忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
【REISE(ライゼ)】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:男主人公の一本道RPGで、結末は人を選びそう
サークルさん:天然水さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールVXACE

クリアしました。
私は面白かったです!
でも、結末はたぶん人を選ぶので、個人的には広まりすぎず、男主人公の一本道RPGが好きな方だけの内輪で「隠れた佳作」という位置にいて頂けたら、とても安心です。
広まりすぎると、たぶんプレイ対象外の方の手に渡り、悲しいことになりそうな気がする…。

私は面白かったです!

私は、このゲームに関しては選ばれた側(面白かった側)ですが、そこそこ時間が掛かるゲームなので、合わないか心配な方は閲覧してください。

ネタバレ注意!

***

個人的にはとても素敵なゲームだと思いますが、現状ではいろいろもったいないです。
もったいないお化けが出るよ。

以下、もったいない箇所のご紹介。

・オープニングから誤字がある

個人的には、あとがき(オマケ部屋)を拝見しても、かなりしっかりテストプレイしてくださっている印象があるのですが、私がプレイしたバージョンではオープニングから誤字がありました。
これはかなり珍しいです。
作中でも目につくほどには誤字があり、なので、すごく雑な印象になってしまってもったいないです。
すごく丁寧に作られているはずなのに!

誤字が気になる方は、たぶんバージョンアップを待った方がいいと思います。

・素敵なアイテムや装備品がたくさんあるのに、お金入手のイベントが少ない

これはわざとだと思うんですけど、私はもったいないバランスだと思います。
なぜなら、一本道のゲームを二周してくださるプレイヤーさんはほとんどいないので、誰にも使われない装備品とか出てきそう。
せっかく頑張って作ったのに!
お金を稼げるイベントがもっとあれば、やり込む方は一周目から、アイテムや装備品等コンプしてくださると思うのになー。

お金を稼ぐイベント、もしかして、私が見逃しただけで、もっとたくさんあるのかもしれないですけど、私が見逃すということはわかりにくいということなので、やっぱりもったいないと思います。

・仲間キャラ以外の顔キャラがいっぱいいるのに、イベントが無かった

これも、もったいないですよねー!
でも、きっと、イベント作るの疲れちゃったんだろうな、とオマケ部屋を見て思いました。
すごく素敵なのに!顔グラフィックもちょっとした会話も素敵だったのに!

仲間が選べて、仲間イベントがあって、個別ENDがあったら私の中では宝物のゲームの一つになったかもしれないです。

でも贅沢だよね…。わかってる…。

・冒頭の村マップが貧相すぎる

私は、主人公の出身の村が貧相すぎてびっくりしました。
とりあえず、ちょっと時間があったから続けたけど、忙しかったらゲームを切り捨てているくらいがっかり感がすさまじい。

これは、たぶん、次に出てくる城下町の素晴らしさと比べさせたかったからではないかと思うのですが、プレイヤーさんがそこまで付き合ってくれるかわからないよー!!

序盤は抑えめで…という構成にするゲーム制作者さんのゲームで、序盤と終盤の面白さの量が違いすぎるゲームは個人的に心配になります。
せめて、もう少し、町中にも調べて嬉しいポイントを増やしたらいいと思うんだ…。

・光るポイントを調べても反応しないところがある

これ、私がプレイしただけでも(隅々までプレイしていなくても)判定が甘い箇所が結構ありました。
きちんと確認しないとダメだと思います。
エンカウント率低くない上に、逃げにくいんだから、わざわざ光る場所に行って反応しなかったらがっかりする…。
逃走確率100パーセントにしたら、たぶん嫌な思いをする方は減る気がします。

***

そんな感じです。
鍛冶はすごく楽しかったんですけど、鍛冶ができない時にアイテム入手したのがすごくがっかりしました。

ここから超ネタバレします!

***

私は、魔王を倒してから、人間同士の戦いが始まって主人公が苦悩するストーリーが始まるのかと思っていたので、魔王を倒して終わりでびっくりしました。

すごく綺麗な終わりで、終わってみれば「いいゲームだったな」と思ったんですけど。

人を選ぶと思ったのは、主人公と仲間たちのエンディングがきちんと描かれなかったからです。
私は「普通の人が普通に頑張って偉業を成し遂げ、その後、おごり高ぶらずに世界に溶け込んで『市井の人として暮らす』」というのはとても好きで、素敵だと思うんですけど「せっかく頑張ってゲームクリアしたのにこれで終わり!?」と思う方は、必ずいらっしゃると思います。

いや、主人公のエンディングって、あの貧相な村で、待っているのはおじいさんとおばあさんとのんきな男の幼馴染だけ、赤字の畑を耕すのかな…という感じなんですけど。
壮大な冒険が終わってそりゃあないよ、みたいな。

野営またはエンディング前イベントで、個別イベントを起こして、貧相な村での日常に、仲間との未来の彩りがあったら、きっと満足感が得られただろうな、と思いました。
私は主人公や仲間たちがものすごく好きー!!というわけではないので、まあ、エンディングがわからなくても「綺麗な終わり」と思うんですけど…。

キャラクターへの愛着が深い方ほど、寂しい気持ちになるような気がします。

***

冒険中のイベントは魅力的な物が多く、各キャラも、ものすごく好きというわけではないけれど、素敵だな、と思いました。
個別エンディングがなくても別に大丈夫な感じで、好きです。

普通に素敵な人達だったと思います。ゲーム中、嫌な気持ちになることは全然無かったです。
強烈に大好きだと、個別イベント無いと泣くから、私。(笑)
だから、この程度に、やんわりと好きな方が平和なのかもしれません。

人を選ぶ結末かもしれないけれど、丁寧に作られた素敵なRPGなので、そういうRPGがお好きな方はぜひどうぞ。
PR
【ラハと理の魔法生~the 2ndstory~】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:謎解きと魔法学校生活がとても楽しいシリアスRPG
サークルさん:kotonoha*さん
プレイした理由:前作がなかなか楽しかったので
プレイツール:RPGツクールMV

version 1.00でクリアしました。
難易度はもちろんイージー!!
すごく面白かったですー!!

「すべての魔法生様に快適な魔法学校ライフを」ということでしたが、私は前半、中盤は過酷でしたが面白かったです!!
イージーなのに過酷!!
でも頭を使えばクリアできるから楽しかった!!

***

私の喜びと共にネタバレ感想です。
前作の感想も含みますので、閲覧にはご注意ください。

私、前作では整合性が無いことがすごく気になっていたので、今回、最初から最後まで美しく整合性があったことに感激しました。
前作は、私は魔法学校生活を楽しみたかったのに、後半はとある生徒の人生の話になってしまって「素敵だけどこんなはずじゃなかったなー」という気持ちがあったのです。
素敵だったんですけど!!

まあ、だから、個人的には「一本道のRPGだし、多少制作者さんの感情に振り回されても仕方ないかな…」と思っていたのです。
制作者さんの描きたい物と、私の遊びたい物が、かなり違っていたのです。
でもそれは、プレイしている最中にはわからなかったの。

そういうことは、結構あります。

でも今回は違う!!
最初から最後まで、徹頭徹尾、魔法学校生活を満喫しました!!
楽しかったー!!
イベントに無駄なものが一つも無く、全部面白かったです。すごい!!

謎解きもすごかった。楽しかったー!!
真由子はキャラの名前を覚えていなくて(すみません)制作者さんのサイトまで見に行きました。
テストは筆記試験が本格的でびっくりしたー!!
なんとかA級だったけど、運がいいあの子と同等くらいだって。
まあ、なんて妥当な!!

いや、本当、そこそこきちんとゲームで遊んでいてよかったです。
勘とか適当にやってたら、たぶんひどい成績だった気がする。

***

前作と比べて嬉しかったことを書きます。

・マップが妥当な広さでうろうろするのが楽しかった!!

これ、楽しかったー!!
前作は本当、無駄に広くて!!

・全員と会話をするのがものすごく楽しかった!!

これも楽しかったー!!
前作はたいしたことを言わないキャラがザクザクいました。
でも「会話作るの、大変だから仕方ないよね」と思ってました。
今回は、会話内容がすごく面白かったし、何回も話しかけると会話が展開するのがものすごく楽しかったー!!

会話すると点数もらえるのも嬉しかったです。
温かい気配りをありがとうございます!!
私、テストが思ったよりダメだったので、地道に点数稼いでいてよかったです。

・主人公の一人、シエスタちゃんに恋愛要素があって嬉しかった!

最初から決まり切っている恋愛要素ではなく「誰と恋愛するんだろう!?」とわくわくしながら推移を見守り「最終的にこの子か!納得!素敵!」という気持ちになったので、真由子的には文句無しです。すごい!!

・ものすごいハッピーエンド

これ超ネタバレですね。ごめんなさい。
でも、こんなに素晴らしいハッピーエンドは、私の宝物のゲームの中でも稀有な物だと思います。
見渡す限り、不幸な人がいない。
皆、幸せ!!すごい!!

以前「あるキャラを手ひどく振った男と、憎き恋敵が幸せな状況でハッピーエンド(笑)」という極めてふざけたゲームがありましたが、このゲームは本当にハッピーエンドです。

全員が幸福な状況ってすごいことだと思います。
これこそゲームの素晴らしいところ!!
神(制作者さん)の御心次第で世界はハッピーエンドになるのです。すごい!!

***

謎解きも本当にすごかった。
人によっては拍子抜けする方もいると思うんですけど、私はすごいと思いました!
「理」に納得しました。すごい。

イージーモードなのに序盤、中盤が過酷、という点を除けば、本当に何も文句は無いです。
「あなたの頭は考えるためにくっついているんじゃないの!?」と叱咤されているようでした。
イージーモードは力押しでも楽しく進むためにイージーモードだと思うの…。

でも、面白かったです。
今回のゲームは、現状では「プレイした人全員をクリアに導いてあげる!!」という前作の懐の深さは見受けられませんでした。
なんか、個人的にはスポンサーガ的な感じがした。
そこまで、死ぬほど意地悪なわけではなかったんですけど。
後半、人数がそろってからはそこそこイージーモードでした。

なので、誠実にゲームをプレイする方におすすめです。
個人的には大人のプレイヤーさんの方が楽しめると思います。
特に、前半の殺伐とした中で光を探す雰囲気は、私はすごく好きでした。
だから過酷でも頑張った。(笑)

人の多面性を美しく描く、素敵な作品だと思います。
魔法学校ライフと謎解きを楽しみたい方はぜひどうぞ。

最後に、テスト対策として、いろんな情報(特に書庫や図書館での情報)をメモしておくと良いのではないかと思いました。
テストってそういう物だよね。主に暗記が物を言うんだよね…。

【雪の日朝日】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵なやり込み系短編RPG
サークルさん:トド釣り名人さん
プレイした理由:どうしてもゲームで遊びたかったので
プレイツール:RPGツクールVXAce

クリアしました。
面白かったです。素敵なゲームでした!
プレイしてよかったー!

***

でも、制作者さんのサイトに掲載してくださっている攻略情報が無ければクリアできなかったと思います。
ラスボス撃破のために、そこそこレベル上げしたのでそれはちょっと面倒でした。
でも面白かったー!!

***

私、このゲームはトドがすごいという感想が結構あったので「嫌だなあ」と思っていたのです。
なんか、不思議生物が意味不明なくらい出しゃばってくるゲームを好きになったことってあんまり無いから…。

でも、メインテーマは戦争と平和だと思いました。
戦争は嫌で、平和が素敵です。
キャラクターは全員魅力的で、仲間キャラが全員好きって稀有なこと!と思いました。

イベントもすごく楽しくて、私は嬉しかったです。
感動したし、素敵な結末で嬉しかったー!

私のように「トドが嫌だなあ」と思ってこのゲームを敬遠している方は、時間があればぜひ、プレイしてみてください。
基本的にほのぼの進行なので、グロ系の残酷な描写を怖がる必要は、私は無いと思いました。

【幸せに手が届かないから】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:丁寧に作られた力作RPGですがクリア後達成感は微妙
サークルさん:雀村さん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:RPGツクールMV

クリアしました。エンディングを見ました。

…微妙!!

***

そもそも、紹介ページに「ありふれたRPG」というような記載があったので、私は全くプレイするつもりはなかったのです。このゲーム。

でも!!

一生覚えていたいストーリーっていう素晴らしい感想があったから!!
羨ましくなってプレイしてみました。
私も一生覚えていたいゲームに出会いたいの!!

スポンサーガのような、エニスの商人のような、ジルオールのような、影明かしのような、その他たくさんある素敵なゲームに連なる素晴らしいゲームをこの手に…!!

でも…。

私はその方が、このゲームの何に、そんなに感動したのか全くわからなかった…。

とても、とても残念です…。(涙)

泣いていないで、素敵だったところを。

スキルを覚えるのがすごく楽しかったです。
私は一番易しい難易度でプレイしたのですが、ルナ戦の前にレベル上げを強いられてそれはちょっと面倒くさかった。

ネタバレします。

私はパッシブスキル全部と、必殺技に分類する能力値上げのスキルを覚えて、ラスボスはかなり楽に戦えてよかったです。
これ、下手に武器に付随するスキルを覚えていたら可哀想なことになっていると思います。

まあ、そんな感じの説明はあったんですけど…。

***

イベントは丁寧に作られていて、その丁寧さが素敵だと思いました。
でも、紹介文にあったように、ありふれたRPGだと思ったし、特別に面白いということはなかったです。
特に、気持ち悪い百合描写はいらなかったんじゃないかと思います。
あと、主人公が性別不詳の意味ってあったの?

「どうして主人公が記憶喪失になったのか」ということに興味があってゲームを進めていたのですが、全く理解できない展開で驚きました。
これに感動する方がいるのか!という意味でも驚きました。

さらにネタバレします。

***

「飽きた」というのが真実の動機なら、飽きる過程を丁寧に見せてくれないと、私は納得しないです。
なんだかわかんないけど、別人みたいになっちゃった敵を倒して、終わり。

それってなんなの…。

あと、エンディングで、主人公が「これで終わりにはしない」って言ってるけど、過去に遡って起きた事象を変えるわけでもないのに、何を言っているのか。

と、私は思いました。
正直、無駄な時間を使ってしまったという思いが強いので、一応、自分の感想を書いておくことにしました。

感動したっておっしゃる方もいるけど、エンディングまで見て「意味不明」と思ってる私もいるので、プレイの際にはご注意ください。

まあ、フリーゲームだから、制作者さんの好きに制作していいとは思うんですけど、長編だと、ストーリーに全く得る物が無いときつい…。(涙)
ポケモンGOのファンの方には申し訳ないです。
ポケモンGO訴訟への関心の話なので、ファンの方は閲覧をお控えください。
伝聞等の情報なので間違っている可能性もあります。ご了承ください。

***

集団訴訟、起きるかな、と思っていたのですが予想以上に早くて、しかも内容が(私から見れば)軽微なものも含まれるようで、すごく驚きました。

ゲームプレイの被害の範囲がどの程度認められるか、という問題なので、アマチュアですが、ゲームを作る側としてもゲームで遊ぶ側としても関心があります。

***

「ゲームをプレイした際の被害において、制作側は一切の責任を負わない」というのは、制作側とプレイ側の約束事であって「ゲームで遊んでいない第三者」には一切関係ない話だと、私は思います。

そんな免責事項知らないですよ。ゲームで遊ばない人は…。

これまでのゲームは、ゲームを作った人とゲームで遊ぶ人しか関わりがなかったから「ゲームで遊ぶ人の損害について責任を負わない」で済んだけど、ポケモンGOは「歩きスマホを強く推奨して、周囲の人間に甚大な損害を与える上に、ポケモンをゲットするために、私有地にもずかずか入るということが予測されるゲーム」なので、損害を与えられた側から見れば「ポケモンGOというゲームさえ存在しなければ、怪我させられることもなかったのに!」ということになると思うんですよね…。

今回の訴訟で「すごいな」と思ったのが「知らない人が、ポケモンを取るために庭に入らせてほしいと言って来た」という内容が含まれているらしい、ということです。
実際、私有地に入っていなくても被害に遭った、と言っているようですね。
知らない人に庭に入らせてほしい、と言われるのって、確かに、それは嫌だなあ、と私は思いました。
怖いよね。

***

任天堂の株価が好調だったときに、任天堂が出したとされるコメントが「任天堂はポケモンGOを制作したわけではなく、キャラクターを使用する権利をゲーム制作会社に貸しただけだから、利益については限定的」という内容だったようで、私はすごく不思議に思っていたのですが、今思えば、任天堂は、ポケモンGOによって被害に遭った方への責任を果たすことを回避したかったのかな、と…。

作ったのは任天堂じゃないよ、ということを訴えておきたかったのかな、と思います。

***

ポケモンGOに関しては、私は、ゲームを作った人の心がすごく怖いなあ、と思っています。
だって、絶対、ゲームに夢中で遊んだ人が、ひどいトラブルに巻き込まれることはわかってたはずなんですよ…。

自分が作ったゲームに夢中になった人ほど、ひどいトラブルに巻き込まれて被害者や加害者になるってわかってるのに、それでも販売したってすごいことだと思います。
愛されてないよね。プレイヤーさん。

私は、ポケモンGOを作った人から、プレイヤーが愛されていないことがわかる程度に大人でよかったなあ、と思っています。

面白いゲームで遊んでいる時は夢中になるし、周りが見えなくなるよ。
そんなのゲーム好きならわかってることだよー!
でも今までは、安全な場所でじっとして遊んでいたから、自分が大けがしたり、人に大けがさせたりすることは考えにくかったんですよね。

今の親御さんは、ゲームで遊ぶ子供が大けがしたり、人に大けがさせたりすることまで心配しなくちゃいけなくて大変だなあ、と思います。
でも、もう、ポケモンGOが存在しなかった頃には戻れないと思う。

そんなわけで、訴訟には注目したいと思います。
本当、ポケモンGOのせいで、骨折等の大けがをさせられた被害者の方には、ゲーム制作会社からもお見舞金を差し上げてほしい。

***

もう一つ、注目している訴訟があります。
子宮頸がんワクチンの訴訟です。

ACジャパンは訴訟準備が進んでいることを広く世間にCMしてよ!
東日本大震災の時、ワクチンを接種しに病院に行こうって、あんなにいっぱいCM流していたのにー!!

子宮頸がんワクチンは、絶対悪というわけではなく、体質に合う方には非常に効果が期待できる面もあるようです。

でも、今、副作用で苦しんでいる方の症状が重すぎて「がんではない健康な女の子」が無理して摂取する必要は全く無いと、私は思います。

子宮全摘出のリスクと天秤にかけても、副作用の方が私は怖い。
私が知っている限りでは…。

・突然、手足が震えて物が持てないほどになる
・短時間、記憶が飛ぶ
・日常的に疲れやすくなる

という症状があるそうです。
怖すぎる!!

製薬会社は「ワクチンに問題はない」という姿勢で争うようです。
ワクチンを作った方は、自分自身や娘さんやお孫さんに、自信を持ってワクチンをすすめることができるのでしょうか…。

国は「様々な症状で苦しんでいる方へのサポートをしたい」という方向のようなので、裁判の結果が今、すごくつらい状況にある方への救いになるように、心から願っています。

製薬会社におつとめの方も、未来がある女の子につらい思いをさせたいわけではないと思うので、副作用緩和のために協力していただけたらと思います。
皆で、つらい状況にある方の状況改善のために動いて欲しいです…。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R