忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1016] [1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006]
【カワリモノ】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ちょっと変わった一本道AVG
サークルさん:黒猫銀次さん
プレイした理由:面白そうだと思ったので
ツール:Nscripter

私、こちらの制作者さんのゲームが大好きです。
たぶん最初にプレイしたのは都市伝説系のAVGだった気がするんですけど、すごく面白くて。
ゾンビのゲームとクサリモノもすごく面白かったです。
一本道のシナリオでも、すごく楽しいです。
主人公が主役っていう感じがして、すごく好き。
こういう、プレイヤーを意識して制作してくださっている一本道シナリオは私、好きなんだと思います。
ただ、登場人物が勝手に怒ったり騒いだりしているんじゃないって素敵。

***

本作品はとても変わった一本道AVGです。
ものすごく惹きつけられる導入で、主人公の男性と話している女性がとても素敵です。
影絵のシルエットなんですけど、綺麗な人だと私は思う!

二人の関係ってどうなのー!?と思いながら読み進めると、意外な展開に。
個人的にはその後が読みたいと思うわくわくする(といったらちょっと不謹慎な)エンディングでした。

この作品はプレイヤーの「読み方」によって結末が変わるようです。
ネタバレになりますが何度もやり直すのは手間だと思うので、真由子が試した方法を記載。

・普通にクリックして読む→END2(好き!)
・スキップ機能活用→END1(普通。途中で展開が変わったことに気づいて慌ててスキップを止めました)
・オートモード使用→END2(オートだと「ゆっくり読む」ということにはならないようです)

でした。
もうこれ以上頑張るのは無理ー。ということで諦めます。
もっと読みたかったなー。
個人的には文章選択肢にしていただきたかったです。
もったいない!素敵な話なのに!

***

私は「ゆっくり読め」と言われるのがすごく嫌でした。無理!!
ゲームの素敵なところは、プレイヤーが快適だと思う速度で楽しくすすめられることなので、それを制作側に強要されるのは非常に嫌です。

でもフリーゲームなので、制作者さんがやってみたいことをやれば良いのではないかとも、思います。
個人的にはすごくもったいないです。
頑張る人あんまりいないと思うから、せっかく作った素敵なストーリーがもったいないなあ、と思うのです。

頑張れるプレイヤーさんは頑張ってあげてください!

***

修正更新があったようなので、再度DLしてみました。
一周目クリアしたら選択肢表記にするか選べるということなので!
最初から入れてよー!と思うプレイヤー真由子。
このゲームは容量が軽いので、DLするのは負担にならないのですが。

一周目はスキップ機能を使って数秒でクリア。
選択肢で読んでないシナリオを読みました。
END3が一番面白いじゃないですかー!(涙)
これ、フルコンプしたらとても満足感が得られるので、絶対選択肢の方がいいと思います。

***

制作者さんの解説で「バトルパートが好きな人にはバトルパートを長く、恋愛パートが好きな人には恋愛パートを長く」した作品を制作してみたい、というようなことが書いてあったのですが、真由子はそういうのはあんまり好きじゃないなあ、と思いました。
普通に、バトルパートも面白く恋愛パートも面白かったらそういう工夫はいらないと思うので。
「長くて面倒くさい」と思うのは好みに合わなくてつまらないからなので、面白くない→短ければ良いのであれば、そのパートは別にいらないですよね…。
だから、プレイヤーはプレイする作品の内容やジャンルを選ぶわけだし。

バトルパートが好きな方には駆け引きとバトルがメインのゲームを、恋愛パートが好きな方には恋愛ゲームを提供すればいいと私は思いました。
あくまで個人の考えですけど。

***

そして今回、痛切に思ったのは、極力プレイヤーに面倒くさい仕様にはしない方がいいなあ、ということです。
わかっていたことですが、改めて思いました。
基本的にプレイヤー真由子は面倒くさくてやめたゲームの再プレイはしないです。
なんか、面倒くさい思いをした「ちょっと嫌な感じ」が再プレイを邪魔するので。
こちらの、読み方による分岐が、通常の読み方とスキップの二種類だけだったら、たぶんコンプする人はたくさんいると思うのです。
いつもやっていることだから。
オートとスキップ、でも可な感じなので、どなたにも負担にはならないと思います。
でもゆっくりは絶対嫌ー!(涙)
文字がゆっくり表示されるだけでもストレスなのに、制作側にゆっくり読んでくださいと言われたらストレスMAXです。私!

「不便さ=ゲーム性」という考えは、私は本当にきつい派なので…。
「なるべく便利で快適なゲームにしよう!」と思っても、どうしても不便さは残ってしまうものだと思うのです。
だから、自ら不便さを取り入れたら、たぶんプレイヤー真由子は本当、ストレスたまると思うのでした。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R