忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
東日本大震災のことで、今でもすごく印象に残って、覚えていることがあります。
それは「子宮頸がんワクチン」を摂取しましょう、というCMのことです。

とある女優の親子が出ていて、笑顔で「ガソリンの残量が心配で普通に病院にも行けない」被災者の私たちに向かって言っているのです。

しかも、そのワクチンが後にひどい副作用をもたらしたと知って、泣きそうになりました。
それからずっと、救済措置等のことが気になっていました。

私は東日本大震災の時にCMを見ていた当時、大人だったので、被害者は「CMを見て病院に行った方が多いのかな」と漠然と思っていました。

それくらい、ずーっと、何回も何回も、何日も何日も、そのCMは流れていたのです。

でも、ワクチンって、接種を義務化していたと最近知って驚きました。
救済措置も進んでいるようで、少し救われた気持ちです。
私はCMを流した会社にも責任を取ってほしい。

心情で言えば、出演女優にも悪感情を持ってます。
まあ、女優さんも被害者かもしれないけど…。

病院関係者の方は本当、患者さんに協力してあげてください。
症状が出るだけでもつらいのに、診断の書類がそろわないとか可哀想すぎる…。

親身に協力してくださる病院の名前は積極的に開示して、良い病院だねって称えたい…。
「子宮頸がんワクチン」で副作用が出たことについては、ワクチンの製造元で無い限り、関係者を責める方はそんなにいないと思うんです。
親身に対応してもらったらきっと皆、喜ぶと思うんです…。

PR
東日本大震災、本当に怖かったです。
でも、以前は一か月ごと、11日が来るたびに怖くて、今は一年に一回怖くなるので、怖い頻度は減ったかなあ、という気がします。

地震がたくさん起きた当時は、震度3の地震は平気になって、今思うと本当に異常な状態だったなあ、と感じます。
だって!!
震度3の地震、怖いですよね。

でも、あの頃は麻痺していたし、そうしないと日常生活が送れなかったなあ、と思います。
長くお風呂に入っていることも怖くて出来なかったし。

***

きっと、一生、怖かったなあという気持ちは消えないのだと思います。
そして今も、仮設住宅で暮らしている方や、震災の被害から回復が遅れている方のことを思うと胸が痛みます。

これからは、雪解けの季節なので雪崩や土砂災害が起きやすいと思うのですが、本当に、災害が起きないといいな、と思います。
災害への過剰な恐れは、観光に関わっている方のご迷惑にもなるので、本当にバランスが難しいと思います。

日本には八百万の神様に加えて仏様や異国の神様もいらっしゃるので、力を結集して守ってくれたらいいのになあ…!!
とりあえず、もう大きな地震が来ませんようにと心から願います。
昨夜は余震がすごく怖かったのですが、幸い、私の住んでいるところは大きな余震はなく、無事に朝を迎えることが出来ました。
晴れて、太陽の光が差すと本当にほっとします。

ニュースを見ると、本当に大変な状況で、怖くて悲しい思いでいっぱいです。
救助が必要な方には救助を、物資が必要な方には物資を、情報が必要な方には情報を、一刻も早く届けるようにして欲しいです。


私、おうちに一人でテレビを見ている時に地震が起きたのですが、すごく揺れてびっくりしました。
家の中のものがすごく揺れて、でも、食器棚の中で食器が落ちて皹が入る程度の損壊ですみました。
余震が続いていて、今もすごく怖いです。(涙)

でも、電気や水道は無事なので、とりあえずほっとしています。
ご飯炊いて浴槽にお水をためて、電気ポットにお湯を入れたので!
車に毛布と食料等の荷物も積みました。

私の地域は特に水害とは関係無いのですけれど、海辺にお住まいの方は本当に怖い思いをなさっていると思います。地面がすごく揺れるだけでも怖いのに…。
早く、地震がおさまって、なるべく被害が少なくてすむように願っています。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R