忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914] [913]
【猫鳴ク夜】※フリーゲームなのでリンクはつなぎません

ジャンル:面白い推理AVG※ルート分岐有。レビュー現在、サイトに攻略有
サークルさん:WLCソフトさん
プレイした理由:本作品を発見当時、自分の面白いセンサーに反応したと信じたので
ツール:NScripter

ずーっと前にプレイして、すごく面白かった作品のご紹介です。
作品を再DLして確認させていただいたのですが、容量が軽いです。
容量が軽いです!!
容量が軽いのに面白い。素晴らしいです。

ずいぶん前にプレイさせていただいて(年単位でずいぶん前です)すごく面白いという記憶をずーっと抱いているので本当に嬉しいです。
そんなわけで思い出話。

私がこの作品を配布サイトで発見した当時、作品紹介文には「この作品はクソゲーです」と制作者さん自ら記載していました。(今はその記載はないです)

真由子「っ!? なぜ制作者さん自らそんなことを…っ!!」

衝撃でした。
でも、何度か紹介文を読み返して「このゲーム面白いんじゃないの…?」という淡い希望を捨てきれず。
「だがしかし、制作者さん自らがクソゲーって言っているんだからつまらないんじゃないの…?」と何度も迷いつつ。

自分を信じてDL!! 結果大正解でした。
面白いゲームをクソゲーって言わないでー!!と真由子は思いました!!
私がプレイできないところでした!!
プレイしてよかったです…。
そして今はクソゲー表記がなくてよかったです。

今も藤彦さんと主人公のあのラブシーンの続きをそっと待っています。出るといいな…。(現状、その予定は全くなさそうです)

そう。私がこの作品で学んだことは「制作者さんの紹介文がやる気なくてもゲームが面白いことがあるんだ」ということです。
おそろしいことに、フリーゲームでは制作者さんの自己紹介や作品紹介が「なんでこんな適当なの!?」という作品の面白い確率が70パーセントくらいだということです。(真由子体感。根拠は勘です)

私は…何を信じればいいの…?
自己紹介文や作品紹介文、果ては自分と感性が違う方のレビューを信じても面白いゲームを取り逃がす、それがゲームの世界…。

地道に体験版や作品をプレイして自分で判断して、頑張って自分にとって面白いゲームを探そうと思います。

***

そして猫鳴ク夜を再プレイ開始。
面白いです…!
きっと昔の私もこんな感じだったような!
キャラの登場に「キャー!!」って嬉しくなるのとか同じ気がします。
会話が楽しい…!!

以下、ネタバレ全開の感想です。

あれ!? 一回目って彼が死んじゃうんだっけ!?という展開に驚愕。
行方不明者は記憶の通りです。
そして出てくるお友達。
彼も好きなんですけど、やっぱり探偵さん含めて四人の方が私は好みなのでした!!
昔と同じ感想…。
これからラブロマンスー!!
というところで一人目にはフラれ(別にこっちから好意を持ってすらいないのにフラれ)二人目に襲われ(そのラブシーンの続きが見たいです!)ラブシーンにはならず暗転、事件発生で「なぜ…!?」という。(笑)
でもそんな私も安心、ハーレム編があるはずなので。
とりあえず今は進めます。

***

ハーレム編面白かったです!
本編では「なんでこんな美形ばっかりいるのになぜ恋愛に発展しないの…?」という感じだったのですが見事に解消!
藤彦さんがかっこいいです。

***

面白いゲームって時間が経っても面白い。
そんな事実を再確認して、とても嬉しい気持ちになりました。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R