忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
【ファルクメイデンRR】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ゲーム内容が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:ROWProjectさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:WOLF RPGエディター

クリアしました。
結果的にはとても面白かったですが、人を選ぶ内容だと思います。
以下、率直な感想ですので、このゲームが大好きだ!という方は閲覧しないでください。
一回プレイを挫折した方に読んでいただけたら嬉しいな、と思います。

真由子は以前、ずっと前にこのゲームをプレイして、挫折したプレイヤーです。
再プレイに至った理由は、単なる気まぐれです。

なぜ挫折したのか。

そしてなぜ二回目にはクリアできたのか!

ということについて記載したいと思います。

挫折した理由①

主人公の一人称が「ボク」で考えるよりさきに行動する子。話が通じなくて、意味不明なほどに「にゃー」とか言う。

これね!
制作者さんの「萌え」ポイントが私には全く理解できなかったんですよ…。

ちゃんと喋ってよー!(涙)
勝手に行動して真由子に迷惑かけないで!

と思っていたんですよ。
これを、どうやって克服したのか。

「主人公を人間だと思わず、猫だと思う」ことによって、克服しました。
猫だったら一人称が「吾輩」でも可愛いもの!!
そして猫なら「にゃー」って言うし、話が通じなくてもあきらめがつきます。

挫折した理由②

主人公の相棒の青年が、即行で主人公以外の女の子と恋に落ちる

これね!
私、こういう展開大嫌いだったんですよ!

だって女の子主人公の意味無いしー!!

でも、今は嫌いじゃないです。
そういう展開で、大好きなゲームに出会えたので。
主人公が恋愛系で薄幸でも素敵なゲームがあるんだな、と思えたので。

挫折した理由③

装備品がよくわからない

これも、なぜか二回目は理解できました。
理由は不明。

***

そんなわけで、上記の理由で、一度目は序盤でこのゲームを投げ出した私ですが、二回目は無事にクリアできました。

最初のダンジョン以外は歩くのも楽しく、セーブ制限されていても不便を感じませんでした。
主人公の一人称にもエピソードがあって、ヒロインの女の子の料理上手な理由もわかってよかったです。

エンディングまで見て思ったんですけど、このゲームって主人公の相棒の青年が実は「主人公」だよね!

以下、ちょっとした不満点。

・やっていることがたいしたことない

一番壮大なイベントが「山に登って頂上でお弁当を食べる」なので、ちょっとがっかりしました。
私だったら、そんなことで夢や希望を感じたりはしない。

***

誤字が気になる方はちょっと厳しいかもしれないですが、ほのぼの系+やり込みゲームをプレイしたい方はぜひどうぞ。
ロリコンネタやメタ系、うわーっと思うアニメ系の感じが苦手な方はやめた方がいいかも。

良くも悪くも、制作者さんの趣味全開のゲームだと思いました。

この世界観で、もっとちゃんと壮大なゲームで遊びたかったなーって思ったら偶然、似た世界観で壮大なで自由なファンタジーゲーム『Amateur's Garden』に巡り合えて感動しました。

『Amateur's Garden』の感想はこの記事の次に書きます。
こちらのゲームの制作者さんにも『Amateur's Garden』をプレイして欲しいなー。
このゲームのゲーム内容はすごく素敵なので『Amateur's Garden』のような本格派のテイストと自由度があったら本当に素晴らしいと思います。
PR
【Saikai no】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:寄り道が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:mobcharacter57さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールMV

たぶん、ver.1.02でクリアしました。
エンディングが二つあるそうなのですが、真由子は一個だけ見ました。
最後の選択肢で変わるのかな。

でも、もうラスボスと戦いたくないんだー。

私はすごく面白かったです。
ではネタバレ感想を。

私、このゲームをプレイしている途中で思い出したんですけど、こちらの制作者さんのゲームを以前プレイしたことがありました。

猟奇的なハッカドロップ嫌いで、嫌いなドロップを、余るからって、しつこく他キャラにすすめているうっとうしい主人公がいたんですよ!

それで真由子は嫌になってゲームをやめたの!!

それからずっと、こちらの制作者さんのゲームをプレイするのは避けていて、避けているうちに忘れてしまって、それでこのゲームを普通にプレイしたのです。

面白かったからよかった!!

***

やり込み、寄り道が楽しかったです。
私はステルスクリスタルの存在を終盤近くになるまで忘れていて「なんでこのゲームこんなにエンカウント率高いのよー」と思っていました。

なんという愚かなことよ。
でもそのおかげでそこそこ強くなりました。
ステルスクリスタルで敵が出なくなってからは、うろうろ探索が楽しかった!

でも、毒沼に踏み込めるアイテムを貰えたのが終盤だったので、なんか、各地を回るのが面倒くさくなって、上位魔石が二個装備できるアイテムがゲットできた時点で探索をやめました。

もう少し早く、もらいたかったなー。

あと、勇者物語が一冊だけ見つけられなかった!

でも、勇者物語を探してうろうろしているうちに、災厄の発生イベントも見られてよかったです。

キャラクターも魅力的で、ストーリーも楽しかったです。
次はもう少し分岐が多めのゲームだったらいいなー。

ドロップ狂も、このゲームくらいの露出度だったら全然平気だった!

ネタ系メタ系が嫌いな私でも、この程度なら気になりませんでした。
まだ誤字が多いので(テキスト量に比べたら少ないですけど)気になる方は、少し待った方がいいかも。

自信→自身の誤字を含め、文字抜け等、目に付く程度にはありました。現状では。
テストプレイをきちんとしてくださっていても、誤字潰せないんですよね。わかる!!

あと、アホっぽい女騎士が空回りしながら先輩騎士に近づいていく、明るい王道ファンタジーを期待している場合は、シリアスな展開に打ちのめされる結果になる可能性もあるので、気をつけてね。

私はシリアスなキャラ成長物語は大好きなので、このゲーム、面白かったです。

個人的には過去改変したかったー!!
【ヴィアの約束】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵な王道+やり込み系RPG
サークルさん:エフさん
プレイした理由:面白そうだったので
プレイツール:RPGツクールMV

たぶん、最終的にはバージョン1.01でクリアしました。
面白かったです!
素敵なエンディングでした。

以下ネタバレ感想なので、閲覧にはご注意ください。

私、うすうす思ってたんですけど、冒頭でヴィアの名前を変えてしまうと、タイトルの意味がなくなるよね…!
でも、それでも「ヴィアの名前を変えさせてくれる」制作者さんが素敵だと思います。

自由、万歳!

だけど、メインキャラ(特に、主人公に恋愛感情をぶつけてくる気持ち悪い子)が嫌で!!
なんで気持ち悪い子外せないのー!!

と思っていたんですけど、カバみたいなやつを倒した後に貰える凶悪な状態異常付与装備を装備させておいたら、気持ち悪い子がラスボスで大活躍だったのでよかったです。
あの子、役に立ったよ…。

最後に「重い」って言えたし!!
意味、通じて無かったみたいだけど!!

私は、幼馴染のお兄さんが大好きで、ずーっと連れていました。
あの宿屋の人達、優しくて大好き!!

宿屋に行くの面倒くさいという意見もありましたが、私は宿屋さん大好きで、お弁当もミルクもいつも、もらえてとても嬉しかったです。
ありがとうー!!

さびた剣を治してもらったり、妖精さんとお話できたり「おみやげくれるっていうから、もう一回会いに行ったら本当にお土産をくれたり」するのが嬉しかったー!!

水晶も叩き割るの楽しかったー。
英雄狂の子に、先祖のロッドを装備させてあげられてよかったです。

英雄狂の子は、オルゴールをくれたあたりから少し好きになりました。
銃の子は、出てくるのが遅すぎて!!
でも、性格は一番好きだった。だけどバトルには出さなかった…!

***

でも、なんか変な性格の女の子ばっかりだったなー。
同じ年なのに、主人公のことをお姉さまとかいう気持ち悪い子も、中庭にいる勝気そうな女の子も、全然仲間にしたいとは思わなかったです。

英雄狂の子が「ちょっとましかな」と思うようになるまでは、本当、幼馴染のお兄さんだけが私の心のオアシスだった!

銃の子が出て来たあたりから、友情色が濃くなって、普通に素敵な王道ストーリーが展開されて、それからは楽しかったです。

謎解きも程よく楽しく、お金でレベル上げやアイテム生成ができるのも楽しく、拾うアイテムももらうアイテムも、作るアイテムも皆、大事でよかったです。

湖の宝箱も開けたし、学校の地下の宝箱も開けられたよ!

主人公の選択肢を全部プレイヤーが選べて、すごく嬉しかったです。
ゲーム制作が上手な方なんだな、と思いました。

次のゲームは、男性キャラ(変じゃない人)が少しだけでも増えるといいな。
それで、気持ち悪い系女子はメインキャラから外せるといいなー。
「気持ち悪ければ話しかけなきゃいいじゃない」と思うかもしれませんが、何かアイテムが貰えるかもしれないと思うと、話しかけざるを得ないんだ…。

個人的には、生成できなくて泣いている子を助けてあげられるのが、毎回、楽しかったです。
【パッチワーク・ドールズ】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:可愛い人形と旅をするのが楽しいやり込み系RPG
サークルさん:望月すすき(KANOTOSOFT)さん
プレイした理由:面白そうだったので
プレイツール:RPGツクールVX Ace

ver1.11でエンディングを見ました。
私、感動しました!
感動したけどアンケートは書きません。
トラウマがあるので…。

でも感想は好きなように書きます!
ネタバレにはご注意ください。

可愛い探索系やり込みゲームで楽しいし、エンディングは素敵でした。
後悔を抱えながら生きている人も、心残りを主人公に託して消えて行った人も素敵!

では泣いたことを!

火山の場所がわからなくてさまよいました。(笑)
最初の「弱い人は入らないで」という洞窟の存在を思い出してよかった!
あと、お墓のおじいさんのイベント、噂話を聞いたけどマスター教えてくれなかったよ!

適当にお酒の名前を入れたら、イベントクリアできました。
でも、地図、すごく可愛いけど全然役に立たなくて、制作者さんの頑張りを思うと泣きそうでした。

もったいない。
眺めて可愛い地図は、地図じゃなくて、もはやアートです。

あれを全国的に広めても迷子は量産される気がする!

あと、最後の高原でも、下の方にある梯子に気づくのが遅れてさまよいました。(笑)
基本、見やすくて可愛くて歩いていて楽しいマップだったんですけど、一部致命的に迷子になる部分があるのでプレイの際はご注意ください。

イベントを発見して解決するのも、賞金首を倒すのも楽しかったです。
主人公可愛いし、お兄ちゃん優しいし!

そして酒場のマスターが素敵。
マスターに優しく諭されたくて、毎回、お酒を注文していました。

優しく可愛く、少し苦い部分もある素敵な世界を探索できて嬉しかったです。
エリーちゃんも、楽しく冒険して欲しいなーと思うのですが、クリア後に何をしていいのかわからないので、たぶん真由子の冒険はここで終了だと思います。

【UnExist ~夢叶わぬ道化達~】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:周回前提のやり込み系RPG
サークルさん:こうさん
プレイした理由:どうしても気になったので
プレイツール:RPGツクールVX

1.04で、二周目で真END(オマケ部屋にいける)クリアしました。
すごく面白かったですー!
オマケ部屋に行ってしまったら周回できないっぽい?のですが、でも、いろんなアイテムもらえたのになー。
なんでなんだろう。不思議!
真由子がオマケ部屋から周回できる方法を見落としているだけだったらすみません。

後半二人のイベントをほとんど見ていないのですが、でもまあ、いいかな。
ではネタバレ感想です!

***

最初、バージョンアップ前のデータで試しに遊んでみたんですけど、マップに雑魚敵がひしめいていてよけられず逃げられず死にまくって泣いてゲームをやめたんですけど「制作者さんが万人向けじゃないってちゃんと書いてくださっているじゃないの!!泣いても制作者さんを恨んだらダメ!!」と自分に言い聞かせてそっとゲームをやめたのです。

だがしかし!!
バージョンアップされていて!!
試しにまたプレイしてみたら…。

「道が…逃げ隠れする道が、見える!!」

っていう感じだったの!!
嬉しいー!!

それで喜んでうろうろして楽しみました。
二周目のラストのあたりは、どのマップでも雑魚敵が消滅して楽しかったー。
ではさらなるネタバレを!!

***

個人的にもったいないなーと思うのは、序盤の引きの弱さ。
このゲームってすごく面白いんですよ!!
でも、最初はどうがんばっても、弱い魔法使い幼女しか仲間になってくれないの!!

悲しい…。

酒場には魅力的な冒険者がたくさんいるのに!!
うつろな顔をしたお姉さんや、朗らかで強そうなお姉さんもいるのに、マスターも強そうなのに、幼女以外は主人公を相手にしてくれないの!!

会話はしてくれて、すごく魅力的なのに…。

誠実な盗賊さんも、初対面の主人公にちょっと優しい殺し屋さんも大好きなのに…。
仲間になってくれないんだ…。

だから、仕方が無いので弱い主人公と弱い魔法使い幼女で砂漠の街をうろうろするしかないのです…。

でも!!
日数が進むと魅力的な仲間が山ほどやってきて「私、誰をパーティーに入れたらいいんだろう!?」と悩む日々!!

あとがきで「風の王を仲間にするのが難しい」と書いてあったんですけど、真由子は一周目から普通に「帽子の話」をしてもらって名前を当てて、仲間になったよー。

仲間にする方法も複数あるみたいで、生意気な小姓は(一周目も二周目も死にました。嫌いだから別に平気)盗賊さんINパーティーで話しかける/とある書物を読んだ後話しかけて選択肢を選ぶ、という二種類を見つけました。
まあ、でも、おじいさんが強いから死ぬんだけどね…。
二周目でも一番最後にしか倒せなかったー。
おじいさん強い。

赤騎士さんは、ラインちゃん必須かと思っていたけど、追っている人の痕跡を読んだ後に話しかけたら、普通に仲間になりました。素敵!

白騎士さんは、偽物の街にいる時は所在がわかったんだけど、二周目でも敵としてはついに会えなかった。(笑)
どこにいるんだろうね…。

***

一周目は青息吐息で例の人を撃破して、格闘少女、魔法幼女、飲んだくれのおじさんが周回引き継ぎになりました。
宝箱を開ける鍵が足りなくて泣いたので、張り切って鍵をもらったら二周目はあまった。(笑)
ままならないです。

あと、仲間になった盗賊さんに鉱石や宝石を盗まれまくったので、二周目はなにがなんでも「とりもち!!」と思って、砂漠散策の後、張り切って取りに行きました。

***

このゲーム、本当に面白いんですよ!
イベントの作り込みがすごいの!!
フラグが細かいんです。

飲んだくれのおじさん、白竜の撃破が必須イベントかと思って、一周目で倒そうと思ったんですけど倒せなくて、やけになって機械都市をうろうろしていたのです。

そうしたら、いつの間にか知らない街に出てしまって「ここどこー!?」と泣きながらさまよっていたら、広場に芽が出ているところがあったんですよ。

そしたら、おじさんのイベントが始まったの!!

「ここでイベント!!ここがどこだかもわからないのに!!もう二度とこられないかもしれないのに!!絶対死ねないー!!」

と思って、なんとか生還しました。
それから、おじさんの家に行ってイベントを見てから白竜を撃破したら便利技を覚えました。

二周目に、そのイベントを見ずに白竜を撃破したら、セリフとか全然違うんですよ!
本もゲットできなくて!!

すごいですよね…。
感動!!

***

あと、イベントをこなさず、宿屋に泊まりまくると見られるエンディングもあるみたいです。
モブの人が言ってたの。

「なんでお前がまだ生きているんだ。まさか、ダンジョンに行かずに宿屋に泊まっているだけじゃないだろうな」って!!

真由子は思いました。

「その手があったのね…!!」

モブさん頭いい!!
真ENDでなくクリアしたら、たぶん周回ボーナスがもらえると思うので、一周目は様子見で宿屋ENDでもいいかもしれないですよね。

真由子はその情報をゲットした時点で相当やり込んでしまったので「絶対にボス撃破で日数内にクリアするんだ…!!」と必死にがんばりました。
一周目は大変だった…。

***

街の人の酒場の人も、本当に素敵で、敵との会話もすごく楽しくて、イベント発見できたら嬉しいし、隠しアイテム見つけられたらすごく嬉しくて!!

私、このゲーム大好き!!
グラフィックもキャラにあっていて私は好きです。

でも、このゲームに合わない方もいらっしゃると思うので一応注意書き。

※人が死ぬことがすごくつらいと思う方はプレイしない方がいいと思います。

ではさらにネタバレです。
閲覧にはご注意ください。

このゲームはすごくたくさん人が死にます。
プレイヤー(主人公)と親しく言葉を交わした人でも容赦なく死にます。
でも、一緒にダンジョンに行ってくれるキャラは、プレイヤーが頑張れば、死亡イベントを回避することが可能です。

でも、仲間にならないキャラは、基本的には死にイベントは回避できないっぽいです。
だって、闘争の悪魔も醜悪の悪魔も掌握の悪魔も撃破したのに、悪魔信者キャラが死んじゃったの…。(涙)

洗脳、解けなかったんだね…。
幼女母が洗脳を解いた冒険者のお姉さんも、別の場所で死んじゃったし…。

でも、そういう無情なところも私は好きです。
悲しくも切なく、そういう世界観は素敵。
だけど、つらいプレイヤーさんはきついと思うので、気をつけてね。

***

あと、真由子は悪魔対策を悪魔を撃破してから入手して「……」ってなったので、ここでご紹介!

闘争の悪魔のお城でマコクシールという謎アイテムをゲットしたのですが、使い道が分からず、掌握の悪魔を、魔攻を特化して上げた主人公が「マジックアイテムを使って」撃破しました。

その後、真実の世界の四角いお風呂みたいなところに行ったらマコクシールが「対掌握の悪魔用」のお札に変化しました。
もう倒しちゃったよ。(笑)

あと、掌握の悪魔に行く前のところで、魔法の欠片というようなアイテムを手に入れて、その後に、誰を連れて行っても「人間には使えない」という魔方陣に時魔法使いを連れて行ったら「一回だけ敵の動きを止める時魔法」を入手しました。

でも!!

「もう闘争の悪魔を倒したから、この魔法を使うことは無いだろう」って!!

ラスボスで使ってよー!!(涙)
せっかく頑張って偶然イベントを起こしたのにー!!

そんな感じです。
真由子は時魔法使いさんと鈴蘭ちゃんを引き連れて闘争の悪魔を倒せたのがすごく嬉しかったです。
その後に、マスターと三人でおしゃべりするイベントがあったの!!

素敵でした。嬉しかった…。
私、頑張ってよかった…。

***

まだまだ見ていないイベントがたくさんありそうなので、セーブ分けしておいたデータでいつか遊ぶかもしれないです。
とりあえず、白騎士さんの居場所を知りたい。(笑)

伝説の武器アイテムは、盾、鎧、リボン、槍、斧と番外編のマスターリングを入手しました。
機械都市の機械は強すぎて無理だった。(笑)

***

キャラは鈴蘭ちゃんと盗賊さん(仲間になる人も死んじゃう人も)が大好き。
あと風の王も大好き!!
風の王が対錯覚用のスキルを覚えるイベントはかっこよかった!!

ラインちゃんも好きです。
敵になったらどうしようー!!って思ってたけど、醜悪の悪魔戦の後に素敵な技を覚えて嬉しかった。

詰まった井戸と、ココロちゃんが乗っても発動しないっぽかった魔方陣はなんだったんだろう。
謎が多いゲームで本当に楽しいです。

街の人にも大好きな人はたくさんいて、リアお嬢様も大好き。
それから、あの手紙は感動しました。

でも、仲間キャラは盗賊さん以外は皆、使い勝手が悪くてちょっと大変でした。
主人公を強化する要員、全体回復アイテムを使う人っていう感じでした。

***

本当に素敵なゲームでした。
このゲームの感想や攻略情報が溢れてくれることを心から願ってます。
いろんなイベントを見たっていう方の楽しい感想が読みたいです。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R