忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
【RiSE -囚われ少女の魔法譚-】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:マルチENDRPG
サークルさん:蒼木ことり(kotonoha*)さん
プレイした理由:ラハ二作目がものすごく大好きなので!
プレイツール:RPGツクールMV

version 1.0でトゥルーENDをクリアしました。
一から百までネタバレ感想になりますので、閲覧には厳重にご注意ください。

私はこちらの制作者さんが作ってくださったラハ二作目が大好きで、それはもう、ものすごく大好きで、一生の宝物のゲームだと思っています。

だから、この新作もすさまじく期待していたのです。

でも、正直がっかりした…。(涙)

それは真由子が宝物のラハ二作目が大好きすぎる弊害で、一般的なファンタジーRPGとしては素敵な部類に入ると思います。
でも、正直、制作者さんはどうしてしまったのかと思って泣きたい。

***

気になったところ。

セーブ画面で一回、タイトルのうしろに何か変なマークが出ていました。
たぶんスクリプトミスだと思う。
でも、気になったのはそれくらいなので、テストプレイの精度と誠実さはいつも通りだと思いました。

初期の段階でこの完成度は本当にすごいです。

では真由子が泣きたくなったところを…。

***

・フィールドマップ移動速度が遅すぎる

私、ラハシリーズでこんなにイライラしたことなかったと思うのに!
なんでこんなことしたのかわからない。
つまんないドラクエと一緒じゃないのー!!(涙)

・飛行船を手に入れるまでの一本道シナリオがつまらない

これね…。
もう、なんでこんなつまんないのかわからないほどつまらなかった…。
私、制作者さんのゲームでそんなこと思ったことなかったのに…。(涙)

飛行船を手に入れてからはすごく面白かったです。

・モブとの会話が広がらない

ラハ二作目の、あのわくわくする会話の数々はどこへいったの…!!
戻ってきて。面白い会話、わくわくする会話、戻ってきて…。(涙)

・移動魔法もどきが面倒くさい

なんでチャージ要素とか入れたの!!
世界観重視、プレイヤー軽視の典型じゃないですかー!!
そういうことしない方だったじゃないですかー!!(涙)

私、ラハシリーズで移動にストレス感じたことなかったのに…。
なんで、どうしてこうなったの…。

***

まあ、上記はよくある一本道RPGのつまらない要素で、過去にも散々泣いたので、悲しいけどまあ、仕方ないと諦めることもできるかもしれません。

だがしかし。
問題なのは、トゥルーEND後の「死者蘇生」です。

「理不尽な死を遂げた人だけを生き返らせている」

というその言葉!!

これはちょっと大問題だよね…。

「理不尽な死」ってどうやってわかるの?
誰が決めるの?

病死した人は理不尽な死じゃなくて、殺された人は理不尽な死とか思ってるわけじゃないですよね!!

老衰(に見える)人の死は理不尽な死じゃなくて、幼児の死は理不尽な死だと思ってるわけじゃないですよね…?

自殺の人は自分で死を選んだから、理不尽な死とみなさないとか思ってないですよね。

「死ぬ直前に死にたくない、まだ生きたい」と思った人の死は全部、理不尽な死じゃないですか。
それをどうやって選ぶの?
どうやってわかるの?
誰が決めるの?魔女が勝手に決めるの?
理不尽かどうかなんて、死んだ人しかわからない。

魔女が理不尽でないと思ったら、その死は理不尽じゃないということになるの?
死んだ人が理不尽な死だと感じていても?

ラハ三作目の「自分が努力したから、努力した自分だけは優遇されてもいい」と思ったヒロインと同じ考えだよね…。

なんという傲慢で恐ろしい思想だろうか。

と思いました。

これを幸福な結末と言うのか。

ゲームのメインキャラだけ生き返ればそれで幸せなの?
まあ、私も大好きなキャラだけは生きていてほしいと思うこともあるので、それも一種の幸せだとは思うのですが「世界中の人々の幸せ」を願った魔女がやることか、と思いました。

あの死者蘇生の方法は、究極のエゴイストがやることだと思う。
自分の行為の残酷さを理解して、それでも「一部の人だけでも」助けたいと思うのならそれでいいかな、と思います。

***

※追記

移動速度の修正とエンディング後の「理不尽な死を遂げた人だけを生き返らせている」というセリフに、本来入れておくはずだった「私が納得できる言葉」が追記されたようなので、とてもほっとしています。
病死の方も事故死の方も、殺人で殺された方も、きっと皆、助けてもらえる!

よかったです。フィクションの中だけでも、皆が幸せなのは嬉しい。

制作者さん、優しい配慮をありがとうございました!

PR
【Amateur's Garden】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:自由度が高く、人間ドラマが胸に迫るやり込み系RPG
サークルさん:495さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:WOLF RPGエディター

2.00.13でクリアしました。
私、とても感動しました!!
現在二周目プレイ中です。

以下、ネタバレ感想ですが、なるべくゲーム内容の核心を記載しないように気をつけます。
愛が溢れすぎて書いてしまったらごめんなさい。

自由度が高くて男女主人公選択可のフリーシナリオRPGで遊びたいんだー!!という方は真由子の感想を読まずに、このゲームをプレイしてください!

私の感想で面白さを測るより、このゲームを即座にプレイする方が、時間を有効に使えると思います。

このゲーム、本当に遊びやすくて面白いんですー!!

私の熱烈なおすすめを信じきれない方は感想を閲覧してください。

***

真由子は実は、このゲームを一度プレイして挫折しているのです。
理由は、女性主人公なのに、髭面の盗賊のような口調だったことと、最初のダンジョンから壮絶な迷子になったからです。

でも、絶対に文句は言わないと心に決めていました。
だって、男女主人公選択可のフリーシナリオRPGを制作して完成させてくださったことに感謝していたからです。

だから、文句を言って制作者さんを傷つけることだけはしない!!
と決めていました。
でもプレイは出来なかったんだ…。

***

だがしかし。
ゲーム好きのプレイヤーさんは容赦がなかった。

そのおかげでこのゲームは私がプレイした時とは別作品のように、素晴らしい飛躍を遂げ、真由子の最上級の宝物のゲームの一つになりました。

なんて嬉しい。
なんて素晴らしい…!!(涙)

私、制作者さんに何かいいことがありますようにって定期的に祈ります。本当に!!
このゲームで遊ばせていただいて本当にありがとうございます。
嬉しい。楽しい。大好きー!!

***

本来、真由子はこういう「嬉しい。楽しい。大好きー!!」という感想だけを書いていたいのです。
こういうゲームだけを遊べたら幸せだと思う。

存分にこのゲームへの愛を語ったところで注意を。

このバージョンでも、女性主人公の口調はそこそこ乱暴です。
でも、傭兵という立場上、許容範囲内だと思います。

他キャラから、ちゃんと「信頼できる女だ」と言ってもらえるだけで私は嬉しい。
「男」「女」という一字違うだけでもシナリオの構成は大変だってわかってるんだ!!

仲間キャラクターは大変魅力的で、イベントは楽しいです。
でも私がプレイしたバージョンでは仲間ENDはありませんでした。
残念ー!!

一周目に仲間にした二人のイベントに感動し過ぎて、二周目はちょっと感動が薄いです。
でもエンディングまでプレイして三周目も遊ぶんだー。

***

私は難易度が一番易しいモードで、ボーナスは「光源」を選択しました。
メインダンジョンは、進行方向に矢印を出してくださったので迷子で苦しむことは無く、ダンジョンを調べてくれる人に出会えてからも、迷子になることはありませんでした。

どこでもセーブできて、セーブして詰む可能性がある状態の時は、きちんと警告してくださるので大変ありがたかったです。

周回ボーナスもあるのですが、二周目でもきつい敵がいます…。

***

人間ドラマの描き方も素晴らしく、個人的にはスポンサーガテイストで嬉しかったです。
最善を尽くして努力したのに報われないキャラもいて、私も「どうしたらよかったんだろうなあ」と一緒になって考えました。

でも答えがわからない…。
どうしたらよかったんだろう。

ひどい人もひどいこともたくさんあるゲームですが、胸を打つシナリオです。
ハッピーエンドが大好きな優しい方には厳しいかもしれませんが、心が元気な時にプレイしていただきたいです。

特に大人の方に強くお勧めしたいゲームです。
きっと、宝物のゲームになると思います。

私、こういうフリーシナリオRPG、男女主人公選択可の、制作者さんの新作ゲームをプレイ出来ることを、いつまでも待ってます。
何年でも待ってます…!!
【ファルクメイデンRR】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ゲーム内容が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:ROWProjectさん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:WOLF RPGエディター

クリアしました。
結果的にはとても面白かったですが、人を選ぶ内容だと思います。
以下、率直な感想ですので、このゲームが大好きだ!という方は閲覧しないでください。
一回プレイを挫折した方に読んでいただけたら嬉しいな、と思います。

真由子は以前、ずっと前にこのゲームをプレイして、挫折したプレイヤーです。
再プレイに至った理由は、単なる気まぐれです。

なぜ挫折したのか。

そしてなぜ二回目にはクリアできたのか!

ということについて記載したいと思います。

挫折した理由①

主人公の一人称が「ボク」で考えるよりさきに行動する子。話が通じなくて、意味不明なほどに「にゃー」とか言う。

これね!
制作者さんの「萌え」ポイントが私には全く理解できなかったんですよ…。

ちゃんと喋ってよー!(涙)
勝手に行動して真由子に迷惑かけないで!

と思っていたんですよ。
これを、どうやって克服したのか。

「主人公を人間だと思わず、猫だと思う」ことによって、克服しました。
猫だったら一人称が「吾輩」でも可愛いもの!!
そして猫なら「にゃー」って言うし、話が通じなくてもあきらめがつきます。

挫折した理由②

主人公の相棒の青年が、即行で主人公以外の女の子と恋に落ちる

これね!
私、こういう展開大嫌いだったんですよ!

だって女の子主人公の意味無いしー!!

でも、今は嫌いじゃないです。
そういう展開で、大好きなゲームに出会えたので。
主人公が恋愛系で薄幸でも素敵なゲームがあるんだな、と思えたので。

挫折した理由③

装備品がよくわからない

これも、なぜか二回目は理解できました。
理由は不明。

***

そんなわけで、上記の理由で、一度目は序盤でこのゲームを投げ出した私ですが、二回目は無事にクリアできました。

最初のダンジョン以外は歩くのも楽しく、セーブ制限されていても不便を感じませんでした。
主人公の一人称にもエピソードがあって、ヒロインの女の子の料理上手な理由もわかってよかったです。

エンディングまで見て思ったんですけど、このゲームって主人公の相棒の青年が実は「主人公」だよね!

以下、ちょっとした不満点。

・やっていることがたいしたことない

一番壮大なイベントが「山に登って頂上でお弁当を食べる」なので、ちょっとがっかりしました。
私だったら、そんなことで夢や希望を感じたりはしない。

***

誤字が気になる方はちょっと厳しいかもしれないですが、ほのぼの系+やり込みゲームをプレイしたい方はぜひどうぞ。
ロリコンネタやメタ系、うわーっと思うアニメ系の感じが苦手な方はやめた方がいいかも。

良くも悪くも、制作者さんの趣味全開のゲームだと思いました。

この世界観で、もっとちゃんと壮大なゲームで遊びたかったなーって思ったら偶然、似た世界観で壮大なで自由なファンタジーゲーム『Amateur's Garden』に巡り合えて感動しました。

『Amateur's Garden』の感想はこの記事の次に書きます。
こちらのゲームの制作者さんにも『Amateur's Garden』をプレイして欲しいなー。
このゲームのゲーム内容はすごく素敵なので『Amateur's Garden』のような本格派のテイストと自由度があったら本当に素晴らしいと思います。
空想庭園入金確認表を送付致しました。
どうぞよろしくお願いします。
届いていない方はお手数ですが、ご連絡ください。
【Saikai no】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:寄り道が楽しいやり込み系RPG
サークルさん:mobcharacter57さん
プレイした理由:なんとなく
プレイツール:RPGツクールMV

たぶん、ver.1.02でクリアしました。
エンディングが二つあるそうなのですが、真由子は一個だけ見ました。
最後の選択肢で変わるのかな。

でも、もうラスボスと戦いたくないんだー。

私はすごく面白かったです。
ではネタバレ感想を。

私、このゲームをプレイしている途中で思い出したんですけど、こちらの制作者さんのゲームを以前プレイしたことがありました。

猟奇的なハッカドロップ嫌いで、嫌いなドロップを、余るからって、しつこく他キャラにすすめているうっとうしい主人公がいたんですよ!

それで真由子は嫌になってゲームをやめたの!!

それからずっと、こちらの制作者さんのゲームをプレイするのは避けていて、避けているうちに忘れてしまって、それでこのゲームを普通にプレイしたのです。

面白かったからよかった!!

***

やり込み、寄り道が楽しかったです。
私はステルスクリスタルの存在を終盤近くになるまで忘れていて「なんでこのゲームこんなにエンカウント率高いのよー」と思っていました。

なんという愚かなことよ。
でもそのおかげでそこそこ強くなりました。
ステルスクリスタルで敵が出なくなってからは、うろうろ探索が楽しかった!

でも、毒沼に踏み込めるアイテムを貰えたのが終盤だったので、なんか、各地を回るのが面倒くさくなって、上位魔石が二個装備できるアイテムがゲットできた時点で探索をやめました。

もう少し早く、もらいたかったなー。

あと、勇者物語が一冊だけ見つけられなかった!

でも、勇者物語を探してうろうろしているうちに、災厄の発生イベントも見られてよかったです。

キャラクターも魅力的で、ストーリーも楽しかったです。
次はもう少し分岐が多めのゲームだったらいいなー。

ドロップ狂も、このゲームくらいの露出度だったら全然平気だった!

ネタ系メタ系が嫌いな私でも、この程度なら気になりませんでした。
まだ誤字が多いので(テキスト量に比べたら少ないですけど)気になる方は、少し待った方がいいかも。

自信→自身の誤字を含め、文字抜け等、目に付く程度にはありました。現状では。
テストプレイをきちんとしてくださっていても、誤字潰せないんですよね。わかる!!

あと、アホっぽい女騎士が空回りしながら先輩騎士に近づいていく、明るい王道ファンタジーを期待している場合は、シリアスな展開に打ちのめされる結果になる可能性もあるので、気をつけてね。

私はシリアスなキャラ成長物語は大好きなので、このゲーム、面白かったです。

個人的には過去改変したかったー!!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
11 12 13 14 15
16 17 19 20 21
23 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R