思うけど。
私は、大好き!!というキャラが誰もいなかったので、別に平気でした。
魅力的なキャラ描写だと思うんですけど、それと大好きかどうかは別です。

・恋愛をめぐる描写が素敵

とあるキャラが、自分の行動がきっかけで好きな人と友達が付き合うことになったことをすごく後悔しているのですが、その後、その子が新しく好きになった人と幸せになる影で、苦しむ子が出てくる描写があって、すごく素敵だと思いました。

恋愛の主人公は、恋愛のモブキャラを傷つけるんですよね。わかる…。

***

私が思ったのはそんな感じです。
続編が公開されたら、たぶんプレイすると思います。
続編が公開されるといいな。

PR
【ソルシエール年代記 ~騎士と魔道士編~】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:丁寧に制作された長編RPG(続編前提のシナリオ)
サークルさん:イシルさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールMV

クリアしました。
面白かったです。
以下、ネタバレ感想になります。
閲覧にはご注意ください。

面白かったけど、宝物のゲームにはならなかったです。
私、「観客」の立場に押し込められるゲームは基本的に「宝物」にはならないので。

でも、本来、我慢できないほど大嫌いな「観客」の立場でしかゲームを「見ていられなくても」ここまで面白く出来るんだなあ、というのは感心しました。

素敵なストーリーで、魅力的なキャラクターなんですけど、思い入れはほとんどないです。
これが、私が「観客」の立ち位置にいる場合の大きな特徴です。

本当に思い入れがないの。
他人の人生を見て「ふうん」みたいな。

せめて、仲良くなるキャラを選べたらよかったのになー。
私はヒロインには全然興味がなくて、ウィルと一緒にいたかった。
こういうところなんですよ!一本道ゲームの不満って…。

まあ、ヒロインと主人公が好きなプレイヤーさんもいると思います。

シナリオは興味深かったけど、詰み状態になりそうな恐怖のポイントがいくつかあったので、それはちょっとなーと思いました。
とりあえず、回復アイテムを多めに持っておかないと厳しい。
雑魚戦闘で回復アイテムをドロップさせてあげたらいいのに。

長編なのに、誤字がほとんど無かったのはすごいなーと思いました。
真由子は終盤、文字抜けを少し見た気がした。

***

素敵だと思ったのは、メタネタが全く無く、悪人がいなかったこと。
「悪魔」と呼ばれる存在も、私は「悪」ではないと思った。
だから、そういう面では、すごく面白かったです。

私は、主人公たちが死んで、ひどい目に遭わされた魔法使いたちが勝っても、全然構わなかったです。
そういう意味で、各キャラ、平等に好意を持っていたのかも。

だから、魔法使い側に立って、魔法使いを助けながら人間を成敗できるルートが選べたり出来たらよかったのになー。
私はヒロイン以外の、ひどい目に遭わされた魔法使いたちを助けてあげたかった。
私にとっては、ヒロインは全然思い入れが無いのに、ヒロイン枠にいるから優遇されているんですよね…。

「主人公にとって特別でも」「プレイヤー真由子にとっては全く特別でない」

それが一本道ストーリーのヒロイン枠…。
たぶん、私は男主人公に共感してヒロインに恋をしないからこうなんだと思う。

女の子主人公だと、恋愛対象が素敵だと嬉しいんですけど。

でも、たまには男主人公に共感してヒロインに恋をすることもあります。
「スポンサーガ」の聖女様は私にとっては素晴らしいヒロイン!!

このゲームに関しては「ヒロインは特別に良い人間というわけでもないのに、たまたま主人公たちと知り合いになったから助けられて、幸運だなあ」と思いました。

他の、虐げられている魔法使いの人達が本当に可哀想だった。

***

ゲームとしては、スキルを覚えていくのは楽しかったですけど、蘇生魔法を覚えるのがヒロインだけなのがちょっと…。
ラスボスで詰みかけたけど、魔法反射のキャラが二人いれば後は死なせっぱなしでもいいんじゃない?と気づいたのでクリアできました。

ボス前回復が一度だけなのも「詰みそうなプレイヤー」にとっては意地悪だと思う。

あと、ダンジョンから脱出する魔法が欲しかったです。

そして、ストーリーは未完なので「続編前提のゲームをプレイしたくない」方はご注意ください。
回復アイテム(蘇生アイテムも含めて)はいつでも多めに持っておいてね!
【ヒトミサキ】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素晴らしい推理ゲーム
サークルさん:裏束さん
プレイした理由:推理ゲームが大好きなのでー!!
プレイツール:RPGツクール2003

Version1.00をプレイして、エンディングを二つ見ました。
私、感動しました…!!
ネタバレ無しでプレイしたい方は、私の感想を読まずに今すぐプレイしてください。

きっと、後悔しないはず…!!

では、語ります!!

私、このゲームに出会えて本当に嬉しい。
宝物のゲームがまた一つ増えました。
嬉しいー!!

アマチュア制作の推理ゲームって、制作者さんが「プレイヤーを驚かせてやろう」という気持ちが強すぎて「こんなこと成立するわけないじゃない」という犯人やトリックを平気でぶち込んで来ることがものすごく多いのです。

私が最も最低だと思っている推理ゲームは、短時間で成人男性を含む大人が数人、遺体切断されて殺されているのに真犯人が「小学一年生の女の子」というゲームです。
そんなのあり得ないじゃないですか…。(涙)

子供相撲優勝者とか、ウェイトリフティングの英才教育を受けているならなんとかなるかもしれないけどさ…。
普通の小学一年生の女の子は、空のランドセルすら重くてふらふらする程度の力しかないはずなのよ…。

私、推理ゲームでそういう成立しない設定をプレイヤーに対してぶちかましてくるのは、極めて不誠実だと思っているのです。
私は別に、びっくりしたいわけじゃないのよ!!

でも、このゲームはものすごく誠実なんですよ!!
事件が、犯人によって引き起こされたことを納得できるし、探偵役の主人公が犯人にたどり着く過程も極めて明確。

私、こういう推理ゲームで遊びたかったのー!!
嬉しい…。(涙)

ここからは、ゲームに行き詰まっているかもしれないプレイヤーさんに向けた記事になります。

真由子は最初、フェイクENDだったんですよ。
このゲームには事件が複数あるんですけど、そのうちの一つが解決できなかったのね。

でも、なにが悪いのかわからなくて!!
最初からやり直したのー!!

ここから超ネタバレです。

原因は「最終章」で長丁場の推理が終わった後、お世話になった人々にあいさつをして回っていた時に「とある人」に話しかけそびれていたせいでした。

ごめんなさい。モブみたいで見落としたんだ…。(涙)

フェイクENDも素敵だったんですけどね。
フェイクENDの方は最初からやり直さずに、最終章のあいさつの時に、重要人物に話しかけるのを忘れなければベストENDにいけると思います。

「何が…何がいけなかったの…?」と思いながらやり直すは可哀想だなあ、と思ったので…。

ベストENDは本当、感動して目がうるうるしました。
なので、ぜひ、ベストENDを目指して頑張ってください!!

たぶん、真由子が自力で到達できたから、迷う方はあまりいないのではないかと思います。

最後に、私が困ったり迷ったりした点を少しだけ記載しておきます。
お困りの方の力になれたら嬉しいです。

・妹さんの事件で泣いている女の子と話が出来ない
→泣いている女の子に話しかけた後「友達と一緒にいた」と教えてくれた人に再度話しかける

・お姉さんの事件で彼女の居場所にたどり着けない
→民宿に行く道に到達する前にその手前にある草原に行って、とある人から話を聞こう!

私は上記、特にお姉さんの事件では結構困って何度も死んだので、記載してみました。
すべての答えではなく、答えの一部分なので、大筋はわかってるのに進めないー!!という方のお力になれたらいいな、と思います。

意地悪な部分、理不尽な論理展開は全く無いから、たぶん、プレイした方のほとんどがクリアできると思います。
紹介ページでうたわれている通り、時間制限や追いかけられる要素が全く無く、自分のペースで考え続けることが出来て、本当にありがたかったです。

素敵な推理ゲームをプレイさせていただき、ありがとうございました!
【Holy†Hell】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ものすごく楽しくて魅力的なRPG
サークルさん:今夜宵樹さん
プレイした理由:面白そうだと思って
プレイツール:RPGツクール VX Ace

ver1.0で、今、クリアできるところまではクリアしました。
すごく面白かったですー!!
制作者さんはすごいです。すごい!!

私、すごいと思うゲームはすごい、という言葉ばかりを繰り返すので、この記事に何回もすごいという言葉が出てくると思います。
もしかしたら元になったゲームがすごいのかも。(真由子は元になったと制作者さんが仰るゲームは知らないです)

私は、現状のゲームでも十分面白かったのですが、後続のプレイヤーさんのためにちょっとだけ注意喚起を。

このゲームは未完成です。
そして、誤字や誤記があるので、もう少しプレイするのは待った方がいいかも。

絶対、この状態でも、制作者さんはテストプレイを頑張ってくださったと真由子は信じる!!

私が見つけた誤字、誤記は以下の通り。

・確立→確率の誤字
・たぶん「リザレクション」が別の魔法名で発動している気がする
・明らかに効果の表記が間違っている箇所がある

という感じです。
私は天使ルートしかプレイしていないので、たぶん悪魔ルートを含めるともう少しあるのかもしれないです。

でも、それでも真由子は面白かったのー!!
このゲームって確認しなくちゃいけないことがいろいろあるから、基本的な誤字等の確認がちょっと抜けちゃったような気がする。

私は、公開時、これくらい遊びやすければ十分ありがたいです。
でも「もう少しテストプレイしてほしかった」という感想とか来たら、個人的にもったいないと思うし私は悔しい気がする…。

真由子は、絶対、テストプレイ大変だったと思うの!!

では感想です。

私は基本的に「主人公のキャラメイクはしたい」派ですが「仲間キャラはキャラメイクしたくない」派です。
だって、全部のキャラメイクを自分でやったら、一人でごっこ遊びをしているみたいで寂しいんだ…。

しかも、全員のキャラメイクが出来るゲームって、絶対、全員無口なんですよね…。

だがしかし!!
このゲームは、全員のキャラメイクができるゲームだけど私は寂しくなかったの!!
すごいー。

その理由は…。

・主人公が選択肢で意思表示できる場面がある
・ダンジョンマップで行き止まりで調べると「パーティーが遭遇するイベント」が発生する

ということがあったからです。
特に、パーティーが遭遇するイベントは楽しかったー!!

アイテムを貰えたり、何かを避けたり、突然敵に襲われたり!!
楽しかったですー!!

だから、行き止まりをわくわくしながら調べていました。
嬉しかったです。

あと、あの子と仲良く出来そうな選択肢を頑張って選んだのですが、果たして真由子の努力は報われるのか…っ。

バージョンアップを楽しみに待っていようと思います。
でも、真由子としては今のままでもすごく楽しかったので、バージョンアップがされなくてもこのゲームが大好きです。

ダンジョンでもダッシュできたり、エンカウント率が下がるアイテムを用意してくださっていたり、ワープアイテムがあったりして楽しかったー。
スキルを覚えるのも楽しかった!!
私は、エンカウント率が下がるアイテムを装備してからは、雑魚戦闘が面倒になってずっと逃げていたのですが、それでも楽しく現時点のラスボスを倒せました。

本当、このゲームをプレイしている間、ずーっと楽しかったです。
一秒も嫌な時間が無かった!!
すごいです!!嬉しい。
ありがとうございます。

誤字等気にならなくて、面白いゲームをお探しの方はぜひどうぞ。
【白い世界の果ての果て】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:キャラが可愛くて世界観が魅力的なRPG
サークルさん:りんこさん
プレイした理由:制作者さんのゲームが好きなので
プレイツール:RPGツクールVXAce

クリアしました!
素敵なエンディングで面白かったです。

一個だけ、すさまじい疑問があるので最初に書きます。
真由子は素敵なエンディングを見終わった後、セーブ画面が出て来たからセーブしたのです。
それでね、一応、そのセーブデータをロードしたらスタート画面になっちゃったのー!!

一応ね、セーブデータをロードしたスタート画面で「スタート」してみたんですけど、普通にボイスのオンオフを聞かれたので、なんだろうなあ、と思いました。

以上、真由子の疑問でした。
こちらのゲームは制作者さんがネタバレを望まないと紹介ページに書いてあったので、プレイヤー真由子の身に、序盤に起きたことを書きます。
たぶん、それだとネタバレにはならない気がする。

あと、終盤に誤字が一個だけありました。
可愛い誤字で、可愛いなあ、と思いました。私だったら、あれは見落とすと思う。

***

私、こちらの制作者さんのゲームは「大好き!!」と思うゲームと「無理。無理…」と思うゲームがあって、この作品はどっちだろうと思ったのです。

だいたい、紹介ページを読んで「大丈夫。きっと大丈夫!!」と思えたらプレイするようにしてるんですけど、このゲームは全然わかんなかった…。

私はたいてい、一本道のストーリーでENDが一個しかないゲームはプレイしない派なんですけど、こちらのゲーム制作者さんのゲームに関しては、一本道のストーリーでENDが一つの場合も「大好き!」と思う作品があったので、まあ、ストーリーに関しては、マルチENDでも一本道でもどっちでもいいかな、でもマルチENDの方がいいよね、という感じなのです。

でもキャラが!!
悪い意味で変な人が出てくるゲームは嫌なんですよ…。(涙)

これはもう、プレイしてみるしかないかなあ、と思ったのでプレイすることにしました。
合わないゲームだったら永遠に沈黙しようと思って。

***

ゲームを始めたら、ボイスのオンオフを聞かれたんですよ。
真由子は、基本的には迷わず「オフ」なんですけど、このゲームのキャラグラフィックが可愛いから「可愛い声だったら嬉しいなあ」と思って「オン」にしてしまったんですよ…。

それが間違いだった…。(涙)

冒頭の薪拾いもすごく楽しくて「セーブ制限きついなあ」と思ったんですけど、こちらの制作者さんのゲームではフリーズバグとか進行不能のバグに遭遇したことなかったから、信じて進めようと思って!

別の制作者さんのゲームでは、セーブ制限かけられたところでフリーズバグに遭遇して、データ台無しになっちゃって。

私、割とセーブ制限のゲームでデータロストする頻度が高いんですよね…。

なので、画面切り替えの前に、セーブしておこうと思って、わざわざセーブ地点に戻ってセーブしてたりしたんですよ。
ちょっと面倒くさかったけど、一応自衛で…。

そうしたら、画面切り替えの後、素敵なイベントがあって、メニュー画面を開けるようにしてくださって、どこでもセーブにしてくださったの!!

嬉しい…!!

俄然やる気になって、しかもこまめにセーブできるから何があっても安心だと思って、楽しくバトルを終えたんですよ。

そうしたら(たぶん)主人公のマユちゃんが、びっくりするような、脳に突き刺さるような声で(たぶん)「大勝利!!」って言ったと思うのね…。

なんだこの声!?と思って!!

私、自分に合わない声だった場合のリスクを考えて、相当ボリューム低くしてたのに!!

うるさい…!!

そう思った直後に、ぶわーっと思ったんですよ。

「勝利したのはプレイヤー真由子であって、マユちゃん役の声優さんではないよね…」

ここまで思って、これボイス有りでプレイするのは不可能だと悟りました。

「真由子がボイス有りにしたことが、すべての間違いの始まりだった」

私は深く反省して、ボイスをオフにしようと思ったのね。
それで、メニュー画面を開いたのね。

「ボイスに関する項目が…無い…っ」

え?どういうこと?
真由子がボイス無しでゲームを進めるには最初からやり直すしかないということ?

あ、そうなんだ。そうなんだ…。(涙)

仕方なく、これまで進めたデータを破棄して、ボイスオフで最初からやり直しました。

自己責任…。(涙)

今回も思ったんですけど、自分が不快になる声の主人公に、私が感情移入することは不可能です。
たぶん、この感覚はキャラ押しのゲーム制作者さんにはわかって頂けないと思うんですけど、ボイスがあることがプレイ人数を増加させると信じているゲーム制作者さんには「こういうプレイヤーもいるよ」という知識だけでも、もっていただけたらありがたいです。

制作者さんが好ましいと思って掲載した声だと思うので、合うプレイヤーさんはいると思うんですけど。
とりあえず、うるさくなければ(声が大きくなければ)プレイの邪魔にはならないです。
BGMより少し小さいくらいだと、多少合わなくても、私は、なんとかプレイは可能です。

私は、序盤でそんなことがあったので、ボイスが苦手なプレイヤーさんは気をつけてね。
素敵なエンディングだったし、素敵なゲーム内容なので、私は、頑張ってやり直してよかったと思いました。

今後、制作者さんのゲームをプレイさせていただく機会がある場合は、なにがなんでもボイスはオフにするので、もう声優さんに関する不満を書くことは無いと思います。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R