忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1047] [1046] [1045] [1044] [1043] [1042] [1041] [1040] [1039] [1038] [1037]
【Diva】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:感動系王道RPG
サークルさん: すがのさん
レビューした理由:とても面白かったので!!
ツール:RPGツクール2000

クリアしました。
すごく面白かったですー!!
王道RPGっていいなあ、としみじみと感動しました。
すごいです。

すごく面白いです!!ということを踏まえつつ、私見を。
ネタバレ可の方だけ閲覧してください。

***

主人公は元気で明るく心優しい騎士見習いの女の子です。
本編中で騎士になり、様々な困難に立ち向かっていきます。
可愛い性格で好きなんですけど、たぶんヒロインは先輩女騎士だと思うんですよね。(笑)
主人公は師匠と慕うかっこいい騎士さんと仲良しで、皆に大事にされているので強い不満はなかったんですけど、中盤とか、先輩女騎士が男性二人に奪い合われる展開に、ちょっと乾いた笑いが出ました。
これFF6みたいに最初に出てきた女の子主人公が空気になるのかと心配したんですけど、後半はちゃんと主人公が恋愛面でも主人公っぽくなれたのでよかったです。

***

この作品は選択肢がたくさんあるので、主人公が好きになるキャラが選べるのかな、と思ったんですけど、基本一本道のストーリーのようです。
選択肢によって展開が変わるとかあるみたい?だと制作者さんのサイトにあったんですけど、手がかりが全くわかりません!(笑)

***

では素敵なところのご紹介です。
とにかく、キャラが素敵です。
うざいキャラとか、共感できないキャラがプレイヤーサイドのメインキャラに一人もいないので、私はすごく楽しかったです。
個性もそれぞれで重なることがなく、それぞれの言い分に「そうだよね。わかるわかる」と肯けるのも嬉しかったです。

***

やり込み要素も豊富です。
食材を入手して「料理して能力値をあげる」料理システム。
各地の名産品のお土産を入手してお土産マニアに渡す収集要素。
鉱石から武器防具、アイテムを加工できるシステム。
各地の酒場や食堂、宿屋で美味しいご飯を食べて能力値を上げたり。
街の中で困っている人を助けてアイテムをもらったり。

ダンジョンも無駄に迷うことなく、短い間隔で宝箱があってよかったです。

***

ここからさらにネタバレの感想です。
この作品はどの男性キャラもすごく魅力的なので、本当、私は自分で相手を選びたかった…!
正直、最終的に主人公の相手になった人は自分の中で一番ハズレなので…。
それでも素敵なんですけど。

中盤までは、恋愛模様が錯綜して主人公の相手が誰になるのかまったくわからず、そういうのはちょっと新鮮でした。

***

だがしかし!
中盤は本当、主人公そっちのけの恋愛模様が続きます。
私は青髪の傭兵さんとお兄ちゃんに奪い合われたかったのにー!(笑)
先輩女騎士の優遇っぷりがちょっとね…という…。
先輩女騎士も割と好きだし、彼女は自分が好きな人の方しか向いていなかったのでまあいいかな、と思うんですけど…。

***

私の希望としては、傭兵さんと仲良くなりながら騎士兄との関係が変化する!というのがよかったです…!
全然違う展開でしたけど。
すごく感動しましたけど…!

***

そんなわけで素敵な恋愛模様が展開しますが、たぶんプレイヤーさんが期待するものとは違う感じになると思っていただいたほうがいいかも。
たぶん制作者さんが一番好きなキャラは騎士弟なのかなーと思います。
私が一番恋愛対象として微妙なのが騎士弟です。(笑)

まあ、恋愛要素はたぶん脇の要素なのかな、と思います。

***

テーマは「償い」なのかな、と思います。
非常に一貫した問いかけがなされ、作品中で答えが提示されるのは素晴らしいことだと思います。
迷いながら、傷つきながら懸命に答えを探す様に心打たれました。
そして悲劇が悲しい…!(涙)

***

ではさらにネタバレ、注意情報です。
こちらの作品ではかなりたくさん人が死にます。
重要人物が死にます。
たぶん回避はできないんじゃないかなあ…?
選択肢でなんとかなるのではないかと思ったんですけど、そういうこともなさそう?

なので、死にネタが苦手な方は注意!です。

***

そして、さらに注意情報です。
この作品は限定セーブなのですが、特にダンジョンでは間が空いているので「雑魚敵に殺された」場合、長いイベントを何度も見る羽目になります。
あと、連戦で死んだ時とか!
なので、セーブポイントまで戻ってセーブしたり、こまめにセーブしたり「セーブ箇所を変えてセーブしたり」ということが、スムーズなゲーム進行のためには重要だと思います。

私はお城のキッチン?のようなところで壁にめり込んで詰みました。(笑)
あと、砂漠の中の塔は少しでもはみ出ると「砂漠入口に逆戻り」っぽいので、本当、セーブに注意してください。
あと、砂漠超えの直前もセーブして上書きしないようにした方がいいかも。

私は…

・左→上→サボテンが正しい位置の時に上

で超えられたような気がするんですけど(すでに記憶が曖昧)間違った場合戻れなかったので、セーブ箇所から何度かやり直しました。

***

敵にについては、王国玉座っぽい赤絨毯で戦った敵が一番強かったかも。
あとはかなり余裕を持って戦えました。
「全体回復」は必須なので、アイテムはケチらず買うことをおすすめします。
ちょっとした回復だと間に合わないので。
ラスボス前には「MP戦闘不能回復」や「HPMP戦闘不能回復」の全体技等複数キャラが覚えるのですごく楽になります。
私、ほぼ雑魚敵と戦わなかったから覚えるの遅かったのかも!(笑)

雑魚戦闘は基本的に逃げやすく、敵が「命乞い」をして、見逃すとたまにアイテムくれたりとかするのでストレスにはならなかったですけど、稀にすごく強い雑魚敵と遭遇した挙句逃げられなかったりするので(逃げられない敵からは何回やっても逃げられないことが多かったです)油断しないほうがいいと思います。

***

感動する王道RPGをお探しの方はぜひどうぞ。
シナリオの矛盾がなく、非常に綺麗な終わり方だったので、おすすめです。
難易度もちょうど良い感じなので、砂漠関連に行き詰まらなければ、たぶんどなたでも楽しくプレイできると思います。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
12 13 14 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R