忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
【Sisers_Possession】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵な長編SLG
サークルさん:R・グループさん
プレイした理由:SLGが大好きなので!!
プレイツール:SRPG Studio

ver1.0でプレイしました。
真由子は21章で挫折しました…。(涙)
いいの。悪いのは真由子なのです。
また新しいデータDLして、最初からがんばる…。

だって、このゲーム面白いからー!!

***

個人的にそーっと思うのは「説明所、必ず読んでください」に紹介ページの内容があったら嬉しかったなあ、ということです。
レビュー書く時に説明所と紹介ページの二つを確認するのが地味に面倒くさかったです…。

でも、すごく面倒くさいというわけではないので、気が向いたらという感じで…。

***

私がプレイしたバージョン、プレイした内容でちょっとだけ気になったのは助詞抜けと送り仮名が怪しかったことですが、良く見る誤変換は全然無かったのですごいな、と思いました。

覚えているのは、主人公IN皇女様で「やむ得ない」と言っていたことと、ユフィーちゃんに装備させた羽衣が一個変だったことかな…。

***

真由子の敗因は、変態女子エウローラが大嫌いで、終盤(じゃないかと思う。中盤かもしれないですが)近く(強力な砲撃部隊)が出てくるまで全然使っていなかったことだと思います…。
同じく変態女子のリスミーも大嫌いだったんですけど、1ターンクリアの章で大変に役に立ったので、彼女は使ってたの…。

あー。騎馬隊必要な章が出てくるとは思わなかったー!!
あと自軍の砲撃部隊が必要な章が出てくるなんてね…。
そしてマリアちゃんを強くしておくべきだった…。(涙)
マリアちゃんINバルカスさんで、攻撃しまくっておくべきだった。
HPを上げないと、砲撃に一撃も耐えられない…。(涙)
でも、終盤の忙しい章でマリアちゃんにタウリンを使っている余裕がない…。(涙)

私は魔法部隊(シスター軍団)を愛していたので、彼女たちを使っていました。
もう本当、私が行き詰まった章は、敵の騎馬部隊を蹴散らす強さがある騎馬隊がいないとたぶん勝てないと思う。
上手なプレイヤーさんは、それでもなんとかするのかなあ…。(涙)

序盤や中盤は、好きキャラを出して、会話を楽しんだり釣りをしたりしてすごく嬉しい気持ちだったんですけど、そんなことしてる場合じゃなかったー!!
変態でも嫌いでも、役に立つ強い子を強くしておくべきだった。

私は反省しました…。
エウローラを嫌って使わないと決めていた場合じゃなかったと…。

ちょっとのんびりしてから、新しいバージョンでまたがんばるんだ…。
SLG好きだけど下手なプレイヤー真由子がこんな感じなので、プレイする方は気をつけてね。

ゲームは大好きです!!
ストーリーは楽しいし、システムは面白いし、グラフィックは綺麗で、序盤から中盤に掛けては、下手でもなんでも楽しめると思います。
私はすごく楽しかったのー!!
ネタ部分も、広範囲な話題で面白かったです。
私はNPCの味方男性キャラと敵が個性豊かで好き。
ただ、味方の変態女子二人が気持ち悪くて大嫌いだけどね…。
特にリスミーが嫌。
なんで、主人公IN皇女様の時にべたべたしてくるのか!!
気持ち悪すぎる。
せめて、そういうことは主人公が自分の中に入っている時にやってください。

行き詰まってやり直しになったけど、制作者さんへの恨み言を言う気はまったくないです。
素敵なゲームを無償で遊ばせてくださって本当にありがとうございます。

***

クリアできないと思っていたデータでクリアできました。
よかったー!
ヴェスタリアサーガより難しいというプレイヤーさんの感想もありましたが、私はすごく面白かったです。

難しい章でも、制作者さんを恨むことは無かった!
ヴェスタリアサーガは、中盤から後半にかけては「よくもやってくれたわね!」と思っていたので…。
もはや、ゲームをプレイしている感想じゃなかった。(笑)
特に、レベルアップしても何も上がらない仕様にした人と、それをテストプレイ時指摘しなかった人は絶対に許さない…!!(絶対に許さないと思っているだけです。制作者さんに直接文句言ったりはしません)

綺麗な終わり方でよかったと思います。
全員無傷ではクリアできなかったけど、真由子が行き詰まった章では誰がやられても、最終章はたぶんクリアできるので安心してください。

でも、この難易度が許されるのはフリーゲームだからだと思う。(笑)
個人的には、難関マップはスポンサーガ的な悲惨さがありました。でも好き。

私はユフィーちゃんと皇女様、オリガ姫が好きでした。
オリガ姫の「あしながおじさん」が好き!!
役に立ったのはエウローラですね…。
ノンナは役に立たなかったけど、エンディングでは出しゃばっていました。
教皇様も役に立ったし、好きでした。

子供キャラは最後まで役に立たなかったなー。
あと、メイドキャラもダメでした。
あ。シスターの中ではマリアちゃんが最高に役に立った!!
あと、エリクサーもすごく役に立ちました。

役に立つ子と立たない子の差が激しかったなー。
私は、好きキャラが役に立つようにしてくれるゲームが好きです。

衣装もいろいろ集めたんですけど、なんか全然役に立った感じがしなかった。
ユフィーちゃん、羽衣全種類集めて「最強アイドル!!」とか思っていたんですけど、発動率が低くて頑張って全種類集めた甲斐がなかった…。
ドレスもいっぱい揃えたのになー。

でもすごく面白かったです。
個人的には私が行き詰まった章の難易度が緩和されたらどなたにでもおすすめできる感じです。

***

私が行き詰まった章、簡単にクリア方法を記載しておきます。
たぶんいろいろ方法があると思うんですけど…。
真由子のやり方だと飛行部隊二人が最終的に犠牲になりました。
間に合わなかったのー。

***

・騎馬部隊と砲撃部隊で一度目の騎馬部隊をせん滅
・上部分は敵の砲撃部隊を飛行部隊の「必中攻撃」で数を減らす
・ダンサーが踊りまくって頑張って再行動させる
・聖杯+エリクサー+再行動でラウラちゃんが砲撃を頑張る
・回復アイテムは飛行機リックで全部盗む

騎馬部隊が砦の中に入ってくる前に、なんとか制圧完了!!

という感じでした。
なんという力押し。
なんという運任せ!!(笑)

教皇様と主人公で命中率を上げるのも忘れずに!
そんな感じです。
でもヴェスタリアサーガで憎悪しか感じなかった私がすごく楽しめたので、個人的にはおすすめです。

でも、行き詰まった章の難易度が高すぎたから宝物ゲーム認定はしないことにします。

PR
【死月妖花~四月八日~ 呪殺編】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:新感覚サスペンスホラーノベル(と書いてありました)→サスペンスホラーノベル
サークルさん:さつきさん
プレイした理由:推理ゲームが大好きなので
プレイツール:LiveMaker

1.0.0でクリアしました。
面白かったのかは…正直わからないです。
私は、冒頭の案内人さんの言葉で「主人公たちが幸福になる結末を見届けてください」といわれてからひたすら頑張って読んでいたのに、このバージョンでは全く幸せにならなかった…。

でも、案内人さんの正体はなんとなくわかったので満足です。

真由子が見つけたのは誤字が二個だけだったのですごいなーと思いました。
一個は雑談、一個は辞典かアイテム関連の説明だったと思います。

案内人さんの雑談の一つの語尾が「物ですね」になっていたのと、自信→自身の誤字の二個。

相当テストプレイされたんだろうなーと思いました。
でも、テキスト表示時に右クリックしてコンフィグっぽい画面を出した後、テキスト画面に戻った際、クリックがきかなくなることが何度かあって、それは地味に困りました。

その時は少し前にセーブしたデータをロードして、既読スキップかけたので、すごく困ったということも、すごく時間をロスしたということもなかったんですけど…。

真由子はライブメーカーでコンフィグ画面からゲーム画面に戻ったら文章を進められなくなったことはこのゲームが初めてだったので、まだ見ぬ知らないバグってたくさんあるんだな、と思いました。

まあ、フリーゲームだから別にいいと思います。

ここからはネタバレ感想です。
そこそこ辛辣かもしれないので、このゲームのファンの方は閲覧しないでください。

***

新感覚サスペンスホラーノベルと書いてありましたが、ゲームの構造としては、文章選択肢有りのAVGのバッドエンドから順番に固定で読み進めることを強制されているだけです。

だから、自由度が格段に減った分、私はすごくつらかったし「プレイヤーがすでに把握している事実」を何度も何度も繰り返し提示されることが非常に苦痛でした。

「もうその苦悩は知ってるよ!」みたいな。

最初のバッドルートは固定で読まされることを強制されても仕方が無いですが、あとは全部分岐を出して、好きなように読ませてほしかった。
そうしたら、何度も何度も「無知で準備不足な登場人物たち」が真犯人に惨殺される無駄なシーンを見なくて済んだのになー。

何よりも、プレイヤーがすでに把握している事実を使って、ゲームに介入できないことがつらかった。
さっさと真犯人の動機を知りたかった…。

私がこのゲームで知りたかったのは以下の謎。

・真犯人の動機
・なぜ、両親は「四月病」で苦しんでいる娘を何年も放置し続けたのか(原因を知っていても取り除くことも、桜が無い場所に引っ越すこともしなかった)
・平穏な日常の継続を望むのであれば「真犯人」への接触をしないことが吉だったと思うのに、あえて危険を「今になって」おかしたのはなぜか

ということです。
でも、全然わからなかった。

個人的には、呪いとかそういうのが入ってしまったのが残念です。
謎解きが楽しいミステリーだと思ったのになー。

***

演出面を高く評価するプレイヤーさんもいらっしゃると思いますが、真由子はウェイトがうっとうしかった…。
私は読むのがそこそこ早いので、自分のスピードが阻害されてつらかったです。
あと、シーンが短すぎて、物語がぶつぶつ切れてしまう印象で…。

アイテムを調べたり辞典を読んだりするのはすごく楽しかったんですけど、その知識がゲームの中で何の役にも立たないからね!
無知な登場人物に、自分が得た知識を教えてあげることも出来ないしね…。
つまらない…。
地図も、本当に素敵で、場所が増えるたびに嬉しかったけど、自由に行けるわけでもないしね…。

だから、読み物としては上質でも「推理ゲーム」としては微妙だと思います。
まあ、ノベルだからいいのかな…。
でもせっかくゲームなのに、もったいない。
推理好きのプレイヤーさんがわくわくできるような仕掛けがあったらよかったのにな、と思います。

せっかく、新感覚サスペンスホラーノベルをうたっているのに、やっていることは旧来の物と変わらないのはもったいない気がする。

と、私は思いました。

***

・追記

1.0.3 特定の条件でシナリオ中のメニューから戻ったときにテキストが進まなくなる不具合を修正

という記載があったので、真由子のちょっと困った不具合は解消されたのかもしれないです。
あとジャンルを変えてくださっていたの!!

サスペンスホラーノベル

って!!
嬉しい…。
そのジャンル表記なら、真由子はなにも文句ないです。
よかった。

私「新感覚」とか「このゲームだけ」とか「このゲーム以外にない」という誇張表現を使うゲーム制作者さんって本当に嫌なの!!
ちゃんと調べたのか!!

と思うんですよね…。
とりあえず私は2006年くらいから、そこそこフリーゲームやアマチュアゲームで遊んでいますが、現状のこのゲームのような仕様のゲームは複数知ってます。(全部が同じとかではなく一部あるいは6割システムが似ているという感じです。私がプレイしたゲームの制作者さんはご自分のゲームを公開当時「新感覚」とは仰っていなかった)

だから、なんで今更このシステムで新感覚なのよー!!と思っていたのですが「自分のゲームを新感覚と自称するのも表現の自由の範疇に入る」ので、そのことに抗議するのは我慢していました。
まあ、何年振りに見た、という感じだったから、制作者さんが知らなくても仕方ないかな、と思ったのですが、だからといって「新」ではない。
知らなくても、制作者さんの前にそういうゲームを作った方はきちんと存在するのですから。

私が知っているゲームも、フリーゲーム、アマチュアゲームの一部だけなのですが「新感覚」「このゲームだけ」という表現を使う際は本当に、十分に気をつけてください。

このゲームは誇張表現を使わなくても素敵だと思うので。
【討伐の果て】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵な高難度短編RPG
サークルさん:猫田 猫一さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクール

クリアしました。
面白かったけど、人様にはおすすめできないー!
私には宝物のゲームの一つになったんですけど。

ではネタバレ感想です。

ラスボスが強すぎたよー!!(涙)
登場人物二人の幸せなエンディングが見たいと思わなければ諦めてた…。(涙)

私、RPGでレベルカンストまで上げたの初めてじゃない…?
レベル50まで上げました。
レベル上げしやすいようにしてくださっていたんですけど!!

カンストで勝てなかったらどうしようかと思った。
真由子は、鉄球で死亡するところは無理だと思ってあきらめたから、妖精さんがよく言っているなんとかメダルとかいう装備品が手に入らなかったのー!!

死界のラスボスも強かったけど、ストーリーのラスボスはそれ以上でした。
三番目の形態をやっと倒せたと思ったらその次があるし…。(涙)

しかも、魔女さんを守って4詠唱って!!
長すぎる…。

でも頑張った。私、頑張った!!
だって騎士様と魔女さんが大好きだったんだものー!!

本当に魅力的な二人でした。
ラスボス以外のバトルは楽しかったです。
イベントも楽しかったー。

でも、マップは歩きにくく、隠し通路は見えない上につっかかってしまってハマりかけて悲しかったです。

回復できる石でワープできるのはすごく便利で、妖精さんも素敵でした。
ラスボス撃破がとても大変なので、人様におすすめするのはちょっと難しいですが(何度もやり直しをさせるのがお気の毒なので)魅力的な登場人物と楽しいバトルをお求めで、ラスボスが強くても泣かない方におすすめです。

次があるのなら、ラスボスをもう少し弱くして頂くか、死亡する鉄球を出さないで欲しいです…。
【DARKOLVERIA】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ワンマップRPG
サークルさん:Hanapapa Studio 花姫パパさん
プレイした理由:男女主人公選択可のゲームだったので
プレイツール:RPGツクール

Ver_1.30でクリアしました。
一周目でいきなり真ENDでクリアしたのですが、ものすごく面白かったです。
ありがとうございます!

以下、ネタバレ感想になります。
閲覧にはご注意ください。

***

こちらの制作者さんは、真由子が以前、闇落ちしたゲームを作った方なのです。
だから!!
このゲームをプレイするかどうか、ものすごく迷いました…。

プレイするにあたって、紹介ページを熟読して、さらに配布サイトに寄せられた複数のご意見を読み、欠点について把握してからプレイをしました。
闇落ちするほど痛めつけられても自己責任!
私はもう二度と、こちらの制作者さんを傷つける言葉は言わないの!!

一回目の闇落ちは、制作者さんが悪い。
二回目以降の闇落ちはプレイヤー真由子が悪い!!

そんなわけで、このゲームに関しては褒め言葉のみが並びます。
二度以上、闇落ちした時は黙ればいいのよ…。

それでは嬉しかったことを語ります。

・男女主人公が選択できる

私は女の子主人公でプレイ開始しました。
実質、女の子扱いされたのは「冒頭の呼びかけのみ」だったと思いますが、それでも真由子は嬉しかったです。
それだけでもいい!!

グラフィックも可愛かったし、歩行グラフィックも好きでした。
嬉しかったー!!ありがとうございます。

・主人公の職業が選べる

これも嬉しかったですー!!
しかも死に職業が無さそうでした。
私は僧侶を選びました。
何が何でも、どにかくヒールが欲しい派です。
僧侶も強くなれたし、ラストバトルで役に立ったよ!

・スキル取得が楽しい

スキルポイントを消費してスキル取得するのが、すごく楽しかったです。
しかも!!
ほとんどのスキルが有用。すごい。嬉しい!!
無駄なスキルが無いって素晴らしい…。

真由子は狩人さんの、即時TP消費スキルの攻撃力二倍が大好きでした。

・オーブ作成が楽しい

雑魚敵がドロップするアイテムを使ってオーブを作成するのがすごく楽しかったです。
私は雑魚戦闘を30回以下くらいしかやっていないので、作成できたオーブは三種類だけだったんですけど…。
癒し全体効果のスキルが使えるオーブはすごく便利で、主人公が最後まで装備していました。

・装備品がいろいろあって嬉しい

信頼を上げていくと店売りの装備が強くなったり、依頼クリアで素敵な装備品が手に入ったり、宝箱から思いがけず強い武器が手に入ったりして、すごく楽しかったです。
自由度が高い!

・依頼を見つけてクリアしていくのが楽しい

依頼人を発見して、依頼をクリアしていくのが楽しかったです。
依頼クリア方法が複数あるものがあって、すごく楽しかったー!!
盗賊さんのイベントは心打たれました。

・依頼バトル、ボスバトルが楽しい

バトル、楽しかったです!!
自分の育てたキャラと選んだスキル、装備品の力が合わさって敵を倒せたのが嬉しかったです。

***

ここからはエンディングのネタバレ感想になります。
閲覧にはご注意ください。

私は、複数のプレイヤーさんが「消化不良」と仰っていた真ENDが、本当に素晴らしいと思ってます。
真ENDで二周目引き継ぎできないことが不満とされていましたが、あの終わりで二周目引き継ぎ出来たらダメでしょうー!!

重い決断で、積み上げて来た大切なもの全てを失うからこそ、あんなに何度も、何度も何度も「決断」を促したのだと思います。

真ENDでは、すべてをなげうって主人公が願ったことが「無駄になり」スタート画面に戻ります。

「さあ。全てを失ったプレイヤーはどうする…!?」という問いかけのように思いました。
真ENDに絶望して、二周目、人を殺しまくるルートになるのもドラマティック。

たとえ全部無駄になるかもしれなくても、美しい結末を信じて行動することは尊いと思います。
素敵なゲームをプレイさせていただいて、ありがとうございました。
また一つ、宝物のゲームが増えました!
【メイディン家とシクルの町】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵な短編RPG
サークルさん:マグマさん
プレイした理由:勇者ヴェルネと砂漠の雨が大好きなので!
プレイツール:RPGツクールVX Ace

Version1.00でクリアしました。
面白かったですー!
感動しました。

では感想を!

真由子待望の『勇者ヴェルネと砂漠の雨』の続編です。わあい!
でも、今作品単品でもお楽しみいただけると思います。

今回はEND1個でしたが、すごく素敵だったので私は満足しています。
素敵なゲームでした。

ではここからネタバレ感想を!

「罪を犯した人の再生」と「無知の恐怖」がテーマなのかな、と思いました。
私、このゲームのストーリーと結末に関しては文句は無いんですけど、罪を犯した人が自分の人権を主張して人生をやり直すのってどうなんだろうなあ、と思うことはあります。

正直、オレオレ詐欺で捕まった人が「現在の自分の会社の信頼」と「自分の子供が父親の過去の罪でいじめられるのを防ぐために」自分の過去の犯罪記事の抹消を要求するのは最悪だと思うんですよね…。(裁判では認められなかったけど)

全然反省してないよね!みたいな…。
子供がいじめられるのが心配なら、子供を作らなければ良かったじゃない!

と思って。

まずは、自分がオレオレ詐欺で傷つけた人達から許してもらうのが大事だよね…。
そして、被害者から「加害者は十分償ったからもういいよ」と過去の記事の抹消を申請してもらったら、きっと抹消してもらえると思う。

***

このゲームには「魔王信仰」をしていて、一緒に住んでいた村の人を魔物に変えるという恐ろしい実験をしていた人たちが出てきますが、その人達は「魔王様」の保護下に入って、魔王様が勇者様に殺されるまでは幸せに暮らした、という話を聞いて「魔王様が良い人でよかったね」と思いました。

大抵の魔王様は、信者を殺してしまうので…。

***

村の人を殺したひどい人間の子供は、正義の勇者に両親が殺されたことを悲しみ、恨んでいます。
自分の両親が他人を殺すのは平気で、自分の両親が勇者様に殺されるのは嫌なんだね…。

それは、いじめっ子が誰かをいじめるのは平気で、自分がいじめられることは嫌だということに似ている気がします。

でも「人殺しの両親」をもったことは子供の罪ではないので、難しい問題ですよね。

このゲームは難しいテーマをわかりやすく素敵に伝えてくださっているので、私はすごく好きです。
ハッピーENDで嬉しかったし!

また、勇者ヴェルネシリーズで遊べたら嬉しいです。
宝物のゲームが一つ増えました!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R