忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
【Space traveler!】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:私、プレイしないけど、制作者さんを応援したい!
サークルさん:結城さん
ご紹介する理由:素敵な紹介文だったので
プレイツール:RPGツクールVX Ace

たまたま見かけた紹介文が本当に素敵だったので、プレイしないけど(大変恐縮です)制作者さんを応援したくてご紹介(というか制作者さん素敵です文章)を書くことにしました。

私は悪ノリ、寒いギャグ大嫌いなプレイヤーですが、この作品のような紹介文を書いてくださったら何の文句も無く、ただ感謝しかありません。
痛いゲームを作るゲーム制作者さんの邪魔をする気はないの!基本的に!

きっと、バグが出ても、プレイヤーさんは温かく報告してくださると思います。
制作者さん一人だけのテストプレイでも、最新の配布するデータを頑張ってテストプレイしているのなら、たぶんクリアすることは出来るはずなので、痛いゲームが好きな方はきっとクリアしてくださると思います。

配布データの一個前のデータをテストプレイして、少し修正して、配布データのテストプレイを怠っていたら危ないので、そうだったら早急に頑張ってテストプレイしてみてください。
プレイヤーが実際にプレイするデータの確認が大事です!
私もテストプレイを頑張ります。

痛いゲームが好きな方、嫌で無い方はぜひどうぞ。
痛いゲームを作りたい方はこちらの紹介文を参考にすると、とても平和な時間を過ごせると思います。

本当、合わないプレイヤーを遠ざける配慮は大事!

***

「合わないゲームをプレイしたら直ちにやめればいい」というのは正論で、私もそう思うんですけど、前提条件として「もう二度とプレイしたくないゲーム」というジャンルが、ゲームで痛い目にあった人にはあるのです。

だから、そういうゲームに当たったら大変なの!!
当たった時点で激怒するので。
それが地雷というものなのです。

だから、地雷がある人はすごく頑張って地雷回避するようにして、慎重にゲームを選んでいるし「気軽には」遊んでないはずなんですよね…。

「面白くない」と「痛めつけられる」は全然違う。

私の感覚で言えば「私、あなたが作ったゲームで楽しく遊んでいたのに、なんでそんな意地悪するの!!ひどいよー!!」という感じです。
それが「痛めつけられる」ゲーム。

意地悪された時点で泣いてるので、それは無かったことにはならない。
だから、紹介文って大事だと思います。
制作者さんだって、プレイヤーを泣かせるためにゲーム作ってるわけじゃないと思うので。
意地悪要素、地雷要素、苦手要素が含まれていることがわかって、それでもプレイしていたら、別に意地悪されても泣いたりしないです。(というか、意地悪要素を知らせてくださる時点で親切)

まあ、苦手なゲームは、大抵はプレイしないですけど…。
なので、こちらの作品のような紹介文が増えてくれたら、私は嬉しいです。
制作者さん、ありがとうございます!
PR
DLサイトさんで半額キャンペーン始まったみたいですね!
私がお気に入りに入れているゲームは、現状、半額になっていなかったみたいです。
早期購入者さんのためにはよかった…!
でも油断はできないですよ。明日は半額になってるかも…!!

過去に買ったゲームについては(半額になっているかどうか)今回は見てません。
早期に買って、バグに泣いて、しかも半額になって泣く方が一人でも少ないようにと願ってます。
私は今も、それでトラウマなので…。
だって、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で買うのって同人(アマチュア)ゲームだけだったの!!
半額になるって思ってなかった時だからね…。
でも、今考えても、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で買うのは愛がある行動だったと思います。
もう、そういうことをするのは、私は無理だけどね…。
だってバグで泣いて、半額にされて泣くのは嫌なのー!!
なので様子見の鬼継続中。
バグがなくなって、半額キャンペンに出品しないっぽいことを確認したら、気持ちよく定価で買いたいです。
「きっと半額にならない。きっと!!」と思って買って、それでも半額になったら自己責任って思います…。
私、泣くけど、でも仕方ない。
だって半額キャンペーンがあるってわかってるんだもの…。

様子見していたプレイヤーさんは、好きなゲームを半額で買えるといいですね。
半額は嬉しいよね。
本当、半額で販売するサークルさんのゲームは半額で買ってもいいと思います…。

でも、本当、半額の価格表記は衝撃。
ビジネスとして考えたら、すさまじいインパクトだと思います。

私が、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で早期に買う行動は「消費者として得をしようとして」やっていたことではないので、ビジネスライクな考え方とは完全に対立するんですよね…。

「バグで泣くかもしれないけど、好きなゲームを買い支えるの!!バグで泣くってわかってる私が泣く方が、バグが無いと思って泣く方を出すよりマシ!!」という行動だったので。
それは全然、消費者として得をしてない。(笑)

***

半額キャンペーンで泣いた私ですが、ゲーム制作者さんが、お金が必要な状況になって半額キャンペーンを利用する場合、サラっとそれを説明していただければ、たぶんゲーム好きなら納得すると思います。
私は「半額キャンペーンに出したのは、たくさんの人にゲームで遊んでもらいたいから」という心の満足させる理由だと、本当に納得しない。(納得しないだけで、特に何かするわけじゃないです。納得しないー!!ってここで言うだけ)

だったら新作をフリーゲームで出せばいいじゃないのよ!!

と思うからです。

でも、お金が必要ですって言うのは抵抗がある方もいるのかな…。
私は、新作ゲームを作るのにお金が必要なのでって言われたら絶対納得する。

だって、ゲーム好きは新しいゲームが一個増えたら嬉しいんだよー!!
自分が遊べるゲームが増えたら大喜びするし、自分が遊べないゲームでも、ゲームが増えたら喜ぶ方がいるので嬉しいです。

但し、プレイヤーを痛めつけるゲームで注意書きが無いものは喜ばない!!
だって、プレイヤーを痛めつけるゲームが一個あると、泣く人の数はすごく多くなるし、そういうゲームに似たゲームが「嫌な印象をもたれて」敬遠されてしまいます。

でも、注意書きがあれば、好きなようにしていいと思います。
だから、紹介ページに嘘を書くのだけは本当、やめてほしいです…。
私は紹介ページの文章、信じてプレイするので…!

自分も、紹介ページにはなるべく正確な情報を記載するように気をつけたいと思います。


【ツギハギパズルス】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:イベントが長い電波系SLG
サークルさん:友永 きるく、百合 鳳州華、金剛堂 満、ぷゆゆ~、sealさん
プレイした理由:SLGが大好きなので!
プレイツール:ツクール

ネタバレします!
閲覧の際はご注意ください。
忙しいけどSLGで遊びたい!という方は読んでおいた方が安全だと思います。

***

クリアしましたけどエンディングが長すぎる!
私、ラストの章、バトルはちまちまセーブしながら中断しながら続けたんですけど、ラスボスを倒してから、エンディングのイベントが終わらないのよ!

勘弁してよー!!(涙)

オープニングは分割で見られるようになっていたのに!
長い長いエンディングでセーブできないなんて、ひどすぎる。
本来、力を入れて制作してくださったエンディングは感謝の気持ちでいっぱいになるはずなのに、プレイヤーのことを全く考えていない不親切な仕様でがっかりです。

どれだけ時間があると思ってるの…。私に!

やっと本編のエンディングが終わったと思ったら、悠長に、スキップして飛ばせないスタッフロールが流れ始めて、激怒した私は即座にゲームを終えました。
ここまで我慢して付き合ったのに、スタッフロールなんか見てられないからね!!

長い長いエンディングに、いつまでかかるかわからないスタッフロールくっつけたらダメだよー!!
著作権表記は大事だけど、プレイしている人の時間がどれだけ拘束されるのかも考えないと!!

スタッフロールはスタート画面に項目作って、いつでも見られるようにしたらいいじゃないのよ。
そうしたら、見たい人だけ見るし、時間がある時に見ることもできるよ!

***

まあ、そんな感じのゲームです。
序盤の茶番さえなければ、ストーリーは割とおすすめなんですけど、序盤の茶番がひどすぎて、個人的にはおすすめする気持ちにはなれません。

ネタバレします。

このゲームは、命の大切さ、世界の美しさをうたうゲームなんですけど、序盤のせいでそのテーマが台無し!
主人公が、よく切れる剣を遊び半分で振り回して、仲間の内臓をぐちゃぐちゃにするという事件が序盤に起きるんですよ。
そんな人が命の大切さをうたったって、何の説得力も無いからね!

あと、仲間になるキャラに性犯罪者がいます。割とガチの。
R18カテゴリーかブラックユーモアがテーマの作品であれば構わないと思いますが、未成年が対象になる可能性がある作品で「正義の側の人間が」やったらダメだよね…。
しかも「ギャグコメディ」として提供するのは、ちょっとね…。

***

そんな、重大な欠点があるゲームを、私がなんで最後までプレイしたかというと、途中から出てくる「ジェイク」というキャラがとても好きだったからです。
彼の行動理念は美しく、彼が出て来てからは不適切な表現は影をひそめて、普通に素敵なストーリーになりました。

だから、面白かったの。

序盤がなんであんなにひどかったのか、最後までプレイしてからちょっと振り返ったんですけど、たぶん、シナリオを書いた人が、浮かれてはしゃいでしまったんだろうな、という気がしました。
シリアス要素が皆無で、全力で「いわゆるコメディ」を描いたんだろうなあ…と思いました。

全然、笑えなかったけどね…。

さらにネタバレします。

***

序盤で内臓がぐちゃぐちゃになった仲間キャラは強引に蘇生したのに、なんで心臓が抉られたキャラが死んでしまうのか、理由がわからない。(シナリオの都合なんだと思うけど)

未来を変えることが出来るノートに「心臓の代わりになる魔力の塊」をオーダーすればなんとかなったんじゃないの?

というような、疑問に思うことが割と頻繁にあります。
序盤の茶番さえなければ、上記の疑問は出なかったと思います。

コメディパートではなんでもありで、シリアスパートでは理屈に添って進行する、なんてそんなの私は納得できない。

このゲームはそういうゲームです。
だから、感動したり、素敵だと思うイベントがあったけど、エンディングも長すぎる以外は素敵だと思う部分の方が多かったけど、おすすめするのは微妙です。

プレイしたことを後悔はしないけど、手放しで喜べるわけでもない…という感じです。

***

バトルに関しては、冗長という印象です。
とにかく、バトルマップが無意味に広い。
増援も延々出てくることが多くて、プレイヤーを疲弊させて「詰み」状態にするゲームだと思います。
上書きセーブでミスをしたら、プレイ時間が無駄になるリスクが極めて高いので、プレイの際はご注意ください。


【アクリーム戦記0】

ジャンル:R18王道SLG
サークルさん:鈴屋さん
プレイした理由:サファイアソフトさんのファンなので
プレイツール:SRPG Studio

体験版をプレイしました。
面白かったですー!

迷わずイージーを選択したんですけど、かなり殺されました。
たぶん、敵の攻撃が強いんだろうなーと思います。

街訪問イベントは非常に淡泊でした。
シナリオは面白かったんですけど、キャラ同士の会話がある場合でも、地道に隣接させないとわからないとか、シェアウェア作品にしてはちょっと不便かと思います。

まあ、私は地道に隣接させますけどね…。(会話がありそうだと踏んだキャラだけ)
会話、大好きだからね…。
会話内容はまあまあ面白くて、会話後にパラメータ値が上がったので頑張って探してよかった、と思いました。

私がSLGに期待するのは魅力的なキャラ同士の人間関係なので、体験版範囲ではちょっとわかりませんでした。
面白そうなゲームだなあ、とは思ったんですけど!
サファイアソフトゲームには当たり前の、章の前の会話が無かったのも相当マイナスかもしれないです。

SLGがお好きな方はぜひどうぞ。
個人的には、相当ゲームが上手な方以外はイージーにした方が安全な気がします。

【Silvania Saga】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:緊迫のバトルが楽しい、素敵な王道SLG
サークルさん:キュウブさん
プレイした理由:サファイアソフトさんのファンなので
プレイツール:SRPG Studio バージョン 1.079

1.02でクリアしました。
すごく面白かったですー!
現状のバージョンでは誤字がかなり多いので、出来ればもう少し待ってからプレイした方が、より楽しめると思います。

シナリオはいいんだ。バトルが面白かったらいいんだ!
というSLG好きの方は今すぐどうぞ!

良作だからこそ、誤字もったいないなーという感じでした。
でもバトル部分は作り込まれていてものすごく面白かったので、私は嬉しかったです。

正直、SLG慣れしていない方が「難しい」と泣いてしまって制作者さんが困惑することを危惧しているほど、SLG好きのための調整だったと思います。

もう本当!SLG好きな方にこそ!プレイして欲しい!!

では語ります。
ネタバレ嫌な方は読まないでくださいね。

語るよー!

とにかくバトルが楽しいゲームでした。
たぶん、私の理想に近いと思います。バトルに関しては!

素晴らしいところの羅列を…。

・バトル中、いつでもセーブできる。

これ、すごく便利でした!
私がプレイさせていただいたサファイアソフトのゲームは、大抵「毎ターンの頭にセーブ可」のことが多かったんですけど(一面ごとにセーブというふざけたゲームもあった気がする)このゲームはいつでもセーブ可でした。

これ、詰み状態になりやすい、諸刃の剣の仕様なんですけど、でも、いろんな会話パターンが用意されているので、それをちょっと確認したりとか、ちょっと弱い子で実験的に特攻掛けたりするときに、ものすごく便利で!

私はすごく嬉しかったです。
ありがとうございます!

・出撃画面でキャラの位置を入れ替えることが戦術の第一歩

これ、面白かったですー!
マップがすごく考えられた作りなので、ぼーっと配置していたら、かなり不利になってしまうのです。
でも、自分なりに配置を考えてプレイすると、それが報われるので嬉しかったですー!
ありがとうございますー!

・敵の移動範囲を確認する意味がある!

私、SLGではほとんど敵の範囲等確認せずに、適当に進めて、殺されて、またやり直すことがすごく多いタイプなんですけど(それはそれで、感覚的に遊べて面白いんですけど)このゲームは雑魚敵からボス敵まで、かなり細かく敵の移動範囲を確認して進めていました。

うっかりしていると瞬殺されるから!
でもその難易度が面白い!!

・お金に全く困らず、好きな武器を好きなだけ買えました。

これ、嬉しかったー!!
このゲームって、砦や階段を占拠すると「増援ポイントを潰した」ということになり、敵の増援を阻止すると同時に、お金や経験値がもらえるシステムなのです。

私、無意味に大量な増援で、残り武器がただ減っていって、でも経験値はそんなにもらえず、ただ無駄に時間が過ぎていくのがすごく嫌なタイプなので、このシステムは嬉しかったですー!

・バトル中に「会話」で説得できるキャラが複数いました。

これも嬉しかったー!!
やっぱり説得は楽しい!!

・関連があるキャラが家訪問すると、ちょっと面白いシナリオが見られる。

これも楽しかったー!
私は盗賊の子でイベントをこなしていました。
魔法使いの子も好きだったんだけど!

・関連があるキャラで戦いを挑むと、意味深な会話が見られる。

これ、すごくよかったです。
手間を掛けてくださっている!と感動しました。

・ラスボス、主人公じゃなくても倒せたよ!

好きキャラ大活躍!!
主人公は強くしそびれたので、大変嬉しかったです。

・ペガサス、ドラゴンキャラが強かった!

私がプレイしたほとんどのSLGでは、ペガサス、ドラゴンキャラは弓兵の攻撃に一撃死するバランスだったんですけど、このゲームは、場合によっては一撃は攻撃に耐えてくれるのです!
だから、回復薬を持たせて、楽しく画面上を飛び回りました。

飛行キャラは目いっぱい、移動可能距離を飛び回りたいよね!

・盗賊と、家訪問速度を競ったよ!

こういうイベント大好きですー!
盗賊には渡さない!私のアイテム…!!

・ワープとレスキューの杖を使い倒した!買い増しもしました!

私、こんなに楽しく、心置きなく、ワープやレスキューの杖を使ったのは初めてかもしれない!
いつも、使いどころでアイテムがなくなってしまうのが怖くて使えないでいたんですけど、こちらの制作者さんは「ワープの杖を使うと便利なマップで」家訪問すると、ワープの杖を提供してくださっていたので「必要なアイテムを知らされず、楽しく使いきった後に『必須アイテムやスキルの存在を知らされて』詰み状態になる」ことはないかな、と思えたからです。

実際、ワープやレスキューを使わなくてもクリアできるけど、使うとすごく便利だよ!という感じでした。
すごく嬉しかったし、面白かったです!!
ありがとうございますー!!

***

シナリオに関しては、恋愛要素もあり、宗教についてもちょっと考えたりして楽しかったです。
シリアスで淡泊な感じなので、不快に思う方はあんまりいないのではないでしょうか。

いろんな楽しい武器がたくさんあって、修理できる杖もありました!
通常武器もすごく強いので、特殊武器がなければどうにもならないということもなかったです。

試行錯誤するSLGが好きな方は、ぜひどうぞ!
私はこのゲームをプレイ出来て良かったです!




忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2016/07 08
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R