忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
【MADE IN MAIDOG ver4.04】

ジャンル:女の子主人公のR18RPG
サークルさん:MOON KNIGHT SPARKLEさん
プレイした理由:体験版が面白かったので
プレイツール:RPGツクールVX

本編をクリアしました。
本編は、まあ、面白かったです。
以下、割とすごいネタバレ(ストーリーのネタバレはなるべくしないですけど)になりますので閲覧にはご注意ください。

真由子は買う前にこの情報が欲しかった…。(涙)

***

定価で買ったゲームが半額になるのは悲しいし、9割引になるなんて耐えられないー!!と思い続けてぐずぐずしていた私ですが、勇気が出たら一番最初に買いたいと思っていたこのゲームが半額になっていたので、思い切って買ってみました。

このゲームに限っては、これで、定価で買ったのに半額で泣かなくて済むと思うと、すごくほっとしています。よかった…。(涙)

私、今まで、半額キャンペーンって、定価で買ったゲームが半額になるばかりの悲しいキャンペーンだったんですけど、初めてお得にお買い物ができました。

***

とりあえず、真由子にとって重大だった情報を…。

私、このゲームが最終バージョンアップ終了と仰っていたから(だいぶ前に仰っていたから)ものすごく調整されたバージョンで遊べると思ったんですけど、今の段階ですら誤字が…ちょっと多いです…。

体験版範囲の序盤から、エンディング間際にまで、目に付くほどに誤字がある。

私が覚えているのは…。

・関心→感心
・「一件落着」が違う

という二つなのですが「あ。誤字。あ、誤字…!!」という感じで結構あったと思います…。

これの何が問題なのかと言うと、真由子はR18敗北シーンを全く見ていなくて、さらに、サブクエストを三分の二しかクリアしていない状態での印象だということです…。

これで最終バージョンアップ終了宣言して大丈夫なの…?(涙)
私は、誤字があっても割と気にしないプレイヤーなのですが。(気づくけど制作者さんを責めたりはしない。誤字が消えない理由を身をもって知ってるので!)

私の感想記事を読んで、こちらの作品を買ってくださるプレイヤーさんが「なんでこんなに誤字あるの…?」と泣くことになるのは申し訳ないので、一応、記載しました。
誤字があっても面白かったので、誤字が気にならない方は購入しても大丈夫だと思うんですけど…。

真由子としては重大な事項は次に明記することです。
ネタバレします!!

なんで仲間キャラの男性は全員主人公以外の女の子を好きになるのよー!!

これね。
体験版の時にも危惧していたんですけど、まさかこんなにひどいとは思わなかった。
一応、本編では好きなキャラを選択してR18シーンとかあるんですけど、サブイベントがあまりにもひどくて(先に見てしまった)まったく嬉しく無かったです。

なんで勝手に、主人公以外の人を好きになるのよー!!
こんなことなら頑張ってサブイベントなんか進めるんじゃなかった。
全員ですよ。あり得ない。
なんのための女の子主人公なのか。
なんで可愛い女の子主人公とそこそこ仲良くなりながらスルーするのよ!!
これまで積み重ねて来た「どのキャラと一緒に行動する?このキャラにする!」という選択の数々はいったいなんだったのか。

びっくりするよね…。
一応、その可能性も危惧してはいたんだけどね…。
勝手に決められた他人の恋路を見るだけのサブイベントに、何の意味があるのか…。

想像以上に不快だったし嫌でした。
たぶんこれがネトラレ系なんですね…。

私は仲間キャラのサブイベントは、女の子主人公と仲間キャラが仲良くなるためのイベントだと思ってたの!!
だからダンジョンに潜ってアイテム収集がんばったんだよー!!(涙)

まあ、そんなわけで、サブイベントを見るのが嫌になったので、残っているサブイベントを全て放り出して「せめてカフカ様と主人公の幸せなシーンが見たいな」と思って大急ぎで本編を進めて終わりにしました。

噴水前で告白できるか楽しみにしてたのになー。(涙)
まあ、カフカ様と主人公が幸せそうなのでよかったです。それだけは。

そんな感じです。
本編は綺麗なストーリーで素敵だと思いました。
好きキャラと仲良く出来ると思っていた真由子の期待は塵になりましたので、その点、ご購入の際は十分にご注意ください…。
PR
空想庭園入金確認表を送付しました。
どうぞよろしくお願いします。
お手元に届いていない方はお手数ですが、ご連絡ください。
【ヌーズライト民主革命戦記】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:「戦争論」を通した現代社会諷刺のSLG
サークルさん:TAK-HOKさん
プレイした理由:SLGが好きなので!
プレイツール:SRPG Studio version 1.115

バージョン1.00でクリアしました。
難易度はラッキー。系統は、自分の思うようにやったら秩序型Ⅲでした。
すごく面白かったですー!
真由子は次は破壊型を目指して破壊の権化になろうと思います。

硬派な(本当に硬派な)SLGをお探しの方はぜひどうぞ!
具体的に言えば、メタネタ、下ネタ、悪い意味で変なキャラ、つまらない(寒い)ギャグが無い正統派のファンタジーSLGをお探しの方はぜひどうぞ。

素敵ですけど、華やかさは少ししかないです。
でも私は好き!
前作に引き続き、宗教色が極めて強く、制作者さん個人の「こういう世の中であってほしい」という思想がにじみ出ている作風ですが、個人的には「前作が期待はずれだった」という方にプレイしていただきたいです。

真由子は、制作者さんの前作で感じた不満は今作ではほとんど感じなかったです。すごい!

では、以下、ネタバレ感想になります。
素敵なゲームをネタバレ無しでプレイしたい方は、私の感想を読まずにプレイなさってください。

***

すごいと思ったのは、初期の段階で誤字がなかったこと。(秩序型シナリオでは、私は見つけられませんでした)
でも、文章末尾の?が一個だったり二個だったりしたことはありました。
とてもきちんとした文章なので、誤記なのかわざとなのか、どっちなのかわからなかった…。
疑問形でもないのに文章末尾に?をつけるような制作者さんのテキストだと?の数とか別にどうでもいいんですけど、このゲームは素敵な文章で誤字が見当たらないからこそ、気になりました。

このゲームに関しては、可能であれば?の数は一個で統一して欲しいな…。
絶対、大人のプレイヤーさんや文章をきちんと読むプレイヤーさんはそっちの方が落ち着くと思うんだ…。

雰囲気重視、テキストをきちんと読まなくても平気な方向けのゲームだったら、別にいいと思うんだけどね…。
私は疑問形じゃない文章の末尾に?がついているとものすごくイライラします。

「助けてやるからな?」という表記とか最低だと思うんだ…。
助けるの!?助けないの!?どっち!!

って感じ。

「助けてやりたいとは思ってるけど事態が許さなければ助けられないかもしれない。まあ、そんな感じ」という感じがする…。
まあ、優しい口調で語尾上げ、という意味で使ってるんだろうなーとは思うんですけど…。
そんな細かいことより、疑問形かそうでないかということの方が大事だよね…。
細かいことはこっち(プレイヤー)で勝手に読むから放っておいてほしい。

まあ、普段は思っていても言わないです。テキストを書く方の好きにすればいいと思う。
このゲームは素敵な文章だったから、私の日ごろのイライラとか、わかってくださるかなーと思って!

***

あと、注意書きに…。

・フリーゲームのSRPGは高難度でなければならないと考える方
・障害者の社会参加を容認しない方

という記載がありました。
障害を持った方の社会参加を容認しない方はいないんじゃないの…?と思うのですが、私は自分の負担が増える場合はきついなーと感じると思います。
「自分の負担が増えてきついなー」という気持ちは、割とどうしようもないよね…。

残業しないで早く帰りたがる人に、いつも残業を押しつけられる側だったら嫌だよね…とかそんな感じ。
たとえ事情があったとしても、一方に負担を押しつけるのは良くないと思う派です。

***

私は難易度ラッキーですごく快適で嬉しかったです。
自分のやりたいプレイ方法を、ストレス無く実行できてうれしかった!

常日頃から、戦いたくない人とは戦いたく無いなーとか、戦う必要が無い人との戦いは避けたいとか、助けたい人を助けてあげたいと思っているので、秩序型の進行は一つの理想だと思いました。

でも、二周目の破壊型も楽しみ!
秩序型で仲間にならなかったキャラとの出会いにわくわくします。

では、秩序型クリア記念に個別キャラ感想を!
ネタバレにご注意ください。

【秩序型】

・アンディ

熱血系猪突猛進型男主人公。
でも、人との出会いや経験によって、思考することも覚えていく良い子。
良い意味で主人公らしく、私は最後まで好きでした。
エンディングで、彼の動向を明らかにしていないのもよかった。

・ブロイツェール

アンディの親友になる冷静沈着型の男性。
女性の好意に鈍いところを含めて、私は好き。
基本的に心が温かい人だと思う。

・バーノン

二軍キャラだったけれど、とある女性とのイベントが発生したことで時々一軍に昇格しました。
性格は好きだけど、斧キャラの三枚目はちょっとなーという感じ。
エンディングでは彼女と幸せになってよかったです。
彼が彼女に贈った魔導書は、別のキャラが重宝しました。ありがとう!

・グランテール

値切り要員。基本的にバトルマップでしか良い武器や杖が買えないので、仕方なく一軍昇格しました。
でも当初は本当に弱くて使えなかったので、持てるだけの成長促進アイテムや守備力アップアイテムを持たせた結果、後半では主戦力に昇格。
性格は可もなく不可もなく、という感じ。

・シャロン

頼れる弓使い。
制作者さんが強く主張する「信仰」の象徴の一つとされた人。
なので浮いた話が全く無かった。
真由子としてはかっこいいから、可愛い女子キャラと恋愛して欲しかったなー。
遠距離弓攻撃は本当に便利でした!
基本的に一軍ですが、出撃キャラ数が少ないマップでは稀に二軍落ちしていました。ごめんね!

・ドルセイ

使える重騎士。かっこいいから好きだったんですけど、やはり重騎士なので基本二軍でした。
ごめんね…。顔も性格も好きだったんだけど、でも重騎士だからさ…。
この人もかっこいいので女子キャラと恋愛して欲しかった。

・トマゾ

顔が好みじゃない天馬騎士。
性格もそんなに好きじゃなかったので基本二軍でした。
でも飛兵が必要なマップでは仕方ないので出していました。
再移動が地味に便利だった。

・デュトワ

盗みが楽しい海賊。
でもあんまり盗めなかったなー。全マップ通して4個くらいしか盗めなかった。
しかも薬ばっかり…。私は薬は全然使わなかった…。

・カルブレイス

そこそこ使える弓騎兵。
エンディングもよかったです。

・ヘレナ

ガサツだけど頼れる女弓兵。
乙女な一面も素敵に描かれていたので、私にしては珍しく、ガサツキャラでも嫌いじゃなかった。
エンディングの「嘘が混じった、こうだったらいいなと思うことを書いた書物」は笑った。
日記、面白かったです。

・マリアン

大好き!
弱いけど、虎の巻とか使ったので最終面ではレベルカンストしました。
マップの怪しいところを調べるのが楽しくて、ずーっと一軍でした。
妹の面倒を良く見る良い子なので、幸せに暮らせるようになってよかったです。

・ジュリエ

アンディの恋人になるのかと思ったら違った。(笑)
でも彼ともお似合いだと思います。
最初は弱くて使いにくかったけど、遠距離風魔法を覚えてからは一軍に昇格。
さらに、クラスチェンジで杖キャラになって、不動のレギュラーに。
そして、自己回復スキルを覚えてから、すごく頼りになるキャラになりました。
レベルカンストしたよ!

・セシリア

あんまり好きじゃなかった。
でも、とある斧武器が強かったので最終面では活躍しました。

・コロン

制作者さんの思いが強くにじんだキャラなのかなーと思いました。
マリアンが大好きだったので、妹のコロンもそこそこ出していました。
個人的にはこういう子が側にいたら大変だと思う。
特に、物を欲しがって後に引かないのはつらいよね…。

・カルミナ

大好き!この子が一番最初にレベルカンストしました。
可愛いから、誰かと恋愛させてあげたかったなー。
でも、ある意味、エンディングは彼女の思い描いた通りのものだったので、幸せだったと思います。
杖、魔法、回避のスペシャリスト。
前線で戦える回復要員。頑張ってくれてありがとう!

・ジーナ

重騎士だし好きじゃなかったのでずっと二軍でした。
でも一応、クラスチェンジはさせたよ。

・グラシア

イベントが面白かったです。
杖が使えるので重宝していましたが、割とすぐにピンチになってちょっと大変なこともありました。

・ボールド

顔はかっこ悪いけど、理想の上司。
エンディングも素敵でした。
でも一回も使わなかった。(笑)

・ルーシェン

かっこいいし有能なので好きでした。
非戦闘要員でも素敵な人だなーと思ってました。
エンディングは一番幸せなんじゃないかなー。
栄光を掴んだという意味で…。

・マーサ

控えめで仕事が出来る素敵な女性。
エンディングでは幸せになったようでよかったです。

・ヴィクトル

大嫌い。冷血人間だと思う。
私、こういう、人の感情を利用して切り捨てるタイプの人って最低だと思う。

・クーダ

神への愛が過ぎる人。
まあ、世界平和に貢献しているからいいけどね…。

・アキオス

影が薄い人。割とどうでもいい。

・ロディノ

良い人!街の人のためになる治世をしてくれてありがとう。
私、戦わなくて済んでよかったです。
部下も一人も殺さなかったよー!

・ユニシア

どうでもいい。そんなに可愛いとは思えない…。
アンディ、この子のどこがよかったの…?

・旅の商人

大好き!!
個人的にはアンディと恋人になってほしかった。
絶対、お似合いだと思うのにー!

私、最終面で彼女が骸骨にやられてしまったのが嫌でやり直しました。(笑)
ちゃんと守ったよ!

・ブローゼ

見事な小物悪役。
悪役として素晴らしい。小物っぷりも素晴らしい。

・セルゲイ

割とどうでもいい。

・ネラー

うるさい人。弱かった。

・ケイ

敵だけど、割と好き。
彼が彼女を選んだ理由もわかる。
個人的にはあの人よりケイの方がお似合いだと思う。

・ヴィンカートン

ケイへの愛に殉じたように見える。
そうだったらいいな。

・ルサック

大好き!こういう、恩には恩で報いようとする人には幸せになってほしい。
エンディングで成功していてよかったです。
強い剣をありがとう!

・アブシャロム

別にどうでもいい。

・ハマン

親子喧嘩は人に迷惑をかけない範囲で、個人的にやってください。

・アンティパス

ラスボスだけど、憎悪はないです。
正直、どうでもいい。

以上!!

二周目クリアできたら、また感想を書けたらいいな、と思います。

***

二周目、破壊主義でクリアしました!
個人的には、仲間は破壊主義の方が魅力的だと思いました。
難易度が一番簡単なので、秩序より破壊の方が簡単でした。

仲間加入イベントがかなり変わっていたので楽しかったです。

今度、新作をプレイ出来るとしたら、もう少し恋愛要素があるといいなー。
でも、前作より、ものすごく素晴らしいと思います。
個人的にはSLGを制作している制作者さんにプレイしてもらえたらいいなー。

あと、一本道のゲームが嫌だと言っているプレイヤーの気持ちが感覚的にわからないゲーム制作者さんとか。

私の感覚では「秩序ルートを進みたいのに、全く共感できない破壊ルートしか用意されていない」というのが分岐、変化が無い一本道ゲームの印象です。

このゲームは秩序ルートも破壊ルートも面白かったです。
両方用意していただいたから、すごく面白かったのだと思います。
ありがとうございます!

では追加の登場人物感想を!

***

・ベネディクト

顔と雰囲気と能力は好きなんですけど、神に傾倒し過ぎているのが嫌。

・レオン

秩序ルートで見かけて仲間にしたかったイケメンその1。
剣を捨てて槍使いになったあるイベントを見て「絶対に剣で奴に勝たせてあげる!」と思ったので剣豪にしました。
ちゃんと、奴と戦わせたよ!成敗した!

・エクレール

秩序ルートで見かけて仲間にしたかったイケメンその2。
「盗む」で再行動の竪琴を盗めたときは嬉しかったですー!
エンディングでは幸せそうでよかった。

・アリウス

秩序ルートで見かけて仲間にしたかったイケメンその3。
妻子を殺されたなら、殺した人間のことは報復で、殺していいと思います。
ファンタジーだし、フィクションだし!!

・サマリア

秩序ルートで見かけて仲間にしたかった美女。
復讐をとげさせてあげられてよかったなーと思っていたんですけど、エンディングの彼女があんまり幸せそうじゃなかったのが気がかり。

・フェイン

そこそこ好き。
なんか寂しそうなエンディングで寂しかった。

・フォルマ

まあまあ好き。
エンディングは楽しそうでよかったです。

以上です!
素敵なゲームでした。プレイ出来て良かったです。
また、制作者さんの新作で遊べたら嬉しいなー。







選択肢付き短編ノベル『詐欺電話』がDLサイト様で販売開始になりました。
こちらからどうぞ!

本作品は、詐欺電話を受けた主婦が主人公の、選択肢付き短編ノベルです。
主人公の行動を選択して、結末を見届けてあげてください。

本記事や紹介ページを目にしてくださったり、ゲームをプレイしてくださった方が「そういえばこういう状況ってあった!この電話は詐欺だ!」と思う材料の一つになったらいいな、と思っています。

詐欺電話なんか、一生関わらないのが一番なんですけどね…。

皆で気をつけて、被害者がいなくなったら、きっと詐欺電話もなくなるはず!

【Regrowth ~強さ、求めた者~】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ゲームとしては素晴らしく、登場人物は最低なRPG
サークルさん:sinusoidal waveさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:ウディタ

※プレイツール記載ミスを修正しました。教えてくださってありがとうございます!

ver.1.00でクリアしました。
ゲームとしては大変素敵で、感動的だと思いました。
でも登場人物は最低です。
たぶん、このゲームはR18男性向けなんだ、と理解してからは、最低な登場人物に少し慣れました。
私は絶対に、このゲームを女性プレイヤーさんにはすすめません。
たくさんテストプレイヤーさんがいらっしゃるようですが、誰一人として、女性はいなかったのかな…。

***

ゲームとしては本当に素晴らしいんですよ!
特に素晴らしいのはマップ。
本当に美しいです。
草原を歩けば草が飛び、煙突からはやわらかな煙がたなびき、迷い猫は路地裏にいて、猫の鳴き声でプレイヤーに知らせてくれるのです。

素敵!!

ダンジョンはわかりやすく、歩くのが本当に楽しくて!!
なんて美しい風景だろう。
何回「わあ、綺麗!!」と思ったかわかりません。本当に素敵。

ダンジョンの敵も、美しく見やすいシンボルになっていて、ドロップアイテムを求めて雑魚戦闘をする際に、極力無駄な戦いが出にくいように配慮してくださっています。
私、こういう配慮はあんまり見たことが無くて、本当にありがたく、素晴らしいと思いました。

全滅しても、ペナルティーもなく、拠点に戻されるだけなので楽しかったです。
しかも、アドバイス付きのこともあるんですよ!!
すごいー。

プレイヤーの好きなようにパラメータを上げられるし、装備を考えるのも楽しく、ユニーク武器もあって、すごく嬉しかったです。
バトルもすごく楽しかったー!!

クエストは、真由子はうっかり、制作者さんが二個も用意してくださっていた見切りを二つとも使いきってしまって(笑)クエスト達成できなかったものが一つありましたが、それは自業自得だと思ってます。

制作者さんは親切に、二つも用意してくださっていたのに、ダンジョンに行く前にクエストが出ていなかったから、見切りは使っていいかなーとか思ってしまいました。
だから、次の腕力を下げる本は「使っていいのかな、どうなのかな」と思っていたのですが、クエストが無さそうだったのでボス対策用に使いました。

そして見切りは一切、バトルで使わなかった。(笑)

***

ここからは、キャラへの罵倒を含みますので、このゲームが好きな方は読まないでください。

このゲームって、主人公が露出狂で、ヒロインが痴漢なんですよ。
癖の強いキャラが出てくるとは思ってたけど、R18作品でもないのに、露出狂と痴漢が出てくるとは思わなかった。

特に、痴漢は、私が心底「死ねばいいのに」と思っている「電車内で発生する痴漢」と同じ原理で動く痴漢です。

自分の性的な欲求を満たすために「誰でもいいから」性的な行為を強引に行うタイプの痴漢。
そして、自分の行動を反省せずに繰り返す、最低なタイプです。

制作者さんは、こういう最低な痴漢が好きな人なんだ、と思いました。

説明書に「登場人物の主義思想は作者の思想とは必ずしも一致しません」と書いてあるけど、あとがきを見たら「最低な痴漢が好き」としか思えなかった…。

こんなに素敵なゲームなのに、なんでヒロインを痴漢にしてしまったんだろう…。
まあ、R18男性向け作品と考えれば、割と普通だと思います。

私、ちゃんと注意書きを読んだんだけど、あの書き方では露出狂と痴漢が出てくるってわからなかったよ…。

でも、ゲーム内容が素晴らしければ、登場人物が最低でも、ゲームとしては楽しめるということが、改めてわかりました。
登場人物が最低、というのはR18カテゴリー以外で公開していて、痴漢と露出狂が出てくるという注意書きが無かったから最低といっているだけで、きちんと「R18カテゴリーで痴漢と露出狂が出てきます」と書いてあれば全然大丈夫だと思います。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
11 12 13 14 15
16 17 19 20 21
23 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R