忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[965] [964] [963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956] [955]
【トバリドトキシン】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:繊細な雰囲気、言葉が美しいRPG
サークルさん:トバリリアムさん
プレイした理由:素敵な感想があったので
ツール:RPGツクールVX

褒め言葉と愚痴が入り混じるレビューになりますので、ご注意ください。
出来れば、褒め言葉だけを拾って読んで頂ければと思います。
冒頭で大事なことを…。

このゲーム、たぶん1.01(真由子プレイバージョン)では完成品ではありません。
ENDはいくつかありますが、思いっきり未消化な気持ちになります。
今、見させていただけるエンディングはとても綺麗にまとまっているものも多いんですけど。
それで「今はいけないようだ」というところがかなりあって、人によっては道が通行できるようになる術を探してしまうのではないだろうか、と思うので本当、ご注意ください。
たぶん、今はどうしようもないと思います。

真由子、一番最初から「完成品であそびたかったなあ」と後悔するほど素敵な作品です。
音楽、グラフィック、ストーリーの統一感があって、非常に繊細で美しいです。
一瞬だけ手のひらで形をとどめる雪の結晶みたいな印象です。
アイテムの名前とドット絵がすごく素敵なのです。
私、アイテム欄って普段、ものすごく興味があるわけではないのですが、この作品は細かく確認しました。
とにかく、簡潔で印象深い言葉で構成されていて、無駄がない感じがすごく好きです。

そして遊びやすい!
ひらめき重視の謎解きがダンジョンに散りばめられているんですけど「解けても解けなくても」メインストーリーは先に進めるので「解けないー!!イライラするー!!攻略は!?」みたいな気持ちにはならずに済みます。
私はたぶん3割りくらい解いた感じです。
ひらめいて自力で解けた時は楽しいのです。

敵はシンボルエンカウントで、戦いたい時に戦えることが多いので、雑魚戦闘でいらいらせずにすみます。
自分の部屋として使う空き部屋の掃除や、可愛い植物等を育てたり、サブイベントを探してさまよったり(イベント発生条件に関しては丁寧なヒントがゲーム中にあります)無駄な時間(楽しくない時間)がほとんどない構成で、本当に素晴らしいと思いました。
立ち絵やイベントCGも素敵です。
人によってはストーリーの説明が足りない(登場人物の性別すら不詳っぽい感じ)と感じるかもしれませんが、私はそれも含めてとても素敵だと思いました。

※ここから盛大な愚痴です※

本編が素敵だったからこそ、おまけ部屋が…。(涙)
本編の先に続くヒントがあったり(たぶん冒頭以外は未実装)CGギャラリーがあったりしてとても素敵なのですが、とにかく本編の雰囲気が台無しです。ぶち壊しです。(涙)
見なきゃよかったと思うくらいで…。

ここからは本当、おまけとかあとがきを書きたい方には本当に申し訳ない愚痴だと思うんですけど、特にシリアス系の作品は、プレイ直後のプレイヤーの心情について想いをはせていただけたら本当に幸いです。
「静かに感動…」という気持ちでおまけ部屋に入ったらどうなるのか!?(涙)

「だったら見なければいいと思う」というもっともなご意見もあると思います。
でも!!ゲームの攻略とかヒントとかあったらどうしよう、と思うと本当、見ざるを得ないのです…!!(実際、攻略のヒントがあることが多いですし)

この作品は、現バージョンで最後のエンディングを迎える時に死闘を繰り広げる、ということはないので、おまけ部屋を見ずに一度終了して、感動がおさまったころにおまけを見る、ということが可能です。
でも、一回目にエンディングを迎えたプレイヤーはとにかく見られるものは全部見ておこうと思うので(ツクール、ウディタ作品は特に)ちょっと考えていただければと思います。
イベントCGでの制作者さんの感想とかもう…。(涙)
真由子、イベントCG、感動したのになあ…。

という愚痴でした。
本編が繊細で無駄な言葉が無い素敵な構成だったので、余計にそう思ったのだと思います。
特に修正の希望というわけでは決してないです。
これからプレイする人は気をつけてね、という…。(涙)
気にならない方は、本当、いいんですけど…。

※真由子は続きをプレイできるか※

私、この作品が好きで素敵だと思うんですけど、セーブデータ引き継ぎ不可でバージョンアップした場合、または自分がこの作品のデータをロストしてしまった場合は、プレイ出来る可能性は極めて低いと思っています。
初回プレイで完成版プレイしたかったなあ…。(涙)

フリーゲームの体験版って、本当に不遇だと思うのです。
私はゲーム制作者なので「未完成版でもプレイヤーさんにプレイして感想をいただきたい。この方向性で合っていると背中を押して欲しい」という気持ちは本当に、ものすごくよくわかります。
でもプレイヤーとしてフリーゲームの体験版をプレイしたいかといえば「ノー」です。
この矛盾…!!(涙)

なんかもう、自分、どうなの!?と思うんですけど、これが正直な気持ちです。
シェアゲームだと、体験版は動作確認&購入検討のためにプレイする意味があるんですけど、フリーゲームだと完成品を待った方がメリットがあるので…。

だから、フリーゲームの体験版を自分がプレイしたくなるようにするにはどうしたらいいのかな、と思っています。
だって一番応援して欲しいのって、制作途中じゃないですか!
なんか、ウディフェスとかでも「体験版嫌だ」というような声があって、本当、制作者さんが可哀想だと思うのです…。
でも自分だって…体験版プレイはちょっと嫌なので…どうなの…みたいな…。

ゲームはエンディングまでプレイして「ああ。面白かった!」といって終了できるところに価値があるので、体験版でもエンディングをつければいいのかな、と思うんですけど、本作品で2個もエンディングを見せて頂いたにもかかわらず不完全燃焼の真由子なので、それもちょっとね…という感じがします。
難しいです…!!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R