忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
【ソフィア・メモリア】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:メインストーリーが素敵なRPG
サークルさん:エフさん
プレイした理由:男女主人公選択可のゲームが好きなので!
プレイツール:RPGツクールMV

バージョン1.00でクリアしました。
エンディングが素敵だったので、制作者さんの新作にも期待したいという気持ちになりました。
でも不満はいっぱいあるよー!

不満はありますが、このゲームはこのままでいいと思います。
ではネタバレ込みの感想になりますので、閲覧にはご注意ください。

***

真由子は制作者さんの前作をプレイして、素敵なところがあったので、今回も「期待して」プレイしました。
真由子が期待した部分は、基本的に全滅だった。
でも、ゲームとしては素敵だと思いました。
この内容で「不満が無く」満足しているプレイヤーさんはいらっしゃると思います。

でも真由子は不満なのー!!

私が前作で好きで、今作に期待したことを以下に書きます。

・女の子主人公を「女の子として」大事にしてくれる仲間キャラと冒険すること

これね!
これを期待していたの!!
私は前作に一緒に冒険してくれた幼馴染のお兄さんが大好きで、だから、制作者さんだったら、女の子主人公を「女の子として」大事にしてくれる男性キャラを一人は出してくださると思っていたの!!

信じていたの!!

でも出てこなかった…。(涙)
なんで?
前作では一人いたのに!!

序盤にわらわら女子ばっかり出て来た時も、各地で名を聞く「かっこいい冒険者さん」がきっと、きっと「6人目」の仲間として出て来てくれるって信じてたのにー!!

最後に加わったのは「あなたなのか…」と思うがっかり女子キャラ。
まあ、彼女のことも嫌いじゃないけど…。

そして真由子は待ち望んでいた冒険者さんとまさかの出会いを果たしました。
まあ、そういう可能性もあるよね…。(涙)

素敵な男性キャラ皆無というまさかの展開にショックを受けた真由子は宝探しなんか全然する気がなかった…。

あと、ゲームの終わりに「オルフェン」を手に入れても全然意味無いんですけどー!!

・プレイヤー真由子が自分で考えて楽しく進める難易度

これね!
私、制作者さんの前作で、ダンジョンで苦労させられた記憶が無いので、今作も楽しくさくさくと進めると思っていたのです。

全然違った…。(涙)
私、とても親切に攻略情報を書いてくださっている、本当に優しいゲーム好きの方の記事にたどり着けなかったら、このゲームをクリアすることは不可能でした。

攻略情報を掲載してくださって、本当にありがとうございました!
ご厚意に、本当に感謝します。

あんな謎解きわかんないからね!!(怒)

真由子が最初に迷ったのは、中央に無地のタイルがあって、その両脇に二枚ずつ、図柄が書いてあるタイルが置いてある部屋です。

何をしていいのか全然わからないから、無地のタイルの上に乗ってみたんですけど、全然何も起きなくて、少し前のダンジョンみたいに「宝箱に入った図柄が入ったタイル」が必要なのかと思って、探索しつくしたダンジョンを泣きながらうろうろしていたのですが、宝箱らしきものがなく「もうわかんないー!!」と癇癪を起こしつつ、ダメ元で攻略情報を探したら、親切に攻略情報を記載してくださっている記事にたどり着きました。

本当にありがとうございます…。

図が書いてあるタイルの上に乗ると、絵が変わって、その絵を「正解の順番で」並べたら、無地のタイルに変化が起きる、という謎解きでした。

わかんないからね!!そんなこと!!

次に真由子が困ったのは、石像がとおせんぼしている屋敷。
石像を調べると、何かアイテムを要求されるんですけど、何を与えればいいのか全然わからない!!

なんでこんなに不親切なのか。

しかも、普通に女神像の前を通ろうとしたら通せんぼされるしー!!
なんでよ…。(涙)

ノーヒントでどうしていいのかわからないので、泣きながら攻略情報を頼りました。
ちゃんと解決方法を記載してくださっていました。
ありがとうございます…!!

解決方法は「主人公ともう一人以外の仲間を先頭にする」というものでした。

そんなことわかるかー!!(怒)

もう最悪ですよ。

しかも、石像が何を要求しているのかさっぱりわからない。
それは攻略情報に書いてなかった…。(涙)

「どうしたらいいのよー!!」と思いながらうろうろしていたら、偶然、変な箱っぽい物を調べて、それでアイテムをゲットしました。

なんで「青い宝箱」じゃないグラフィックで、背景に埋没するように重要アイテムを置くのよ!!
わかんないでしょー!!

これまでは重要なアイテムや調べなければいけない場所は光らせてくれていたじゃないですか!!
勝手にやり方を変えないで!!

わかんないからね!!
私は迷うの!!

しかも、なんか、情報が足りないままに謎解きの部屋に着いてしまって、ノーヒントで適当に絵を並べる羽目になりました。
一人、女の子の魂が足りなかったんですよ…。
なんか、光る本がある部屋に、私は入れなかったの…。

力押しでなんとかしたよ!!最悪だよ!!

それから先のダンジョンも、すごく面倒くさかったんですけど、攻略情報のおかげでそこそこ快適にクリアできました。

だがしかし!!
またしても難関が!!

赤いクリスタルを光らせた後、進んでも進んでも同じ道になってしまう箇所があったんですよ!!
他に光らせるクリスタルがあるのかと思ってさまよったんだけど全然わかんなくて、攻略情報を見たら、中央の黄色いタイルが光っている道を進むと先に進めるって書いてくださっていて!!

しかも答えまで書いてくださっていて!!
ありがとうございます…。(涙)

答えを教えてくれなければ、そんなことわかんないよ。なんでそんな勝手で意地悪な謎解きを用意するのか。
解けない謎なら、無い方がいいよ。
答えが一つしか無いダンジョンで答えにたどり着けなかったら、そこでゲームをやめるしかないんだからね。そういうことをきちんとわかっているのでしょうか。

この最低なダンジョンの数々が、前作に比べて最低だと思った点です。
プレイする際は、攻略記事を見つけてからプレイした方がいいと思います。
このゲーム、現状ではダンジョンに関しては超不親切だから、気をつけてね…!!

***

ここからは「このゲームをプレイして嫌だったこと」を記載します。

・女の子主人公が「男主人公」扱いされていた

たぶん、性別によるシナリオ差分が無かったと思うんですよ…。
省エネと制作者さんの趣味だと思うんだけど、女の子主人公は男みたいだった。
女の子主人公なのに!!
勝手にお姫様にヒロイン面されて「王子様」扱いされたよ!!

でも誤字はあったよ。シナリオ節約したのにね。
誤字は…。

以外→意外
懸命→賢明

あと、助詞が変な箇所がありました。

女の子主人公が可愛いグラフィックだったことだけでも感謝しなくちゃいけないということなのかな…と悲しくなりました。

お姫様が勝手に「王子」扱いした時に、女の子主人公の時だけは「女性に向かって王子なんて失礼ですよね」と言ってくれるだけでも、ずいぶん違ったと思う。

無口主人公+プレイヤーが好きな選択肢を選んで意思表示、というゲームの方針は大好きなのにー!!

***

まあ、そんな感じで不満大爆発なプレイヤー真由子でしたが、冒頭のキャラメイクと、メインストーリーとエンディングはとても素敵だと思いました。

だから、とりあえず制作者さんの新作には期待します。
でも、ゲームの説明文で「仲間になるのは女の子だけです」という記載があったり、男主人公一択の場合は、もうプレイしないと思う。
PR
【Troubadour(トルバドゥール)】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:丁寧に制作された良作RPG
サークルさん:オシブさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールVX

Ver.1.06でプレイしました。
オマケもプレイして、本編もクリアしました。
面白かったです!
少し古いゲームなので、誤字修正が無理かもしれませんが、一応後半にちらっとあり、エンディングには助詞のミスがありました。
助詞のミスは私もよくやるのでわかります…。
たぶん、文章を変えたり迷ったりしたときに、助詞だけ残っちゃったんだろうなあ、と思って…。

私、涙がこぼれなくてちょっともったいなかったなあ、と思ったので…。
目がじわっと温かくなってきたところで「誤字だ!」と思ったり、じんわり感動しているところで助詞のミスに気づいたりしていました。

素敵なゲームなので、そういうちょっとしたミスにも温かい気持ちになる感じですが、誤字は感動の涙を流す障害になるものだなあ、と思いました。

すごく綺麗な文章を書く方なので、絶対きちんとテストプレイなさっているはず。
でも、それでも残る。それが誤字と誤表記。

だから本当、ミスが見当たらないゲームってすごいな、と思います。

ではネタバレ感想です。

実は、私はこのゲームを何度か見かけていたのですが、意図的に避けていました。
理由は、主人公がなよっとしてイラっとするタイプの頼りない吟遊詩人(男)だと思っていたからです。

私、イラっとする男の人は嫌い…。

でも、本編の主人公はなよっとしていたけどイラッとしなかったよ!
過去はかなりイライラしましたけど…。
私、制作者さんの手紙読んじゃったからちょっと罪悪感があるんですけど、正直に言う。
過去の主人公は最低だと思う…。

酒場のお客さんを満足させられなくて、雇い主の酒場のマスターがものすごく怒ってるのに「頑張ったのに」とか言ってる場合じゃない。
まずは「お客様を満足させることが出来ず、申し訳ありませんでした」って謝らないと…。
喧騒の中で聞こえないような声で歌ったんじゃないかと思うんだけど(本編で声が小さいという描写があったので)それで「頑張った」はないよね…。

正直、頑張らなくてもお客さんが喜べば、商業的にはそれで成功だと思う。
私、怒ってるお客さんの対応をしなくちゃいけないマスターが可哀想だなあ、と思いました。

***

まあ、そんな感じで、クライマックスで出てくる主人公の過去の情けなさはがっかりする感じなんですけど、本編はとても素敵でした。
ゲームとしても面白かったし、メインキャラ、モブキャラ含めて魅力的で、会話に意味があり、楽しかったです。
考えさせられる楽しさがあるゲームって、私は好き。

***

私、ゲーム本編のように、主人公は人助けをして喜んでもらってから、お世話をした人にステージを用意してもらって歌うのが一番いいと思う。
好きな人、お世話になった人が頑張って歌っている姿を見るのは嬉しい気持ちになると思うし…。

たぶん、それなら歌がすごく上手じゃなくても褒めてもらえると思うよ。

***

個人的には、大きな戦争を避けるには、小さな地域、あるいは個人でいろんな国の方と仲良くするのがいいのかなあ、と思いました。
お互いに責めあっていたら、いつまで経ってもずっといがみ合うんだなあ…とゲームをプレイしてしみじみとしてしまいました。

基本的に、良い人、根が善良な人が多く出てくるので、プレイしていて楽しかったです。
とにかく、よく話し合い、相手のことを良く見ているキャラが多くて嬉しかった。
自分勝手にガーっと喋って、勝手に行動するキャラがいないっていいよね…。

モブキャラと会話をして発生するサブイベントもすごく面白かったです。

***

ダンジョン内でもどこでもセーブが出来、いつでもダンジョンを脱出することも序盤から出来るようになり、特筆すべきは、途中で脱出したポイントに戻ることが出来るアイテムが貰えることです。

私は、この機能はすごく珍しいと思いました。
すごく楽で楽しかったー。

でも、オマケダンジョンではなんかもうエンカウント面倒で嫌だったので、エンカウント無効アイテムが欲しかったなー。
私は先制攻撃スキルをつけて、先制攻撃チャンスを多く作り、より確実に逃走出来るようにしていました。

だって本当、雑魚戦闘面倒くさいのよー。

***

ボーナス宝箱は楽しかったんですけど、私ははずれを引く回数が多くてイラっとしました。
別に、危なくなったらすぐに脱出できて、安価で宿屋に泊まれるからはずれでも、実害はほとんどないけど、でもはずれをあえて入れる意味があるのか。

武器の合成も割と面白かったです。
一本道のゲームなのに、不満がほとんどなく、満足できる素敵なゲームでした。
私にとって、宝物のゲームの一つになったかもしれない。

「うっとうしい系のイラっとする主人公っぽくて嫌だな」と思って避けているプレイヤーさんがいたら、試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。

最初の森を抜けて、しばらく頑張ってプレイしていただけたら、このゲームの魅力をわかっていただけるのではないかと思います。

それでも主人公にイラっとする方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
【レベリオン】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:イベント探索が楽しいマルチENDRPG
サークルさん:mobcharacter57さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールMV

Ver.1.00でプレイして、ENDを二個見ました。
とても面白かったです!

以下ネタバレ感想になります。
閲覧にはご注意ください。

私、途中で気づいたんですけど、制作者さんの別作品をプレイしたことあるって!
でも、前にプレイしたゲームと全然違うんですよー!
すごい。

何がすごいって、寒いギャグとか無いのがすごい!!
あと、女の子が可愛いのがすごい…。

びっくりしました。
ハッカ飴もすごく目立たないところにそーっと入れていて、むしろなんか可愛かったし。
ナレーションの人、好きでした!
前のゲームで集めきれなかった勇者伝説を手にしたけど、今回は役に立ってくれて嬉しかったです。

私はこのゲーム程度のメタネタだったらすごく楽しいと思いました。
制作者さんはすごい。
私、作風って絶対変わらないと思ってた。
寒いギャグとかに命かける系の方だと思ってました。

男主人公は終始おだやかで、ヒロインは時々闇落ちしますが、選択肢や行動で回避できるのでよかったです。
楽しかったー。

本当は、最初のエンディングでもうゲームをやめようと思ったんですけど、ゲーム内容が素敵なので、さらに上のエンディングを目指してもう一回頑張りました。

どちらも素敵なエンディングでした。
プレイ出来て良かったです。
イベント探しも宝探しも楽しかった!
会話も楽しかったー。

あと食事も楽しかった!
悪いことをしなくて武器を貰えたのも嬉しかったです。

それから、最初からエンカウント無効のアイテム所持していて嬉しかったです。
最強装備にしたら装備できたから、私、最初からエンカウント無効にできたよ!
嬉しいー。

真由子はこのゲームみたいなゲームで遊びたいなー。
会話が楽しくて、イベント発見が楽しくて、自分の行動がエンディングに影響するのが嬉しい。
あと、うるさい人や怒鳴る人がいないのもよかったです。
わがままな人がいないのも嬉しかった。
あと寒いギャグ言う人がいなかった!

なんかもう、寒いギャグとか嫌なんですよ…。
好きな方がいるのはわかってるんだけど…。(涙)

私は、全然つまんないギャグ言う人は嫌だ…。

楽しくプレイ出来る、マルチENDRPGをお探しの方はぜひどうぞ。
【サーヤ3 -四季を探して-】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:感動する王道ファンタジーRPG
サークルさん:サークルN-Gameさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:WolfRPGEditor

Version1.00、イージーでクリアしました。
感動しましたー!
感動して泣きました。
じんわり泣く感じではなく、涙がボロボロ零れる感じです!
プレイしてよかったー。

ではネタバレ感想です。
本当にネタバレしますので!

***

真由子はもう一個のエンディングというのを本当に見たかったのですが、あの面倒くさいダンジョンを再度全部クリアする気力が全く無いので諦めます…。(涙)

もう本当、ダンジョンクリアするのが大変だった!
一回クリアできただけで奇跡なので、もう一回は無理!!
絶対に嫌だ。

ああ。私の愛するゲーム「Amateur's Garden」のように謎解きスキップや、正解ルートを導く→をつけてくださっていたのなら、もう一回頑張れたのになー。

だって、もう一個のエンディングの条件とかわからないし。(涙)
ハードモード必須とか無理だからね…。

***

でも、本当に素晴らしかったです。
私、サーヤちゃんも王子様も、春の精たちも、女王様も大好き!!

本当にダンジョンがきついので、軽々しくおすすめはしませんが、頑張れば感動のエンディングを見られると思います。

あの王子様が本当に立派になって…。(涙)

本当、ダンジョンの謎解きスキップ実装されたら、私は全力でゲーム好きのプレイヤーさんにおすすめするんだけどなー。
絶対、プレイした方の何割かは「こんな謎解きやってられるかー!!」ってなると思うのです…。

吹雪の雪山は見えづらくて面倒だったし、雷鳴の塔は長かったし!!
最後の謎解きも面倒くさかったー!!

何度投げ出そうと思ったことか!!
でも私は皆のハッピーなエンディングが見たくて頑張った!!

頑張ってよかったです。
スポンサーガ系の、万人にはおすすめできないけど宝物のゲームの一つになりました。

あー。もう一個のエンディング見たかったなー。(涙)
【スピアーズオブヴァルキリー(Spears of Valkyrie)】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:王道ファンタジーRPG
サークルさん:モッチンさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールMV

クリアしました。
たぶん、真由子は第6章進行バグに引っかかったプレイヤーの一人です。(笑)
クリアできないかなーと思ったんですけど、少し時間が経ってプレイしてみたら進めたのでよかったです。
気づいてくださった方、ありがとうございます!
真由子は普通に諦めるところでした。

こういうとき、ブラウザゲームは便利だなーと思います。

***

不満点も書きますので、ネタバレ等嫌な方は閲覧しないでください。
ではいきます!

一番の不満は画面が上下切れていたことですね。
真由子はフルスクリーン嫌で、なんとかしようと思ったの!!
でも出来なかったの…。(涙)

上が切れてるのはちょっとむっとする感じを我慢すれば良かったんですけど、下が切れてるのは三行目が読みづらくて非常に不快でした。
でも仕方ないと我慢しました…。

なんで、でっかい画面にこだわるゲーム制作者さんが多いんだろうね…。
私はゲーム画面が切れるのは嫌だー!!

***

真由子がなぜ画面が切れているのを我慢してまでこのゲームをプレイしたのかというと、ネタまみれ、メタ発言、ロリコン男が出てこない王道ファンタジーで、エンカウント率に悩まされることなく、途中にはプレイヤーの意志を反映するようなイベントがあって、面白かったからです。

イージーは超簡単で「こんなに雑魚戦闘に悩まされないRPGって素晴らしい!」と思いました。
イージー、万歳!!

たぶん、難易度が高いと、雑魚戦闘やボス戦闘は極めて熾烈だと思われます。
私、植物を全部斬りまくったところで地道に雑魚戦闘をした以外はレベル上げとか一回もしませんでした。

だから、特に無駄な時間を過ごしたという感じがなく、大変よかったです。
快適で不快なゲームでした。
総じて、面白かったです。

***

ストーリーのネタバレ。
このゲームは未完というのがふさわしいかもしれないですね。
切りが良いところまでプレイさせていただいた感じがあるので、私は面白かったんですけど。
続編は一作目よりプレイヤー数が基本的に減るので、制作者さんがゲームをたくさんの方にプレイして欲しいと思うのなら、画面切れの対策はしておいた方が良い気がします。

私は、また画面が切れるのなら、もしかしたら続編はプレイしないかもしれません。
だって、やっぱり三行目が読みづらいの嫌なんだものー。(涙)

でも、制作者さんが大きい画面にこだわりたいなら、好きにしたらいいと思います。
フリーゲームだしね。






忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R