忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1216] [1215] [1214] [1213] [1212] [1211] [1210] [1209] [1208] [1207] [1206]
【雨雲】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:被害者があまりにも可哀想な推理AVG
サークルさん:サムさん
プレイした理由:推理ゲームが好きなので!
プレイツール:LiveMaker

クリアしました。
怖かったです!
ENDコンプはしていません。
なのでおまけコンテンツは、ほぼ見ていません。

以下ネタバレ感想ですので閲覧にはご注意ください。

***

何が怖いかって、良い人、優しい人ばっかり殺されていくところですよ!!(涙)
ああ。フィクションでよかった…。

だって!!
夜道でアクセサリー落としたって言っている女性に探すのを手伝ってあげたり!!
雨の日に、ずぶぬれで雨宿りしているところにタオル貸してくれる優しい店員さんだったり…。

ああ。犠牲者のみなさん、良い人です…っ。

***

ゲームの内容としては、グラフィックが珍しい構図が多くて面白かったです。
真由子がプレイしたバージョンではたぶん誤字が一か所あったかも。
でも、気になるほどではない気がします。

ゲーム構成は親切でセーブさえしていれば大丈夫だと思います。
セーブし忘れてもスキップすれば大丈夫だと思います。
クリアボーナスがあるので推理は間違えずにやった方がいいかも。
私は一回間違えました。

***

さらにネタバレです。

この事件の根幹って犯人の家庭環境の悪さにあるんですけど、そういう家庭の場合ってどうしたらいいのかなあ、と思いました。

具体的に言うと、離婚していて、母親が、別れた夫に悪いところがものすごく似ている娘を愛せない場合です。

子供って、血縁だったらすごく似てしまうことがあると思うんですよね…。
子供はまったく悪くないんですけど、でも、自分がひどい目にあっている元凶になった元夫に悪いところが似ている娘を無条件で愛せるかっていうと、ものすごく難しいと思うのです。

愛せなくて苦しんでいるところに、愛情を強く求められてしまったら、拒絶するしかないんじゃないかなあ…。

でも子供は悪くないし、なんか難しいなあ、と思いました。
そういう場合の受け皿って、誰がなればいいんだろう。
やっぱり、友達とか恋人しかないのかなあ。
それか医療機関を受診するとか。

***

まあ、そんな可哀想な犯人ですが、犯人よりさらに可哀想なのが被害者のみなさんなので、私は被害者を助けてあげたかったです。
せめてカフェのお姉さんだけでも…っ。(涙)

助けられる人はいるんですけど、その人がもう少し的確な行動を取っていたらなあ、という気がするし、その人が犯人に同情的なので、助けられた喜びは薄かったかなあ…。

***

すごくリアルだなあ、と思ったのは選択肢の内容です。
本当にちょっとしたことで、最後の被害者と犯人の接触が避けられたり、最後の被害者と犯人が接点を持ってしまったりするので「悪いことが起きるのって、ほんのささいなタイミングだったりするよね」と思いました。

あと10分早く家を出ていたら…とか。

***

面白いゲームでしたが、もう少しいろんな人を助けたかったです!
とりあえずこのゲームの中の警察は…無能かなあ…。
もっと頑張りたかった!!
本当、被害者が可哀想な推理ゲームでした。

推理ゲームの被害者って、たいてい痴情のもつれか、お金に汚いお金持ちか、新聞記者みたいに情報を知りすぎた人か、脅迫者なのであんまり同情しないんですけど(フィクションの中で殺害される要素があるので)このゲームは本当に被害者が良い人ばっかりなので助けてあげたかったです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R