忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[957] [956] [955] [954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947]
【与えられた冒険】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:いじめと戦う&割とコミカルな学校冒険RPG
サークルさん:418shiroさん
プレイした理由:好意的なレビューがあったので
ツール:たぶんRPGツクール2000

プレイしました。面白かったです!
私、こちらの作品を一度見かけて、でも「いじめをテーマにしているっぽい感じで無理かな」と思っていたのですが、好意的なレビューがあったのでプレイしてみることにしました。
ストーリー、暗くなかったです…!
キャラクターは全員アクが強い感じなんですけど、変な正義感がなく、たぶん制作者さんが広い視野をもって物事を見る感じの方なので「嫌な行動を延々見せられる」ということがなかったです。
キャラクター、私、全員そんなに好きじゃないんですけど、すごく面白かったので、個性有りのキャラクターがダメな方にもおすすめです。

エンディングは二つあるそうで、中盤の選択肢で決定するそうです。
私はハッピーENDっぽい方だけ見ました。
悲しいENDは嫌なので…!(悲しいかどうか見ていないのでわからないですが)

※ここからネタバレです※

この作品は本当に考えさせられるテーマが多かったです。
特に答えは出ないんですけど、記載します。(多少文章は違っているかも)
私が印象に残ったのは…

・自分の個性が強すぎることを自覚していて、周りが合わせてくれていることをわかっていて「それが自分なんだから仕方がない」と投げやりになってもいいのか

・「嫌な性格」の人が「嫌な思い」をしたりひどい目にあったりしても良いのか

・部活で、一二年生は実力があってもサポートにまわり、三年生を主体にすべきか
→私はこれ、三年生主体でいいと思います。だって一二年でレギュラーになれなくて、上級生になるのを待っている人たちが可哀想じゃないですか…!

・障害があって、その障害ゆえに周囲に多大な迷惑をかける人がいて、迷惑をかけられてすごく傷ついた障害の無い人は我慢しなければならないのか

・学校生活のトイレ問題
→私は、授業中に自由にトイレに行けるようにしてあげたらいいと思いました

・「スカートが長くてダサい」等「本当のこと」でも言われた相手が傷つくことを言っていいのか

***

こんな感じです。
こういう考えさせられるテーマが、会話やイベントにちりばめられていて、すごいなあ、と思いました。
様々な考えのキャラクターがいるので、いろいろな意見があって興味深いです。
私が「この子の性格好きじゃないな」という子が「あ。その考えは私に似ている」と思ったりするので、本当、多面性というのは素晴らしいと思いました。

楽しく遊べて考えさせられて、ハッピーな結末が用意されているRPGなので、個人的におすすめです。
戦闘は、多少はレベル上げは必要ですが、うっとうしいと思ったことはなかったです。
バトル面倒くさい派の方もぜひどうぞ。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R