忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
【黄昏境界線】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:素敵なんだけどちょっとひどいRPG
サークルさん:ケニーさん
プレイした理由:雑魚敵と戦わなくて済むというので
プレイツール:RPGツクールVXace

感想を書くかどうか迷ったんですけど、ちょっとひどいなあ…と思ったので…。

真由子の頑張りを聞いてくださいよ!

まず、このゲームを一番最初のバージョンでプレイしたのですが、セーブ制限かけられたところでフリーズしたのね!
だから、仕方なく、泣く泣く「セーブしたところから」ゲームをやり直したわけですよ。

それでね。
なんとか、剣姫と赤い二匹の敵、青い二匹の敵と遭遇するボス戦闘まではいったのね。

だけど!

睡眠無効の装備品が一個も無い状態の主人公たちに、睡眠攻撃を敵が仕掛けて来てね!!
それでなすすべもなくボコボコにされたんですよ!!

「あり得ない…」

序盤だったから、時間と労力の無駄は最小限にとどめられたから、その時は黙ってゲームをゴミ箱に捨てました。

その時点では文句を言うつもりはなかったのー!!

それでね、その後に、制作者さんがすさまじい修正をしてくださっているのを発見したわけですよ。

「これなら真由子もプレイ出来るかも!」と思って1.07を再プレイしました。
よく考えたら序盤、三回もやってるんだよ…。(涙)

まあ、なんとかプレイして、キルケ戦までいったのね。
でも、その時点での一番易しい難易度でも勝てなかったの!!

「無理だ…」と思ってゲームをやめました。
ちなみに真由子はここまでほとんど雑魚戦闘をしていません。
うろうろしながらアイテム拾ったり、貰ったアイテムだけを使って生き延びて来たのよ!!

まあ、この時点でも、文句を言う気はなかったのね。

真由子の頑張りはまだ続く!!

その後、1.08が公開されたわけですよ。
もっと簡単な難易度をつけてくださったの!!

「これでレベル上げしなくてもキルケに勝てるかも…!!」と思って。

そうしたら、キルケに勝てたのね!!

「嬉しいー!!」と思ってゲームを進めていたんですよ。

そうしたら固有キャラのイベントバトルの面になってね。

ニャルのバトルで!!
イベントで新しく覚えたスキルを使うには「最大MPが足りないの!!」

「どういうことよ…!!」(涙)

しかも、そのバトルでは「因果を絶ちきれなければ勝てない」って表記があるんですよ。
これって、ニャルの新技を使えってことじゃないの…?(涙)

私のニャルはMP足りないんだけど。
満タンでも足りないんだけど!!

こんなのひどすぎる…と思ってゲームをやめました。
ひどくない!?

アイテムが足りなければ詰むっていう記載があったから、真由子は回復系のアイテムは買いだめしてたの!!

でもレベル上げのリンゴは買ってなかったの!!

ひどいよー。(涙)

ちなみに真由子のパーティーは…。

クリス:53
ティグレ:52
ソレイユ:41
ガラン:30

ここまで一軍

ここから二軍

ナハト:28
ニャル:28
セフィーロ:28

です。

これで進めちゃダメなんて書いて無かったじゃないのよー!!
一回もレベル上げしないで進めるなら、好きで強い子をひたすら強化するしか道が無いのに!!

うう…。(涙)

まあ、そんなわけなので、レベル上げをしないでここまで来た真由子の冒険は、ここで終了です。
レベル上げしないで進めるっていう紹介文の内容は、私は嘘だと思いました…。







PR
【三人娘と宇宙の使者】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:やり込み要素が楽しくチートアイテムが心強いRPG
サークルさん:mokoさん
プレイした理由:制作者さんのゲームが好きなので!
プレイツール:RPGツクールMV

1.0をクリアしました。
二種類のエンディングを見ました。
クトゥルフEND、オマケ部屋のヒントを見なくても見られた!

そして、真由子はトゥルーENDを見る前にクトゥルフENDを見て震えました…。
制作者さんが親切に、ちゃんと「こっちがトゥルーだよ」って教えてくれていたというのに!

でもどちらのENDも面白かったです。
では以下、ネタバレ感想になります。
閲覧にご注意ください。

不満もあるよ!でも基本的には素敵なゲームだと思いました。

では誤字を。

本編には(私がプレイしたルートには)真由子は見つけられなかったですけど、オマケ部屋で見つけました。

不振→不審

あと、地雷級の不満を…。
私は「キラキラした大きな目」のグラフィックが大好きなので、それをネタにしてイジる系のものは、嫌いです。(思わず笑ってしまう素敵なやり方の場合は、この限りではないです)

ネタにしてイジる→馬鹿にして嘲笑する、ということだと思っている(そういう風に感じる)ので、基本的にそういうのは嫌なんですよね…。

まあ、でも、フリーゲームだから仕方ないと思ってます。

マイナスの感想はここまで!
素敵だったところを書きます。

***

真由子は制作者さんのゲームをプレイするのは三作目なのですが、今回の女の子キャラたちは、可愛いと思いました。
特に主人公は可愛い子だと思った!
だから、プレイしていて嬉しかったです。

***

チートアイテムが本当に心強くて、嬉しかったです。

基本的に、真由子は「うようよしている敵から逃げ隠れして進む」ゲームが大嫌いなプレイヤーなのです。
制作者さんの過去作品は、バトル回数を絞ってくださっていて、探索をしまくって入手したアイテムや装備品等を使うことで、バトルを楽しみながら強敵を撃破するスタイルをとってくださっていたから大好きだったんですけど、このゲームは「倒した敵が復活する」といううっとうしいダンジョン方式になっていて、だから、基本的には私が嫌なタイプだったんですよ…。

だって、雑魚敵と不本意に遭遇するのも嫌だし、遭遇して逃げにくいのも嫌だし、やっと撃破しても疲弊して追い詰められていくのも嫌だし…。

こんなに嫌な思いをしているのに、嫌な条件を退けて、何が得られるのかというと、普通に歩けるという、当たり前のことだけなのです。

こんなつまんないこと、ある…?

まあ、でも、優しい制作者さんは、逃げ隠れするのがつらくて、楽しくゲーム内のマップを歩きまわって、制作者さんが仕込んでくださった楽しい謎解きをしたり、隠されたアイテムを見つけるのが楽しいんだー!!という私に対応してくださったのです。

それが、チートアイテム…!
ピタゴラスイッチみたいな名前で可愛いチートアイテム!!

ありがとう。ヒトコロスイッチ…。(涙)

これを使うと、敵が一撃死するんですよ!

いわゆる「逃走成功100パーセント」の役割を果たします。
雑魚敵に真由子の歩みを止められなくて済むのです!!

だから、私は雑魚敵に邪魔されずにイベントを見つける楽しみを享受することが出来ました。
楽しかったー!!

お金は10万以上たまったよ!!

今回は「これ、ボス敵に勝てない」と思ったので、ボス戦闘でもチートアイテムを使わせていただきました。
だって負けるのが怖かったんだ…。(涙)

そんなわけで、すごく楽しくゲームで遊んで、ストレスフリーのままに、エンディングを二種類見ることが出来ました。

年齢制限をR18にしているのは、一応、念のためです。
怖いからね…。
制作者さんの指定通り、R15でも大丈夫かもしれないですけど、でも怖いから。(涙)

クトゥルフENDが本当に怖かった…。
でも、二作目のクトゥルフENDよりは怖くなかったかもしれないです。

でも私は好き!!
また、制作者さんのゲームで遊べたら嬉しいです。

あと、このゲームのメインキャラは女子しかいません。
それは、タイトルでわかってたからいいんだ。

メインキャラに、女子しかいないゲームが嫌いな方は、気をつけてくださいね。
【ソフィア・メモリア】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:メインストーリーが素敵なRPG
サークルさん:エフさん
プレイした理由:男女主人公選択可のゲームが好きなので!
プレイツール:RPGツクールMV

バージョン1.00でクリアしました。
エンディングが素敵だったので、制作者さんの新作にも期待したいという気持ちになりました。
でも不満はいっぱいあるよー!

不満はありますが、このゲームはこのままでいいと思います。
ではネタバレ込みの感想になりますので、閲覧にはご注意ください。

***

真由子は制作者さんの前作をプレイして、素敵なところがあったので、今回も「期待して」プレイしました。
真由子が期待した部分は、基本的に全滅だった。
でも、ゲームとしては素敵だと思いました。
この内容で「不満が無く」満足しているプレイヤーさんはいらっしゃると思います。

でも真由子は不満なのー!!

私が前作で好きで、今作に期待したことを以下に書きます。

・女の子主人公を「女の子として」大事にしてくれる仲間キャラと冒険すること

これね!
これを期待していたの!!
私は前作に一緒に冒険してくれた幼馴染のお兄さんが大好きで、だから、制作者さんだったら、女の子主人公を「女の子として」大事にしてくれる男性キャラを一人は出してくださると思っていたの!!

信じていたの!!

でも出てこなかった…。(涙)
なんで?
前作では一人いたのに!!

序盤にわらわら女子ばっかり出て来た時も、各地で名を聞く「かっこいい冒険者さん」がきっと、きっと「6人目」の仲間として出て来てくれるって信じてたのにー!!

最後に加わったのは「あなたなのか…」と思うがっかり女子キャラ。
まあ、彼女のことも嫌いじゃないけど…。

そして真由子は待ち望んでいた冒険者さんとまさかの出会いを果たしました。
まあ、そういう可能性もあるよね…。(涙)

素敵な男性キャラ皆無というまさかの展開にショックを受けた真由子は宝探しなんか全然する気がなかった…。

あと、ゲームの終わりに「オルフェン」を手に入れても全然意味無いんですけどー!!

・プレイヤー真由子が自分で考えて楽しく進める難易度

これね!
私、制作者さんの前作で、ダンジョンで苦労させられた記憶が無いので、今作も楽しくさくさくと進めると思っていたのです。

全然違った…。(涙)
私、とても親切に攻略情報を書いてくださっている、本当に優しいゲーム好きの方の記事にたどり着けなかったら、このゲームをクリアすることは不可能でした。

攻略情報を掲載してくださって、本当にありがとうございました!
ご厚意に、本当に感謝します。

あんな謎解きわかんないからね!!(怒)

真由子が最初に迷ったのは、中央に無地のタイルがあって、その両脇に二枚ずつ、図柄が書いてあるタイルが置いてある部屋です。

何をしていいのか全然わからないから、無地のタイルの上に乗ってみたんですけど、全然何も起きなくて、少し前のダンジョンみたいに「宝箱に入った図柄が入ったタイル」が必要なのかと思って、探索しつくしたダンジョンを泣きながらうろうろしていたのですが、宝箱らしきものがなく「もうわかんないー!!」と癇癪を起こしつつ、ダメ元で攻略情報を探したら、親切に攻略情報を記載してくださっている記事にたどり着きました。

本当にありがとうございます…。

図が書いてあるタイルの上に乗ると、絵が変わって、その絵を「正解の順番で」並べたら、無地のタイルに変化が起きる、という謎解きでした。

わかんないからね!!そんなこと!!

次に真由子が困ったのは、石像がとおせんぼしている屋敷。
石像を調べると、何かアイテムを要求されるんですけど、何を与えればいいのか全然わからない!!

なんでこんなに不親切なのか。

しかも、普通に女神像の前を通ろうとしたら通せんぼされるしー!!
なんでよ…。(涙)

ノーヒントでどうしていいのかわからないので、泣きながら攻略情報を頼りました。
ちゃんと解決方法を記載してくださっていました。
ありがとうございます…!!

解決方法は「主人公ともう一人以外の仲間を先頭にする」というものでした。

そんなことわかるかー!!(怒)

もう最悪ですよ。

しかも、石像が何を要求しているのかさっぱりわからない。
それは攻略情報に書いてなかった…。(涙)

「どうしたらいいのよー!!」と思いながらうろうろしていたら、偶然、変な箱っぽい物を調べて、それでアイテムをゲットしました。

なんで「青い宝箱」じゃないグラフィックで、背景に埋没するように重要アイテムを置くのよ!!
わかんないでしょー!!

これまでは重要なアイテムや調べなければいけない場所は光らせてくれていたじゃないですか!!
勝手にやり方を変えないで!!

わかんないからね!!
私は迷うの!!

しかも、なんか、情報が足りないままに謎解きの部屋に着いてしまって、ノーヒントで適当に絵を並べる羽目になりました。
一人、女の子の魂が足りなかったんですよ…。
なんか、光る本がある部屋に、私は入れなかったの…。

力押しでなんとかしたよ!!最悪だよ!!

それから先のダンジョンも、すごく面倒くさかったんですけど、攻略情報のおかげでそこそこ快適にクリアできました。

だがしかし!!
またしても難関が!!

赤いクリスタルを光らせた後、進んでも進んでも同じ道になってしまう箇所があったんですよ!!
他に光らせるクリスタルがあるのかと思ってさまよったんだけど全然わかんなくて、攻略情報を見たら、中央の黄色いタイルが光っている道を進むと先に進めるって書いてくださっていて!!

しかも答えまで書いてくださっていて!!
ありがとうございます…。(涙)

答えを教えてくれなければ、そんなことわかんないよ。なんでそんな勝手で意地悪な謎解きを用意するのか。
解けない謎なら、無い方がいいよ。
答えが一つしか無いダンジョンで答えにたどり着けなかったら、そこでゲームをやめるしかないんだからね。そういうことをきちんとわかっているのでしょうか。

この最低なダンジョンの数々が、前作に比べて最低だと思った点です。
プレイする際は、攻略記事を見つけてからプレイした方がいいと思います。
このゲーム、現状ではダンジョンに関しては超不親切だから、気をつけてね…!!

***

ここからは「このゲームをプレイして嫌だったこと」を記載します。

・女の子主人公が「男主人公」扱いされていた

たぶん、性別によるシナリオ差分が無かったと思うんですよ…。
省エネと制作者さんの趣味だと思うんだけど、女の子主人公は男みたいだった。
女の子主人公なのに!!
勝手にお姫様にヒロイン面されて「王子様」扱いされたよ!!

でも誤字はあったよ。シナリオ節約したのにね。
誤字は…。

以外→意外
懸命→賢明

あと、助詞が変な箇所がありました。

女の子主人公が可愛いグラフィックだったことだけでも感謝しなくちゃいけないということなのかな…と悲しくなりました。

お姫様が勝手に「王子」扱いした時に、女の子主人公の時だけは「女性に向かって王子なんて失礼ですよね」と言ってくれるだけでも、ずいぶん違ったと思う。

無口主人公+プレイヤーが好きな選択肢を選んで意思表示、というゲームの方針は大好きなのにー!!

***

まあ、そんな感じで不満大爆発なプレイヤー真由子でしたが、冒頭のキャラメイクと、メインストーリーとエンディングはとても素敵だと思いました。

だから、とりあえず制作者さんの新作には期待します。
でも、ゲームの説明文で「仲間になるのは女の子だけです」という記載があったり、男主人公一択の場合は、もうプレイしないと思う。
【BLACKSOULS】

ジャンル:自由度が高い男主人公R18RPG
サークルさん:サークル イニミニマニモ?さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクール VX ACE

体験版範囲でプレイ出来るところをプレイしました。
わくわくしました!
とても面白かったですー!

でもすでに確立→確率の誤字が!

この誤変換ってすごく多いですよね。
ちょっと見直すとすぐわかるんだけど、それを見落とす。
それ、わかります…。(涙)

私は様子見の鬼と化しているので最終バージョンアップ終了までは基本的に動きませんが、体験版をプレイして「このゲーム好き!」と思った方は体験版範囲をやり込まず、製品版を買った方がいいかもしれないです。

体験版のセーブデータは製品版に移行できないみたいなので。
では体験版範囲のネタバレ感想です。
私、このゲーム、すごいと思いました!

***

まず最初に、魂の状態の主人公が、可愛い女の子に「おめでとうございます。あなたは主人公に選ばれました」って言われるんですよ!

私、自分が主人公だって知ってたけど、改めてそう言われると嬉しい!と思って…。

それでね、名前を聞いてくれるんですよ!
初めましての感じしますよね。嬉しい!

なので、名前を入力しました。
そうしたら、職業を選ぶことになるんですよ。

どうするー!?
職業どうする?

私は、ゲームを始める前に「攻略」というメモ帳を見ていて、プレゼントの四択の中に「消費アイテムの鍵」があったのを見て「ぜひ鍵開けスキルを覚えられそうなキャラにしよう」と思って(覚えられるかは不明)「盗賊」にしました。

迷ったんだけど!
騎士もかっこいいし、魔法使いも捨てがたいと思ったんだけど!
鍵開けが大好きなんだ…。
私、鍵開けしたいんだ…!!

それでね、盗賊グラフィックになった時に、確認してくれるんですよ。
「これでいい?」って。

迷い心を刺激する!!
でも私は盗賊の人生を生きる…っ!!

そして盗賊になった主人公は聞かれるわけです。

「R18イベントに興味あるか」と!!(実際はもう少し違う聞き方です)

「興味無い」という選択肢がある…!!
まさかの展開!!
真由子は正直、R18男性向けのR18シーンには基本興味無い(気持ち悪い可能性があるので。素敵なシーンだと思うこともあるんですけど!)プレイヤーなので正直に「興味無い」って答えました!

すごい自由度…!!

それでね、会話が終わったら、放り出されるんですよ!
そうしたら、オープニングを見ますかって聞いてくれるんですよ!

しかも、オープニング閲覧にかかる時間まで記載してくださっているんですよ!

「ゲーム開始を待てる?」と聞いてくださる優しさ!
嬉しい…。

真由子はさすがに見ました。ゲームの内容がわからないと困るかな、と思って…。
でも、もし、製品版を購入したら即行飛ばす!!

***

なんかいきなり牢屋に入れられていてね「不死者」って言われるんですよ。
「不死者」
ゲームオーバー無さそうでかっこいい!!
そういえばゲームの紹介ページの説明文に「死んでも最後の種火の場所に戻るだけ」って書いてあったことを思い出します。

安心して冒険できるー!!

***

その後、とあるキャラに助けてもらって「一緒に行こう」って言ってもらったから「行こう!」と思ってわくわくしていたんですけど、突然凶悪な敵に、その人が殺されちゃうんですよ!!

会ったばかりなのにー!!
仲間が死んだー!!(涙)

そして主人公も死んだんですよ…。

でも目覚めたの。
主人公一人だけで、死んだ人と一緒に行こうって言っていたっぽい場所で目覚めたんですよ。

綺麗な森なの!!

そこには攻略データに書いてあったボーナスアイテムがある場所だったんですよ。
それできっちりボーナスアイテムを取って、会話出来る人に会話して、妖精さんのスキルを手に入れたんですよ!

妖精さんは、コスト無しでバトル中に呼び出せて、助けてくれるんですよ。
悲しい一人バトルを助けてくれる!!
ありがとうー!!

コスト無しなのが嬉しいよね…。

でも、妖精さんを殺すことも出来るし、途中で話せるいろんなキャラを殺すことも出来るみたいなのです。
私は殺さない…!!

殺し過ぎると怖い組織に狙われることもあるらしいです。
それで死んじゃった人いたんだよー!!

なんて魅力的な世界観!!
魔女さんを助けたところまでプレイして、終えました。

私はバージョンアップを楽しみに、数年単位で安全に遊べそうなバージョンになるまで待とうと思います。

様子見の鬼でごめんなさい…!!
修正、調整作業がんばってください。私、待ってます…!!

【MADE IN MAIDOG ver4.04】

ジャンル:女の子主人公のR18RPG
サークルさん:MOON KNIGHT SPARKLEさん
プレイした理由:体験版が面白かったので
プレイツール:RPGツクールVX

本編をクリアしました。
本編は、まあ、面白かったです。
以下、割とすごいネタバレ(ストーリーのネタバレはなるべくしないですけど)になりますので閲覧にはご注意ください。

真由子は買う前にこの情報が欲しかった…。(涙)

***

定価で買ったゲームが半額になるのは悲しいし、9割引になるなんて耐えられないー!!と思い続けてぐずぐずしていた私ですが、勇気が出たら一番最初に買いたいと思っていたこのゲームが半額になっていたので、思い切って買ってみました。

このゲームに限っては、これで、定価で買ったのに半額で泣かなくて済むと思うと、すごくほっとしています。よかった…。(涙)

私、今まで、半額キャンペーンって、定価で買ったゲームが半額になるばかりの悲しいキャンペーンだったんですけど、初めてお得にお買い物ができました。

***

とりあえず、真由子にとって重大だった情報を…。

私、このゲームが最終バージョンアップ終了と仰っていたから(だいぶ前に仰っていたから)ものすごく調整されたバージョンで遊べると思ったんですけど、今の段階ですら誤字が…ちょっと多いです…。

体験版範囲の序盤から、エンディング間際にまで、目に付くほどに誤字がある。

私が覚えているのは…。

・関心→感心
・「一件落着」が違う

という二つなのですが「あ。誤字。あ、誤字…!!」という感じで結構あったと思います…。

これの何が問題なのかと言うと、真由子はR18敗北シーンを全く見ていなくて、さらに、サブクエストを三分の二しかクリアしていない状態での印象だということです…。

これで最終バージョンアップ終了宣言して大丈夫なの…?(涙)
私は、誤字があっても割と気にしないプレイヤーなのですが。(気づくけど制作者さんを責めたりはしない。誤字が消えない理由を身をもって知ってるので!)

私の感想記事を読んで、こちらの作品を買ってくださるプレイヤーさんが「なんでこんなに誤字あるの…?」と泣くことになるのは申し訳ないので、一応、記載しました。
誤字があっても面白かったので、誤字が気にならない方は購入しても大丈夫だと思うんですけど…。

真由子としては重大な事項は次に明記することです。
ネタバレします!!

なんで仲間キャラの男性は全員主人公以外の女の子を好きになるのよー!!

これね。
体験版の時にも危惧していたんですけど、まさかこんなにひどいとは思わなかった。
一応、本編では好きなキャラを選択してR18シーンとかあるんですけど、サブイベントがあまりにもひどくて(先に見てしまった)まったく嬉しく無かったです。

なんで勝手に、主人公以外の人を好きになるのよー!!
こんなことなら頑張ってサブイベントなんか進めるんじゃなかった。
全員ですよ。あり得ない。
なんのための女の子主人公なのか。
なんで可愛い女の子主人公とそこそこ仲良くなりながらスルーするのよ!!
これまで積み重ねて来た「どのキャラと一緒に行動する?このキャラにする!」という選択の数々はいったいなんだったのか。

びっくりするよね…。
一応、その可能性も危惧してはいたんだけどね…。
勝手に決められた他人の恋路を見るだけのサブイベントに、何の意味があるのか…。

想像以上に不快だったし嫌でした。
たぶんこれがネトラレ系なんですね…。

私は仲間キャラのサブイベントは、女の子主人公と仲間キャラが仲良くなるためのイベントだと思ってたの!!
だからダンジョンに潜ってアイテム収集がんばったんだよー!!(涙)

まあ、そんなわけで、サブイベントを見るのが嫌になったので、残っているサブイベントを全て放り出して「せめてカフカ様と主人公の幸せなシーンが見たいな」と思って大急ぎで本編を進めて終わりにしました。

噴水前で告白できるか楽しみにしてたのになー。(涙)
まあ、カフカ様と主人公が幸せそうなのでよかったです。それだけは。

そんな感じです。
本編は綺麗なストーリーで素敵だと思いました。
好きキャラと仲良く出来ると思っていた真由子の期待は塵になりましたので、その点、ご購入の際は十分にご注意ください…。

***

販売サイトさんに私が書いたレビューが掲載されました。
サブイベントで仲間の男性キャラが全員主人公以外の女の子を好きになると判明する前に感じていた楽しい気持ちを書きました。

たぶん、乙女ゲームにおける禁じ手、壮絶な地雷である「プレイヤーの好きな異性キャラが主人公(プレイヤー操作キャラ)以外の女の子を好きになる」という事項を気にする男性向けゲーム愛好者さんはあんまりいないと思うので…。
私のブログを読んでくださる方は乙女ゲームが好きな方の可能性もあるので絶対言っておかなくちゃ!!と思ったんですけど。

ゲームとしては素敵だと思うので、評価は最高評価をつけてます。
本当、プレイヤー真由子も制作者さんも、このゲームに関してはお互い運が悪かった…。(涙)
私、制作者さんのゲームを、女の子主人公が素敵な仲間の男性キャラとデートできたり噴水で告白できるゲームだと誤解することはもう二度とないので、制作者さんは楽しくゲーム制作をなさってください…。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R