忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
【雪の日朝日】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵なやり込み系短編RPG
サークルさん:トド釣り名人さん
プレイした理由:どうしてもゲームで遊びたかったので
プレイツール:RPGツクールVXAce

クリアしました。
面白かったです。素敵なゲームでした!
プレイしてよかったー!

***

でも、制作者さんのサイトに掲載してくださっている攻略情報が無ければクリアできなかったと思います。
ラスボス撃破のために、そこそこレベル上げしたのでそれはちょっと面倒でした。
でも面白かったー!!

***

私、このゲームはトドがすごいという感想が結構あったので「嫌だなあ」と思っていたのです。
なんか、不思議生物が意味不明なくらい出しゃばってくるゲームを好きになったことってあんまり無いから…。

でも、メインテーマは戦争と平和だと思いました。
戦争は嫌で、平和が素敵です。
キャラクターは全員魅力的で、仲間キャラが全員好きって稀有なこと!と思いました。

イベントもすごく楽しくて、私は嬉しかったです。
感動したし、素敵な結末で嬉しかったー!

私のように「トドが嫌だなあ」と思ってこのゲームを敬遠している方は、時間があればぜひ、プレイしてみてください。
基本的にほのぼの進行なので、グロ系の残酷な描写を怖がる必要は、私は無いと思いました。

PR
【幸せに手が届かないから】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:丁寧に作られた力作RPGですがクリア後達成感は微妙
サークルさん:雀村さん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:RPGツクールMV

クリアしました。エンディングを見ました。

…微妙!!

***

そもそも、紹介ページに「ありふれたRPG」というような記載があったので、私は全くプレイするつもりはなかったのです。このゲーム。

でも!!

一生覚えていたいストーリーっていう素晴らしい感想があったから!!
羨ましくなってプレイしてみました。
私も一生覚えていたいゲームに出会いたいの!!

スポンサーガのような、エニスの商人のような、ジルオールのような、影明かしのような、その他たくさんある素敵なゲームに連なる素晴らしいゲームをこの手に…!!

でも…。

私はその方が、このゲームの何に、そんなに感動したのか全くわからなかった…。

とても、とても残念です…。(涙)

泣いていないで、素敵だったところを。

スキルを覚えるのがすごく楽しかったです。
私は一番易しい難易度でプレイしたのですが、ルナ戦の前にレベル上げを強いられてそれはちょっと面倒くさかった。

ネタバレします。

私はパッシブスキル全部と、必殺技に分類する能力値上げのスキルを覚えて、ラスボスはかなり楽に戦えてよかったです。
これ、下手に武器に付随するスキルを覚えていたら可哀想なことになっていると思います。

まあ、そんな感じの説明はあったんですけど…。

***

イベントは丁寧に作られていて、その丁寧さが素敵だと思いました。
でも、紹介文にあったように、ありふれたRPGだと思ったし、特別に面白いということはなかったです。
特に、気持ち悪い百合描写はいらなかったんじゃないかと思います。
あと、主人公が性別不詳の意味ってあったの?

「どうして主人公が記憶喪失になったのか」ということに興味があってゲームを進めていたのですが、全く理解できない展開で驚きました。
これに感動する方がいるのか!という意味でも驚きました。

さらにネタバレします。

***

「飽きた」というのが真実の動機なら、飽きる過程を丁寧に見せてくれないと、私は納得しないです。
なんだかわかんないけど、別人みたいになっちゃった敵を倒して、終わり。

それってなんなの…。

あと、エンディングで、主人公が「これで終わりにはしない」って言ってるけど、過去に遡って起きた事象を変えるわけでもないのに、何を言っているのか。

と、私は思いました。
正直、無駄な時間を使ってしまったという思いが強いので、一応、自分の感想を書いておくことにしました。

感動したっておっしゃる方もいるけど、エンディングまで見て「意味不明」と思ってる私もいるので、プレイの際にはご注意ください。

まあ、フリーゲームだから、制作者さんの好きに制作していいとは思うんですけど、長編だと、ストーリーに全く得る物が無いときつい…。(涙)
ポケモンGOのファンの方には申し訳ないです。
ポケモンGO訴訟への関心の話なので、ファンの方は閲覧をお控えください。
伝聞等の情報なので間違っている可能性もあります。ご了承ください。

***

集団訴訟、起きるかな、と思っていたのですが予想以上に早くて、しかも内容が(私から見れば)軽微なものも含まれるようで、すごく驚きました。

ゲームプレイの被害の範囲がどの程度認められるか、という問題なので、アマチュアですが、ゲームを作る側としてもゲームで遊ぶ側としても関心があります。

***

「ゲームをプレイした際の被害において、制作側は一切の責任を負わない」というのは、制作側とプレイ側の約束事であって「ゲームで遊んでいない第三者」には一切関係ない話だと、私は思います。

そんな免責事項知らないですよ。ゲームで遊ばない人は…。

これまでのゲームは、ゲームを作った人とゲームで遊ぶ人しか関わりがなかったから「ゲームで遊ぶ人の損害について責任を負わない」で済んだけど、ポケモンGOは「歩きスマホを強く推奨して、周囲の人間に甚大な損害を与える上に、ポケモンをゲットするために、私有地にもずかずか入るということが予測されるゲーム」なので、損害を与えられた側から見れば「ポケモンGOというゲームさえ存在しなければ、怪我させられることもなかったのに!」ということになると思うんですよね…。

今回の訴訟で「すごいな」と思ったのが「知らない人が、ポケモンを取るために庭に入らせてほしいと言って来た」という内容が含まれているらしい、ということです。
実際、私有地に入っていなくても被害に遭った、と言っているようですね。
知らない人に庭に入らせてほしい、と言われるのって、確かに、それは嫌だなあ、と私は思いました。
怖いよね。

***

任天堂の株価が好調だったときに、任天堂が出したとされるコメントが「任天堂はポケモンGOを制作したわけではなく、キャラクターを使用する権利をゲーム制作会社に貸しただけだから、利益については限定的」という内容だったようで、私はすごく不思議に思っていたのですが、今思えば、任天堂は、ポケモンGOによって被害に遭った方への責任を果たすことを回避したかったのかな、と…。

作ったのは任天堂じゃないよ、ということを訴えておきたかったのかな、と思います。

***

ポケモンGOに関しては、私は、ゲームを作った人の心がすごく怖いなあ、と思っています。
だって、絶対、ゲームに夢中で遊んだ人が、ひどいトラブルに巻き込まれることはわかってたはずなんですよ…。

自分が作ったゲームに夢中になった人ほど、ひどいトラブルに巻き込まれて被害者や加害者になるってわかってるのに、それでも販売したってすごいことだと思います。
愛されてないよね。プレイヤーさん。

私は、ポケモンGOを作った人から、プレイヤーが愛されていないことがわかる程度に大人でよかったなあ、と思っています。

面白いゲームで遊んでいる時は夢中になるし、周りが見えなくなるよ。
そんなのゲーム好きならわかってることだよー!
でも今までは、安全な場所でじっとして遊んでいたから、自分が大けがしたり、人に大けがさせたりすることは考えにくかったんですよね。

今の親御さんは、ゲームで遊ぶ子供が大けがしたり、人に大けがさせたりすることまで心配しなくちゃいけなくて大変だなあ、と思います。
でも、もう、ポケモンGOが存在しなかった頃には戻れないと思う。

そんなわけで、訴訟には注目したいと思います。
本当、ポケモンGOのせいで、骨折等の大けがをさせられた被害者の方には、ゲーム制作会社からもお見舞金を差し上げてほしい。

***

もう一つ、注目している訴訟があります。
子宮頸がんワクチンの訴訟です。

ACジャパンは訴訟準備が進んでいることを広く世間にCMしてよ!
東日本大震災の時、ワクチンを接種しに病院に行こうって、あんなにいっぱいCM流していたのにー!!

子宮頸がんワクチンは、絶対悪というわけではなく、体質に合う方には非常に効果が期待できる面もあるようです。

でも、今、副作用で苦しんでいる方の症状が重すぎて「がんではない健康な女の子」が無理して摂取する必要は全く無いと、私は思います。

子宮全摘出のリスクと天秤にかけても、副作用の方が私は怖い。
私が知っている限りでは…。

・突然、手足が震えて物が持てないほどになる
・短時間、記憶が飛ぶ
・日常的に疲れやすくなる

という症状があるそうです。
怖すぎる!!

製薬会社は「ワクチンに問題はない」という姿勢で争うようです。
ワクチンを作った方は、自分自身や娘さんやお孫さんに、自信を持ってワクチンをすすめることができるのでしょうか…。

国は「様々な症状で苦しんでいる方へのサポートをしたい」という方向のようなので、裁判の結果が今、すごくつらい状況にある方への救いになるように、心から願っています。

製薬会社におつとめの方も、未来がある女の子につらい思いをさせたいわけではないと思うので、副作用緩和のために協力していただけたらと思います。
皆で、つらい状況にある方の状況改善のために動いて欲しいです…。
【Space traveler!】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:私、プレイしないけど、制作者さんを応援したい!
サークルさん:結城さん
ご紹介する理由:素敵な紹介文だったので
プレイツール:RPGツクールVX Ace

たまたま見かけた紹介文が本当に素敵だったので、プレイしないけど(大変恐縮です)制作者さんを応援したくてご紹介(というか制作者さん素敵です文章)を書くことにしました。

私は悪ノリ、寒いギャグ大嫌いなプレイヤーですが、この作品のような紹介文を書いてくださったら何の文句も無く、ただ感謝しかありません。
痛いゲームを作るゲーム制作者さんの邪魔をする気はないの!基本的に!

きっと、バグが出ても、プレイヤーさんは温かく報告してくださると思います。
制作者さん一人だけのテストプレイでも、最新の配布するデータを頑張ってテストプレイしているのなら、たぶんクリアすることは出来るはずなので、痛いゲームが好きな方はきっとクリアしてくださると思います。

配布データの一個前のデータをテストプレイして、少し修正して、配布データのテストプレイを怠っていたら危ないので、そうだったら早急に頑張ってテストプレイしてみてください。
プレイヤーが実際にプレイするデータの確認が大事です!
私もテストプレイを頑張ります。

痛いゲームが好きな方、嫌で無い方はぜひどうぞ。
痛いゲームを作りたい方はこちらの紹介文を参考にすると、とても平和な時間を過ごせると思います。

本当、合わないプレイヤーを遠ざける配慮は大事!

***

「合わないゲームをプレイしたら直ちにやめればいい」というのは正論で、私もそう思うんですけど、前提条件として「もう二度とプレイしたくないゲーム」というジャンルが、ゲームで痛い目にあった人にはあるのです。

だから、そういうゲームに当たったら大変なの!!
当たった時点で激怒するので。
それが地雷というものなのです。

だから、地雷がある人はすごく頑張って地雷回避するようにして、慎重にゲームを選んでいるし「気軽には」遊んでないはずなんですよね…。

「面白くない」と「痛めつけられる」は全然違う。

私の感覚で言えば「私、あなたが作ったゲームで楽しく遊んでいたのに、なんでそんな意地悪するの!!ひどいよー!!」という感じです。
それが「痛めつけられる」ゲーム。

意地悪された時点で泣いてるので、それは無かったことにはならない。
だから、紹介文って大事だと思います。
制作者さんだって、プレイヤーを泣かせるためにゲーム作ってるわけじゃないと思うので。
意地悪要素、地雷要素、苦手要素が含まれていることがわかって、それでもプレイしていたら、別に意地悪されても泣いたりしないです。(というか、意地悪要素を知らせてくださる時点で親切)

まあ、苦手なゲームは、大抵はプレイしないですけど…。
なので、こちらの作品のような紹介文が増えてくれたら、私は嬉しいです。
制作者さん、ありがとうございます!
【END ROLL】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:探索要素が多めな、絶望系RPG
サークルさん:せがわさん
プレイした理由:制作者さんの別作品が好きだったので
プレイツール:RPGツクール2000 VALUE!

1.02でクリアしました。
面白かったけどつらかったです。(つらいゲームだって、わかってた)
つらかったけど感動しました…!!

とても面白かったです。
おすすめですが、プレイの際は自己責任で!
ではネタバレ感想ー。

***

素敵な感想がたくさんあった通りの、素敵なゲームでした。
最初から、きつい描写があるので「こんな鬱ゲームだなんて思わなかった!」と怒る人はいないはず。いないはず!

でも、皆、幸せにしてあげたかったね。
無力な大人で本当にごめんなさい…。

***

もうさあ、自分の部屋がなくて、日記帳を「浴室の、誰も使わない引き出しの奥」に隠している、誕生日を祝ってもらえない子が闇落ちしても仕方ないよね!

と思うんだけど…。

でも、その子に親切にした人が理不尽に無残に殺されるのは、違うよね…。(涙)

本当、なんで、なんでこんなことに…ということの連続で、無力な私は、ただプレイを続けることしかできませんでした。
でも、ほのぼの可愛くてゲームとして面白かったです…。うう…。

***

豪邸に、仲良くも無いクラスメイトを含めて全員呼んで、料理人のお父さんがふるまう料理とケーキでバースデイパーティーを開く子、私は、仲良くなかったらたぶん好きじゃないと思います。
でも、仲間外れにされて、一人だけパーティーに呼ばれないのも嫌だよね…。

そんな中、自分も同じ日に生まれていたらと思うと…!
誕生日を祝ってもらえない自分が、盛大に誕生日を祝ってもらっていて「それを見せびらかす」人に幸せを見せつけられたらつらいよね…!

でも、友達になったらいい子だったよ…。
盛大に自慢していたように見えても、料理人のお父さんとは「誕生日くらいにしか会えない」って、会うのを楽しみにしていたってわかったよ。
完璧に幸せじゃなかったんだね…。

とか、そんな感じのことがいっぱいです。
もう、どうすればいいのかわからない。
どっちの気持ちもわかるよ!

***

「知らないこどもは見ないふり」とか…。
大人の私には刺さります…。(涙)
だって下手に関わったら、今の時代、大変だし…。

このゲームのように、優しさで手を差し伸べて、悲惨なことになるケースも無いわけではないので…。
難しい!
一応、赤ちゃん連れの方とか妊婦マークをつけている方には、余裕があれば電車で席を譲るようにはしてるけど…子供単体に声を掛けるのはちょっと怖いです。

***

共感したのは、懺悔すれば神様は全て許してくれるのなら…と罪を犯すくだりです。
私は、神様はたぶんどこかにはいると思うんですけど、都合よく人を助けたりはきっとしてくれないんだろうな、という気がするので、信仰心が篤い方が苦難の道に落とされるのは本当に切ない気持ちになります。

子供を殺された信心深いお母さんが「神なんかいない」と思うのはすごくよくわかる。
せっかく信仰していたんだから、助けてよ!って私だったら思います。
本当、傷ついた主人公に優しくしただけなのにね…。

でも、主人公が「優しいお母さん」の理想像を見せつけられて、それが「他の子供のお母さん」ということに傷ついてしまう気持ちもわかる。

難しいー!!

***

あと、心を抉られたのは「嫉妬」のエピソード。
私はひどいことを思うときは、なるべくその人に実害が無い「ひどいこと」を思うようにしています。
一番思うのは「今日、一日、全部赤信号に引っかかっちゃえばいいのに!」ということですね…。
たぶん実害、あんまりないしね…。
でもイラッとするしね…。
そして、その人が「赤信号に引っかかるか」は私が左右できることじゃないので…。

嫉妬エピソードは、すごくわかるー!!と思うことばっかりでした。

嫉妬はね…仕方ないよね。仕方ないよね…。(涙)
でも、あんまりひどいことは思わないようにしたいです。なるべく!穏便に!
そして、嫉妬している人に対するゲーム内のコメントがまた、抉られるの!!

でも、嫉妬の対象の人がごく身近、目に見えるところにずっといるのはすさまじいストレスだから、その人が目の前からいなくなるだけで、プラスになることはあると思うの…。

***

そんなわけで、このゲームにはとても価値があるし、制作者さんはすごい方だと思います。
こんなにたくさんの価値観を内包していて、可愛く楽しく表現するのは素晴らしいと思う。

たくさんの方にプレイしていただきたい名作ですが、たくさんの方の心が抉られるのかと思うと…!

プレイの際は自己責任で。
私はプレイしてよかったです。素敵なゲームだと思います。
本当、大人は子供を幸せにしてあげないといけないよね…。
私は運よく、普通に大人になることができてよかったです。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R