忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
空想庭園入金確認表を送付致しました。
どうぞよろしくお願いします。
お手元に届いていない方はご連絡ください。

メールが戻ってしまう方は(以前からやっているように)メール以外の方法でご連絡をしましたが、今回、瑞樹様のメールが初めて戻ってしまって、メール以外での連絡手段が無いので、ブログに記載しておきます。

もし見ていただいた場合は、お手数ですが真由子のツイッターをフォローしていただければDMでお送りします。

このような形のお知らせになってしまってすみません。
どうぞよろしくお願いします。
PR
【Trustia ~トラスティア~ Last Reincarnation】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:アクション要素が面倒くさいけれどストーリーとバトルが素敵なRPG
サークルさん:隼人さん
プレイした理由:紹介ページの文章が素敵だったので
プレイツール:WOLF RPG エディター

こちらの制作者さんの前作を含めてネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。
特に前作ファンの方は閲覧しないでくださいね。

では感想!

***

次元回廊に阻まれて、真由子はクリアを諦めました。
なんなのよ、あれー!!(涙)

最初はふわーっと上に上がるのが嬉しくて楽しくて、わくわくしながら進んでいたんですけど、なんかジャンプしても透明な帯みたいなところにたどり着けなくて、何度も何度も落とされて!!

こんな終盤でこの仕打ち!!
やってられないのでゲームをやめました。
制作者さんのバカー!!(涙)

***

叫んだら、すっきりしました。
もう平気。

すごく楽しくプレイさせていただいたので、とりあえず、エンディングを見られなくても悔いはないという気持ちです。
面倒くさいダンジョンでプレイヤーを阻むとこういう感想になるんだよ!!
せっかく頑張ってエンディングを作ったであろうに、エンディング見られなくてもいいって思うのよ…。

まあ、でも、フリーゲームだから好きにしたらいいと思います。
アクション苦手な方は気をつけてね。
とりあえず、爽快なアクションではなかった。

***

このゲームはジャンプが多かったんですけど、これも、何度も何度も落っこちて。(笑)
仕方が無いから、セーブロードで、成功したらセーブ、落ちたらロードを繰り返し、頑張って進めていました。
でも次元回廊で根気が尽きました!!
ああ。肩こった…。

***

でも、素敵なところもたくさんありました。
雑魚戦闘が面白かったー!!
私、演出が好きで、同じ演出を一回も飛ばさなかった!!
本当に素敵でした。
難易度イージーは、プレイヤーキャラが強くて楽しい!!

雑魚戦闘、ボスバトルに関しては、宝物のゲームと同じくらい素敵だと思いました。
ダンジョンが面倒くさくなければ、私の宝物入りするかもしれなかったね…。
いや、本当にダンジョンが面倒くさいの!!

でも、頑張らないと宝箱は取れないし先には進めないし!!
結局頑張っても先に進めないダンジョン来るし!!

という感じでした。
だから、序盤で「ジャンプ面倒くさい」と思ったら、そこでゲームをやめるのも良いと思います。

***

ストーリーも本当に素敵でした。
だから、本当は最後まで見たかったけど、あのダンジョンをクリアすることを強いられるのなら、もういい。もういらない。

キャラクターの成長が本当に見事に描かれていて「仲間」という言葉に厚みがあって、素晴らしかったです。
私、このゲームでイベントに感動するとは思わなかったので、すごくうれしい誤算でした。
本当、面倒くさいダンジョンさえなかったら…。(涙)
宝物になっていたかもしれないし、人様に強くおすすめできたかもしれなかった…。

***

あと、すごく感激したのはマップ!!
私、こちらの制作者さんの前作をプレイして、マップに絶望したプレイヤーなのです。

やたらでっかい建物と、無意味に道幅が広い道路!!

「うわあ…」(涙)

と思いました。
無駄すぎる。

建物が大きすぎるせいで、無駄に歩かなければいけない距離が長くなるし、広い道幅と大きな建物だけで画面が埋まって、見ていて全然綺麗じゃなかった。

まあ、でも、それだけで切り捨てるのはもったいないと思って少し進めたんですけど、悲惨なクエストが!!

「街の観光」

私、びっくりしました。
こんなつまんなくて歩きにくいマップを観光させるのか!!と思って。

とりあえず「観光」させられてみたけど、制作者さんが想定する複数の地点を回らなくてはいけなくて、なんかぐるぐるしていたらどこに行ってないのかわからなくなって、ゲームを捨てました。

そんな、恐ろしいでっかい建物と広すぎる道幅が、今作にも取り入れられていたのです!!

だがしかし!!
歩きやすくて町並みが綺麗でした!!
その理由は…。

街マップが基本、横一本道だったんです!!

すごいー!!
制作者さんはすごかった。
町並みの区画を切り捨てて、一本道を採用したことで、私は迷子にならずに、楽しくマップをうろうろすることができました。
町並みの色合いも鮮やかで綺麗だった!!

素敵でした。感激しました。

クエストも楽しくて、実績開放も面白かったです。
本当、ダンジョンがね…。
雑魚戦闘が面白かったから、ダンジョン自体は楽しかったのになー。

個人的には、ダンジョンとアクション要素に阻まれてクリアできないことを覚悟しながらプレイしてみるのが良いと思います。
アクションが得意な方はぜひどうぞ。

私はクリアできなかったけど、プレイできてよかったです。

【タダイマソウナンチュウ】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:可愛くて素敵で感動する短編RPG
サークルさん:とまとさん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:RPGツクールVXRTP

ver1.02でクリアしました。
可愛くて楽しくて、感動しました!
他の方の素敵な感想を読んでいたので、素敵なゲームだろうな、とは思っていたんですけど、感動するとは思ってなかったー!

なので、素敵なエンディングでとても嬉しかったです。

素敵なゲームでした。
短いのでネタバレするともったいないので、感想はこれくらいにします。
時間があって楽しくて心温まるゲームをお探しの方はぜひどうぞ。
【REISE(ライゼ)】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:男主人公の一本道RPGで、結末は人を選びそう
サークルさん:天然水さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールVXACE

クリアしました。
私は面白かったです!
でも、結末はたぶん人を選ぶので、個人的には広まりすぎず、男主人公の一本道RPGが好きな方だけの内輪で「隠れた佳作」という位置にいて頂けたら、とても安心です。
広まりすぎると、たぶんプレイ対象外の方の手に渡り、悲しいことになりそうな気がする…。

私は面白かったです!

私は、このゲームに関しては選ばれた側(面白かった側)ですが、そこそこ時間が掛かるゲームなので、合わないか心配な方は閲覧してください。

ネタバレ注意!

***

個人的にはとても素敵なゲームだと思いますが、現状ではいろいろもったいないです。
もったいないお化けが出るよ。

以下、もったいない箇所のご紹介。

・オープニングから誤字がある

個人的には、あとがき(オマケ部屋)を拝見しても、かなりしっかりテストプレイしてくださっている印象があるのですが、私がプレイしたバージョンではオープニングから誤字がありました。
これはかなり珍しいです。
作中でも目につくほどには誤字があり、なので、すごく雑な印象になってしまってもったいないです。
すごく丁寧に作られているはずなのに!

誤字が気になる方は、たぶんバージョンアップを待った方がいいと思います。

・素敵なアイテムや装備品がたくさんあるのに、お金入手のイベントが少ない

これはわざとだと思うんですけど、私はもったいないバランスだと思います。
なぜなら、一本道のゲームを二周してくださるプレイヤーさんはほとんどいないので、誰にも使われない装備品とか出てきそう。
せっかく頑張って作ったのに!
お金を稼げるイベントがもっとあれば、やり込む方は一周目から、アイテムや装備品等コンプしてくださると思うのになー。

お金を稼ぐイベント、もしかして、私が見逃しただけで、もっとたくさんあるのかもしれないですけど、私が見逃すということはわかりにくいということなので、やっぱりもったいないと思います。

・仲間キャラ以外の顔キャラがいっぱいいるのに、イベントが無かった

これも、もったいないですよねー!
でも、きっと、イベント作るの疲れちゃったんだろうな、とオマケ部屋を見て思いました。
すごく素敵なのに!顔グラフィックもちょっとした会話も素敵だったのに!

仲間が選べて、仲間イベントがあって、個別ENDがあったら私の中では宝物のゲームの一つになったかもしれないです。

でも贅沢だよね…。わかってる…。

・冒頭の村マップが貧相すぎる

私は、主人公の出身の村が貧相すぎてびっくりしました。
とりあえず、ちょっと時間があったから続けたけど、忙しかったらゲームを切り捨てているくらいがっかり感がすさまじい。

これは、たぶん、次に出てくる城下町の素晴らしさと比べさせたかったからではないかと思うのですが、プレイヤーさんがそこまで付き合ってくれるかわからないよー!!

序盤は抑えめで…という構成にするゲーム制作者さんのゲームで、序盤と終盤の面白さの量が違いすぎるゲームは個人的に心配になります。
せめて、もう少し、町中にも調べて嬉しいポイントを増やしたらいいと思うんだ…。

・光るポイントを調べても反応しないところがある

これ、私がプレイしただけでも(隅々までプレイしていなくても)判定が甘い箇所が結構ありました。
きちんと確認しないとダメだと思います。
エンカウント率低くない上に、逃げにくいんだから、わざわざ光る場所に行って反応しなかったらがっかりする…。
逃走確率100パーセントにしたら、たぶん嫌な思いをする方は減る気がします。

***

そんな感じです。
鍛冶はすごく楽しかったんですけど、鍛冶ができない時にアイテム入手したのがすごくがっかりしました。

ここから超ネタバレします!

***

私は、魔王を倒してから、人間同士の戦いが始まって主人公が苦悩するストーリーが始まるのかと思っていたので、魔王を倒して終わりでびっくりしました。

すごく綺麗な終わりで、終わってみれば「いいゲームだったな」と思ったんですけど。

人を選ぶと思ったのは、主人公と仲間たちのエンディングがきちんと描かれなかったからです。
私は「普通の人が普通に頑張って偉業を成し遂げ、その後、おごり高ぶらずに世界に溶け込んで『市井の人として暮らす』」というのはとても好きで、素敵だと思うんですけど「せっかく頑張ってゲームクリアしたのにこれで終わり!?」と思う方は、必ずいらっしゃると思います。

いや、主人公のエンディングって、あの貧相な村で、待っているのはおじいさんとおばあさんとのんきな男の幼馴染だけ、赤字の畑を耕すのかな…という感じなんですけど。
壮大な冒険が終わってそりゃあないよ、みたいな。

野営またはエンディング前イベントで、個別イベントを起こして、貧相な村での日常に、仲間との未来の彩りがあったら、きっと満足感が得られただろうな、と思いました。
私は主人公や仲間たちがものすごく好きー!!というわけではないので、まあ、エンディングがわからなくても「綺麗な終わり」と思うんですけど…。

キャラクターへの愛着が深い方ほど、寂しい気持ちになるような気がします。

***

冒険中のイベントは魅力的な物が多く、各キャラも、ものすごく好きというわけではないけれど、素敵だな、と思いました。
個別エンディングがなくても別に大丈夫な感じで、好きです。

普通に素敵な人達だったと思います。ゲーム中、嫌な気持ちになることは全然無かったです。
強烈に大好きだと、個別イベント無いと泣くから、私。(笑)
だから、この程度に、やんわりと好きな方が平和なのかもしれません。

人を選ぶ結末かもしれないけれど、丁寧に作られた素敵なRPGなので、そういうRPGがお好きな方はぜひどうぞ。
【ラハと理の魔法生~the 2ndstory~】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:謎解きと魔法学校生活がとても楽しいシリアスRPG
サークルさん:kotonoha*さん
プレイした理由:前作がなかなか楽しかったので
プレイツール:RPGツクールMV

version 1.00でクリアしました。
難易度はもちろんイージー!!
すごく面白かったですー!!

「すべての魔法生様に快適な魔法学校ライフを」ということでしたが、私は前半、中盤は過酷でしたが面白かったです!!
イージーなのに過酷!!
でも頭を使えばクリアできるから楽しかった!!

***

私の喜びと共にネタバレ感想です。
前作の感想も含みますので、閲覧にはご注意ください。

私、前作では整合性が無いことがすごく気になっていたので、今回、最初から最後まで美しく整合性があったことに感激しました。
前作は、私は魔法学校生活を楽しみたかったのに、後半はとある生徒の人生の話になってしまって「素敵だけどこんなはずじゃなかったなー」という気持ちがあったのです。
素敵だったんですけど!!

まあ、だから、個人的には「一本道のRPGだし、多少制作者さんの感情に振り回されても仕方ないかな…」と思っていたのです。
制作者さんの描きたい物と、私の遊びたい物が、かなり違っていたのです。
でもそれは、プレイしている最中にはわからなかったの。

そういうことは、結構あります。

でも今回は違う!!
最初から最後まで、徹頭徹尾、魔法学校生活を満喫しました!!
楽しかったー!!
イベントに無駄なものが一つも無く、全部面白かったです。すごい!!

謎解きもすごかった。楽しかったー!!
真由子はキャラの名前を覚えていなくて(すみません)制作者さんのサイトまで見に行きました。
テストは筆記試験が本格的でびっくりしたー!!
なんとかA級だったけど、運がいいあの子と同等くらいだって。
まあ、なんて妥当な!!

いや、本当、そこそこきちんとゲームで遊んでいてよかったです。
勘とか適当にやってたら、たぶんひどい成績だった気がする。

***

前作と比べて嬉しかったことを書きます。

・マップが妥当な広さでうろうろするのが楽しかった!!

これ、楽しかったー!!
前作は本当、無駄に広くて!!

・全員と会話をするのがものすごく楽しかった!!

これも楽しかったー!!
前作はたいしたことを言わないキャラがザクザクいました。
でも「会話作るの、大変だから仕方ないよね」と思ってました。
今回は、会話内容がすごく面白かったし、何回も話しかけると会話が展開するのがものすごく楽しかったー!!

会話すると点数もらえるのも嬉しかったです。
温かい気配りをありがとうございます!!
私、テストが思ったよりダメだったので、地道に点数稼いでいてよかったです。

・主人公の一人、シエスタちゃんに恋愛要素があって嬉しかった!

最初から決まり切っている恋愛要素ではなく「誰と恋愛するんだろう!?」とわくわくしながら推移を見守り「最終的にこの子か!納得!素敵!」という気持ちになったので、真由子的には文句無しです。すごい!!

・ものすごいハッピーエンド

これ超ネタバレですね。ごめんなさい。
でも、こんなに素晴らしいハッピーエンドは、私の宝物のゲームの中でも稀有な物だと思います。
見渡す限り、不幸な人がいない。
皆、幸せ!!すごい!!

以前「あるキャラを手ひどく振った男と、憎き恋敵が幸せな状況でハッピーエンド(笑)」という極めてふざけたゲームがありましたが、このゲームは本当にハッピーエンドです。

全員が幸福な状況ってすごいことだと思います。
これこそゲームの素晴らしいところ!!
神(制作者さん)の御心次第で世界はハッピーエンドになるのです。すごい!!

***

謎解きも本当にすごかった。
人によっては拍子抜けする方もいると思うんですけど、私はすごいと思いました!
「理」に納得しました。すごい。

イージーモードなのに序盤、中盤が過酷、という点を除けば、本当に何も文句は無いです。
「あなたの頭は考えるためにくっついているんじゃないの!?」と叱咤されているようでした。
イージーモードは力押しでも楽しく進むためにイージーモードだと思うの…。

でも、面白かったです。
今回のゲームは、現状では「プレイした人全員をクリアに導いてあげる!!」という前作の懐の深さは見受けられませんでした。
なんか、個人的にはスポンサーガ的な感じがした。
そこまで、死ぬほど意地悪なわけではなかったんですけど。
後半、人数がそろってからはそこそこイージーモードでした。

なので、誠実にゲームをプレイする方におすすめです。
個人的には大人のプレイヤーさんの方が楽しめると思います。
特に、前半の殺伐とした中で光を探す雰囲気は、私はすごく好きでした。
だから過酷でも頑張った。(笑)

人の多面性を美しく描く、素敵な作品だと思います。
魔法学校ライフと謎解きを楽しみたい方はぜひどうぞ。

最後に、テスト対策として、いろんな情報(特に書庫や図書館での情報)をメモしておくと良いのではないかと思いました。
テストってそういう物だよね。主に暗記が物を言うんだよね…。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R