忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
【呪われた人魚姫】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:謎解きとやり込みが楽しいマルチENDRPG
サークルさん:mokoさん
プレイした理由:面白そうだと思ったので
プレイツール:RPGツクールVXAce

ver1.0でクリアしました。
ヒントを見ずにエンディングを二つ見られて、面白かったです!
以下ネタバレ感想になります。
閲覧にはご注意ください。

私、制作者さんの前作もプレイさせていただいて、面白かったんですけど、あとがきを見るまで同じ方が作ったゲームだとは思わなかったのでびっくりしました。
でも、テイストが似ていますよね。なんで気づかなかったんだろう。

今作は、軽い謎解きがものすごくたくさんあって、すごく楽しかったです!
たぶん、真由子は6割程度しか解いていないと思うんですけど、運よく「END分岐に関わるアイテム」は一周目で入手できました。
正規ENDじゃない方から先に見たんですけど、怖かったー!!
でも、内容は楽しかったです。(フィクションなので)

***

謎解きが強制じゃないのがすごくよかった。
楽しかったー!!
そして、なんだか知らないけど、どちらの最終バトルも楽勝で嬉しかったー。
武器やアイテムが多彩で、すごく嬉しかったです。

私のプレイしたバージョンでは誤字がかなり多く、あと、お嬢様の必殺技「二回行動」を発動したら全く行動しなかったという悲しいエラーがありましたが、その必殺技を使わなければ全然平気だったので、全く問題無かったです。
お嬢様は、きっと制作者さんに最終テストプレイしてもらえなかったんだね…。
仕方ないよね。仲間になるキャラ、たくさんいるもの…。

私はお嬢様、好きでした!
お金がたくさんあって、お買い物が楽しかったー。
でも、それでも高額防具には手が出ませんでした。

分岐もイベントもたくさんある神話系RPGをプレイしたい方はぜひどうぞ。
二作ともすごく面白いゲームを作れる制作者さんはすごいと思います。
PR
【絶対に笑わねばならない24日】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:たぶん男性プレイヤーさんの方が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:君の旅人さん
プレイした理由:やり込み系RPGなのかなあ、と思ったので
プレイツール:RPG VX Ace

一番簡単な難易度でクリアして、オマケ部屋(祝勝会)も見ました。
面白かったけど、えぐかったです。いろいろと。
基本的には、私はこのゲームのプレイ対象者じゃなかったと思います。

でもゲームとして面白かったので、クリア記念に感想を書きます。
プレイ対象者じゃない私の感想なので、読み流してください。
本当、いつも以上に完全に、自己満足の感想です。

***

これ、私が嫌いなジャンル「萌えキャラゲー」でした。
でも、ゲームとしてすごく面白かったのー!!
正確に言えば「ゲーム部分が」すごく面白かったです。
あと、たぶん敬語キャラの言葉は変なところがあったと思います。
個人的には、敬語とか、そういうことがやりたいならちゃんとやった方がいいと思う派です。
「なんて綺麗な言葉を使う女の子なんだろう!」と感動するくらいにやってくれたらいいのになー。

まあ、たぶん、萌えキャラゲーを好んでプレイする方はあんまり気にしないかもしれないから、放置でもいいかもしれないですけど。
「はじめにお読みください」テキストの丁寧な内容と、変な日本語があんまり結びつかなくて、なんか残念だなーって思いました。
綺麗な言葉を使う方だと思ったのに。
誤字もなかったし。

あと、オマケ部屋の「アルアルうるさい」はそう思った。私も!

そして、なんでそんなに「個性」とか「特徴」にこだわるのか、本当に意味がわからないー。
普通に生きていたって、皆、個性的で特徴があるのに、なんでそれを変な風に強調してむりやりくっつけて面白がるんだろうね…。
変なの。
敬語キャラが綺麗な日本語を使ってない時点で個性としては終わってると思う。

***

ではゲームとして素晴らしいところを!!

・マップがものすごく綺麗!!

私はゲーム紹介画面で、マップの美しさにすごく惹かれました。
プレイしてみたら、紹介画面よりずっと綺麗でした。すごい!!
画面だけ見たら絶対、女性も嬉しいのになー。

・サブイベントが楽しかった!!

サブイベントがすごく楽しかったですけど、料理の材料集めは地味に面倒くさかった。
すごく豊富な数だと思ったんですけど、オマケでは削りに削り取られたというようなことが書いてあったのでびっくりしました。
制作者さんは頑張っていたんですね。すごい。

・敵に状態異常がガンガン効いたよ!!

これ嬉しかったー!!
ラスボス、全然攻撃させないでハメ殺しました。
嬉しい!!
そういうことやってみたかったのー!!

毒、沈黙、麻痺、封印、スタン、混乱、ふふ、楽しかったー!!
混乱しているボスを攻撃して正気に戻し、また攻撃して混乱させる。
まさに私こそがラスボスの上を行く裏ボス的な!!

・エンカウント率10パーセントでプレイしました

このゲームって、エンカウント率操作できるんですよ!!
嬉しいー!!
だから、綺麗なマップをのんびり歩いて、楽しく宝箱を取得できて幸せでした。
雑魚戦闘を1回もやらないでクリアできるかなーと思ったんだけど、それは無理だった!(笑)
でも、たぶん10回くらいしかやってないです。
しかも、雑魚戦闘サクサクなの。一番簡単な難易度だから!!

・ジェム合成楽しかったー!!

楽しかったです。
状態異常付与の鬼になりました。

・スキル技セット楽しかったー!!

楽しかったです!!
強い技がたくさん!!
どれを選んでも強いんだ。嬉しいー!!

***

素晴らしいゲーム部分。
こんなにゲーム部分が面白かったら女の子キャラが多少変でも、どうでもいい!!
でも、本当えぐかったです。
だから、個人的には女性プレイヤーさんにはおすすめしません。

以下、えぐい内容を知りたい方だけご覧ください。

***

・仲間の女子キャラが、自爆した後に血を吐く

これ本当、びっくりした。(涙)
なんかもう、仲間の子が怖くて一緒にいたくなかった。(でも最後まで一緒にいました。嫌だった)
だって気持ち悪いんだものー。

・いじめ自殺の描写があり、ものすごくえぐい

これ、こんなにひどい描写の必要あったの?
っていうか、私が状態異常付与のハメ殺ししてあげてもいいよ。
いじめっ子の人に。

特に、いじめの描写は嫌でした。
耳を覆いたくなるような可哀想な事件がまた報道されていたけど、ゲームの中でくらいは助けてあげてほしかったなあ。(というか、現実でも助けてあげてほしいのですが)

なので、上記の描写が地雷な方にはおすすめしません。
私は基本的に「いじめの描写」は見ていてつらくなるので避けるんですけど、このゲームは突然ドカンとやってきた上に、自殺するとは思わなかったので避けようがなかった!!

私は綺麗なマップを楽しく歩くファンタジーだと思っていたので、このゲームのえぐみには本当にびっくりしました。
でも、人によってはそういうテキストが好きなのでしょうし、それがシナリオを書いた方の良いところでもあるかもしれないので、私の感想は適当に読み流してください。

本当、この作品に関しては、偶然、プレイ対象外の私でも楽しくプレイできたという、一種のミラクルなので。
だから、記念に感想を書きました。

特に地雷がなく、ボスをハメ殺したい気分の方はぜひどうぞ。
【三つ子赤ずきんとふしぎの森】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:温かい世界観と優しい人間関係に感動するRPG
サークルさん:茶川あくたさん
プレイした理由:素敵な感想が複数あったので
プレイツール:RPGツクールMV

ver.1.00で、END4とサブイベント全部回収、本編ENDとエクストライベントを見ました。
ネタバレ疑問なんですけど、エクストライベント後のエンディングは、現状では無いっぽい感じなのかなー。

赤ずきんちゃんと仲間たちの冒険はまだまだ続く!!ということであれば、それでいいのかな、と思います。
私はエンディングが見たくて、とりあえず14日までベッドで寝てみたけど何も起きなかった!

***

ここからは思い入れたっぷりのネタバレ感想になりますので、閲覧にはご注意ください。
私、このゲームで感動して泣きました!
ゲームで泣くほど感動できて嬉しいです。

やっぱり素敵なゲームで遊べるって素晴らしい!!

***

私は最初、このゲームを一生プレイするつもりはなかったのです。
理由はシンプル。

「主人公の赤ずきんちゃん、三人もいらないんじゃないの?」と思ったからです。
私の宝物のゲームって、基本的に主人公が一人のことが多いのです。
主人公の数が多くなるとイベントや人間関係が薄くなって「一人に絞ればいいのになー」と思うことが多いからです。

あと「赤ずきんちゃん(女の子)が三人もいるなんて多すぎる」と思いました。
私、三つ子のうちの一人が男の子だって知らなかったし、そう思わなかったの!!

でも、このゲームに対する素敵な感想を複数読んで「ちょっと遊んでみようかな」と思いました。
どの感想もとても素敵で、物語を読むのが好きな方と思えて、いわゆる「萌えキャラゲー」を高く評価する感じではなかったのが、心が動く切っ掛けです。

感想を書いてくださったプレイヤーさん、ありがとうございます!!
個人的には、大人も楽しめる上質な児童文学という感じがして、宝物のゲームがまた一つ増えました。嬉しい…!!

***

以下、語ります。
なるべくネタバレし過ぎないように気をつけますが、愛が溢れすぎているのでご注意ください。

***

私が感激したのは「ゲームオーバーが無かった」ということです。
普通のゲームって、戦いに負けるとゲームオーバーなんですけど、このゲームは「時間経過」というペナルティが課されるだけで、普通にゲームを続行できます。

セーブし忘れても、ダンジョン内でセーブできなくても、とても安心!
私はボスバトルで一回負けて、この仕様に感動しました。
まあ、負けバトルでアイテム使っていたので、戦う前のデータでやり直しましたけど…。

あと、END4を見た後に「正規のENDではなかったので」夢オチということになって、選択肢が発生するイベント前まで戻していただけた時は感動しました。

制作者さん、なんて優しい…!!
優しくて温かい世界、人間関係を描ける方はプレイヤーにも溢れる優しさを注いでくださるのです。
なんて嬉しい。なんてありがたい…!!(涙)

他にも嬉しい仕様がいっぱい!!
サポートキャラは一人しかバトルに組み込めない仕様なのですが、バトルをしていないキャラにも一定の経験値が入る仕様になっています。

なんて嬉しい!!

サポートキャラとの友好度があるのですが、一緒に戦闘をする他に、プレゼントをあげると上がるようにしてくださっています。
雑魚敵と戦うのが面倒くさいけど、でも仲間キャラとは仲良しになりたい私に嬉しい仕様!!

嬉しい…。(涙)

あと、雑魚敵の配置が緩くて、動きものんびりしているので、戦いたくない時はあっさり軽やかにかわして進めるのです。

楽しいー!!(感涙)

泣くほど嬉しいし、泣くほど楽しいバトルの仕様。
迷路も可愛く、迷いにくくて本当に楽しく進めました。
こんなに安心してゲームを進められたのって本当、久しぶりな気がする…。(涙)

「私、クリアするの無理かなあ」って思ったことが一回もありませんでした。
これも全て、制作者さんの優しい気配りのおかげです。
楽しく安心してゲームをプレイして、嬉しい気持ちでエンディングに到達できるのがこんなに嬉しいなんて…。

***

では、この素敵なゲームに出てくる登場人物のご紹介と私の感想です!
ネタバレにご注意ください。

・究極おじさん

私、この人大好きなのー!!
彼の最終イベントで感動して泣きました。
最初は「不愛想なおじさんだなー。感じ悪い!!」と思っていたのですが、本当、最後のイベントはよかった。

おじさん、お友達ができてよかったね…。
マルちゃんのような優しくて明るい笑顔の可愛い子がいると、本当、幸せな人が増えるし、世界が平和になります。

・マルちゃん

私、マルちゃんが三つ子の中ではものすごく好きです。(他の子も好きだけど、他の子の好きを好きの100倍とすると、マルちゃんは10000倍くらい好き)
マルちゃんの笑顔はコーダくんと私を癒してくれる!!

初めて会った時は「ポジティブ系おバカさん」かなーと思っていたんですけど、全くそんなことはなかった!
すごく優しくて、人の顔と心をまっすぐ見つめてくれる子でした。
私、尊敬する…!!

あと、マルちゃんは絶対に人のことを否定しないし、嫌わないの。
本当に素敵。本当に優しい。
マルちゃんは素敵な大人になって、たくさん夢を叶えて、コーダくんのお嫁さんになると思います!!

本当、コーダくんと幸せになってほしい。
私、こんなに熱烈に応援するカップルに出会えたのは久しぶりです。

・アルくん

私が女子だと勘違いしていた三つ子ちゃんの一人。
ごめんね。男の子だったね…。

アルくんは、女子っぽいと言われることは気にしていたり、姉妹に挟まれて寝ることを恥ずかしく思っている繊細なところと、周囲に気を遣える賢さと優しさ、不意打ちで人の心を掴む、無自覚系人たらしのところが大好き。

絶対モテるよね。間違いない。
乙女ゲームだったら絶対一番最初に攻略します。間違いない。

・ピーちゃん

私、最初はピーちゃんが嫌いだったの。
キツいこと言って人を真正面から傷つけて、謝らない子だと思ったの…。
では違いました。
ピーちゃんは人を傷つけたことを申し訳なく思って、きちんと反省して謝る良い子でした。
あと、たぶん、三人の中では一番傷つきやすい。

ピーちゃん。行きたがっている街に、いつか遊びに行けたらいいね。
そして全力でコーダくんの恋を応援してあげてください!!お願い!!

・アルシェちゃん

アルシェちゃんは、もしかしたら三つ子ちゃんにかかわって、一番変わったかもしれないです。
最初会った時よりエンディングのアルシェちゃんの方がずっと好き。
アルシェちゃんの夢が叶うことを願ってます。

・ウェーナーおにいさん

三つ子の優しいお友達。
いろいろ苦労していそうですが、頑張ってください。

・クーおねえさん

まあまあ好きかな、という感じ。

・コーダくん

大好き!!
マルちゃんとセットで大好き。
単体だとアルくんに劣ります。
いいんだ。コーダくんはマルちゃんのモフモフだからね…。
彼も、すごく成長したと思います。

本当、マルちゃんと幸せになってね…!!

***

このゲームを見かけた直後に「プレイしない」と決めた私のようなプレイヤーさんの心を、ほんのわずかでも動かせたら嬉しいです。
とりあえず、遊んでみてください!!
面白いゲームに出会っているのにプレイしないのは人生の損失なので!!

ゲームで遊ぶのが大好きな方が、どれだけ面白いゲームを求めているのかは、私、すごくわかります。
だから「小さい子が頑張ってるのを見てほのぼのする系ね」と侮っている方にこそ!!
プレイしていただきたいです。

私、本当、感動して泣いたので…。
心底癒しを求めている方にもすごくおすすめです。

本当、主人公は三人必要でした。
一人じゃダメだった…。
私の認識が間違っていました。ごめんなさい!!
【芥花】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:じんわりと考えさせられる素晴らしいRPG
サークルさん:クーネリア / CUNERIAさん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:RPGツクールVX Ace

三編クリアしました。
自力でクリアした後、攻略情報を拝見して、見たかった卵の掌編を見ることが出来ました。
以下ネタバレ感想です。
未プレイの方は私の感想を読まずに遊んでみてください。
本当に素敵なゲームです。

でも時間が取れない方は、セーブに気をつけて!

***

死因は、まだ三人、見ていない子がいます。
見たいけど、とりあえず回復アイテムが足りないので、ちょっと心が回復したら、また周回したいです。

***

ゲームシステムで素晴らしいと思ったのは…。

・レベル上げの概念が無い
・バトル後、自動で全回復

です。
素敵!
そして雑魚戦闘が全く面倒でない仕様なのです。
理由は以下の通り。

・逃走成功率100パーセント
・「処刑」しまくると確実に相手が死亡

この仕様はすごいな、と思います。
この仕様があったから、セーブの煩雑さをカバーしていると思う!
でも、セーブポイントの少なさ、特にイベントバトルの直前にセーブポイントが無いのは相当面倒くさいです。
特に数分しか時間が無いけどゲームで遊びたい方には向かない感じ。
それがもったいないなーと思います。
こんなに素敵なゲームなのに、仕様でプレイヤーを選ぶなんて、本当にもったいない。

***

個人的に、このゲームを作ってくださった方(調整してくださった方)は相当ゲームで遊ぶことがお好きな方だと思う。
特に、ゲームが下手なプレイヤーさんでも絶対に「クリアすることだけは」出来るようにしてくださっているのがすごい。

でも、このゲームの面白いところは、適当にさらっとプレイしただけでは味わえないようになっているのが、またすごいところです。

※超壮絶ネタバレ注意※(スポンサーガというゲームのネタバレ含みます)

そういうところが私の大好きなゲーム「スポンサーガ」にちょっと似ているなーと思ったら、自由編の主人公のみクリアのエンディングでスポンサーガと同じテーマをぶつけられて衝撃でした。

私、スポンサーガの四択の正解、数年たってもわからないのに!
また、同じテーマを全然違うゲーム制作者さんから剛速球でぶつけられるとは思わなかった。
すごい。

何が正解なんだろうなあ…。
私はどうしても、自分が嫌いじゃなくて、何にも悪いことをしていない「悪の芽」を摘むことは選べないです。どうしても!
でも、その悪が壮絶に大嫌いだったら迷わず排除する。

「卵」の掌編は泣きたくなるほど嬉しかったです。
卵ちゃんのお母さんは素敵な人よ。

***

私は、基本的に女の子しか出てこないゲームを大好きになったり宝物になったりすることってほとんど無いのですが、このゲームはものすごく大好きで宝物です。
個人的にはスポンサーガレベルで大好き。
延々と語り継ぐ大好きなゲームになったと思います。
ただセーブがね!
詰み警告した上でどこでもセーブだったら万人におすすめできるのに!

でも、本当、素敵で魅力的な登場人物だからこそ、悲劇に心が削られる!!
そこが素晴らしいところでもあるのですが、心がまいっている時にはおすすめしません。

***

グラフィックも音楽も素敵で、登場人物も本当に魅力的です。
罪人さんたちも好き!!
マップも綺麗で、歩いていて楽しかったです。

本当、セーブ、セーブだけが…!(涙)
セーブしにくいと、どんなに素敵で素晴らしいゲームでも見限られてしまうことが多くあるので、本当、気が向いたら改善を考えてみてほしい。
ゲームにたくさん時間を使えなくても、ゲームで遊ぶの大好きなプレイヤーさんはたくさんいるし、ゲームやっている最中にやめなくちゃいけなくなることもいっぱいあるんです…。

本当はもっと語りたいけど、万一に、ネタバレしすぎてこのゲームへの感動が薄れてしまうと思うともったいないので、この辺でやめておきます。

***

全ての死因を見ました!
あと、とある女の子を助けられて嬉しかったです。
攻略情報、本当にありがとうございました!

そして、逃走成功確率100パーセントではなかった…。(笑)

本当に素敵なゲームでした。
宝物のゲームがまた一つ増えて嬉しい!
鬱系、悲劇がお好きな方はぜひどうぞ。
ある程度、時間がある時にプレイすると良いと思います。
【WorldDestiny】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:遊びやすいけれど粗削りな長編RPG
サークルさん:マグマさん
プレイした理由:『勇者ヴェルネと砂漠の雨』が大好きなので
プレイツール:RPGツクール

クリアしました。
まとまっている結末だとは思うんですけど…微妙!!
このゲームの満足感を考えると、制作者さんの別作品『勇者ヴェルネと砂漠の雨』の完成度は素晴らしいんだなあ、と改めて思いました。

以下、ネタバレ感想!!

***

このゲームって『勇者ヴェルネと砂漠の雨』のその後の物語なんだなあ、ということが『ヴェルネの剣』を装備した時点でわかりました。私、理解が遅い。(笑)

日本語がおかしいところがたくさんあるし、誤字は多いし、とにかく粗削りです。
でも、このゲームはこのまま置いておいて、別ゲームを作ってほしいなー。
私は、大好きな『勇者ヴェルネと砂漠の雨』レベルの完成度のゲームで遊びたいですー!!

***

でも、ツボを調べまくるのも、宿屋さんの薬を頂戴するのも、依頼も楽しかったです。
私は、理不尽な行動を取る主人公に愛想を尽かしながら、それでも『約束』を守ってくれたアイちゃんに、あの時点で恋をしていたので、アイちゃんがよかったー!!
ヒロインのルティアは嫌いです。
なぜなら、私は彼女から迷惑しか掛けられてないからー!!(涙)

まあ、正確に言えばルティアの両親がルールを破って結婚した挙句、何にも考えずに子供(ルティア)を作ったことが全部悪いんじゃないのよー!!

という、その一言で終わるよね…。

私が一番感情移入したのは、何にも悪いことをしていないのに殺された廃墟の街の人々なので。
だから、ルティアには幸せになってほしくはなかった…。
だって、全部ルティアの両親が、思慮が足りなかったから悪いんだよ…。
せめて、子供さえ作らなかったら戦争はきっと起きなかった…。(涙)

まあ、そんな感じです。
だから、中盤から終盤にかけて、ストーリーの綺麗な流れに全く乗れなかった。

せめて、主人公とアイちゃんが恋人同士になって、ルティアは身勝手な恋を貫いた両親の代わりに失恋の痛みに耐える、とかだったら少しはフェアだと思えたかもしれないです。

なので、ルティアが嫌いな方にはこのゲームはおすすめしません。
プレイして良かったかどうか問われたら、正直、本当に微妙です。

嬉しかったのはヴェルネの剣を所持できたことかな…。
アイちゃんとアップルパイ食べたのは嬉しかった!

個人的には、制作者さんのゲームをプレイするのなら、ぜひ、一番最初に『勇者ヴェルネと砂漠の雨』をプレイしていただきたいです。
『勇者ヴェルネと砂漠の雨』は、綺麗な文章で誤字も無く、敵を含めて「この人が全部悪いんじゃないのよ!」と思う人がいない素敵なゲームなのです!



忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R