忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1372] [1371] [1370] [1369] [1368] [1367] [1366] [1365] [1364] [1363] [1362]
【絶対に笑わねばならない24日】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:たぶん男性プレイヤーさんの方が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:君の旅人さん
プレイした理由:やり込み系RPGなのかなあ、と思ったので
プレイツール:RPG VX Ace

一番簡単な難易度でクリアして、オマケ部屋(祝勝会)も見ました。
面白かったけど、えぐかったです。いろいろと。
基本的には、私はこのゲームのプレイ対象者じゃなかったと思います。

でもゲームとして面白かったので、クリア記念に感想を書きます。
プレイ対象者じゃない私の感想なので、読み流してください。
本当、いつも以上に完全に、自己満足の感想です。

***

これ、私が嫌いなジャンル「萌えキャラゲー」でした。
でも、ゲームとしてすごく面白かったのー!!
正確に言えば「ゲーム部分が」すごく面白かったです。
あと、たぶん敬語キャラの言葉は変なところがあったと思います。
個人的には、敬語とか、そういうことがやりたいならちゃんとやった方がいいと思う派です。
「なんて綺麗な言葉を使う女の子なんだろう!」と感動するくらいにやってくれたらいいのになー。

まあ、たぶん、萌えキャラゲーを好んでプレイする方はあんまり気にしないかもしれないから、放置でもいいかもしれないですけど。
「はじめにお読みください」テキストの丁寧な内容と、変な日本語があんまり結びつかなくて、なんか残念だなーって思いました。
綺麗な言葉を使う方だと思ったのに。
誤字もなかったし。

あと、オマケ部屋の「アルアルうるさい」はそう思った。私も!

そして、なんでそんなに「個性」とか「特徴」にこだわるのか、本当に意味がわからないー。
普通に生きていたって、皆、個性的で特徴があるのに、なんでそれを変な風に強調してむりやりくっつけて面白がるんだろうね…。
変なの。
敬語キャラが綺麗な日本語を使ってない時点で個性としては終わってると思う。

***

ではゲームとして素晴らしいところを!!

・マップがものすごく綺麗!!

私はゲーム紹介画面で、マップの美しさにすごく惹かれました。
プレイしてみたら、紹介画面よりずっと綺麗でした。すごい!!
画面だけ見たら絶対、女性も嬉しいのになー。

・サブイベントが楽しかった!!

サブイベントがすごく楽しかったですけど、料理の材料集めは地味に面倒くさかった。
すごく豊富な数だと思ったんですけど、オマケでは削りに削り取られたというようなことが書いてあったのでびっくりしました。
制作者さんは頑張っていたんですね。すごい。

・敵に状態異常がガンガン効いたよ!!

これ嬉しかったー!!
ラスボス、全然攻撃させないでハメ殺しました。
嬉しい!!
そういうことやってみたかったのー!!

毒、沈黙、麻痺、封印、スタン、混乱、ふふ、楽しかったー!!
混乱しているボスを攻撃して正気に戻し、また攻撃して混乱させる。
まさに私こそがラスボスの上を行く裏ボス的な!!

・エンカウント率10パーセントでプレイしました

このゲームって、エンカウント率操作できるんですよ!!
嬉しいー!!
だから、綺麗なマップをのんびり歩いて、楽しく宝箱を取得できて幸せでした。
雑魚戦闘を1回もやらないでクリアできるかなーと思ったんだけど、それは無理だった!(笑)
でも、たぶん10回くらいしかやってないです。
しかも、雑魚戦闘サクサクなの。一番簡単な難易度だから!!

・ジェム合成楽しかったー!!

楽しかったです。
状態異常付与の鬼になりました。

・スキル技セット楽しかったー!!

楽しかったです!!
強い技がたくさん!!
どれを選んでも強いんだ。嬉しいー!!

***

素晴らしいゲーム部分。
こんなにゲーム部分が面白かったら女の子キャラが多少変でも、どうでもいい!!
でも、本当えぐかったです。
だから、個人的には女性プレイヤーさんにはおすすめしません。

以下、えぐい内容を知りたい方だけご覧ください。

***

・仲間の女子キャラが、自爆した後に血を吐く

これ本当、びっくりした。(涙)
なんかもう、仲間の子が怖くて一緒にいたくなかった。(でも最後まで一緒にいました。嫌だった)
だって気持ち悪いんだものー。

・いじめ自殺の描写があり、ものすごくえぐい

これ、こんなにひどい描写の必要あったの?
っていうか、私が状態異常付与のハメ殺ししてあげてもいいよ。
いじめっ子の人に。

特に、いじめの描写は嫌でした。
耳を覆いたくなるような可哀想な事件がまた報道されていたけど、ゲームの中でくらいは助けてあげてほしかったなあ。(というか、現実でも助けてあげてほしいのですが)

なので、上記の描写が地雷な方にはおすすめしません。
私は基本的に「いじめの描写」は見ていてつらくなるので避けるんですけど、このゲームは突然ドカンとやってきた上に、自殺するとは思わなかったので避けようがなかった!!

私は綺麗なマップを楽しく歩くファンタジーだと思っていたので、このゲームのえぐみには本当にびっくりしました。
でも、人によってはそういうテキストが好きなのでしょうし、それがシナリオを書いた方の良いところでもあるかもしれないので、私の感想は適当に読み流してください。

本当、この作品に関しては、偶然、プレイ対象外の私でも楽しくプレイできたという、一種のミラクルなので。
だから、記念に感想を書きました。

特に地雷がなく、ボスをハメ殺したい気分の方はぜひどうぞ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R