忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
【扉】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:ミステリーホラーADV
サークルさん:ぬんぬ製作所(みょう)さん
プレイした理由:面白そうだと思ったので
プレイツール:RPGツクール

1.1をクリアしました。
すごく面白かったですー!
制作者さんのあとがきを読ませていただき、とても感動したのはすごく珍しいです。

感動した理由は「推理、謎解き要素になぞなぞが無いようにした」というところです。
なんて嬉しい…!
本当、このゲームは情報を集めて、考えて謎解きするのが楽しかったー!!

でもたぶん、人によっては行き詰まると思うので、クリアして欲しいのでネタバレヒント置いておきます。

ネタバレ嫌な方は読まないでくださいね。

***

真由子が泣きそうになったところ。

最初の追いかけられイベント。

これは、普通に真っ直ぐ進めば大丈夫です。
矢印キー押しっぱなしにしていれば平気。
少しでも遅れるとつかまっちゃうので気をつけて!

***

絶対必要なセーブポイントは、フリーターの妹さんに証言を聞く前に。
やり直すのが嫌な方は、readmeをしっかり読んで「必要な情報を必ず入手しておいてください」

私は一個足りなくて「前編」から先に進めませんでした!
でもこまめにセーブデータ取っておいたので、妹さんへの情報収集からやり直すことができました。

***

次に苦戦したのはしゃがむところ。
すごく判定がシビアなので、余裕をもってしゃがんでください。

***

それではネタバレ感想です。

私は加奈子が嫌いだったなー。
すごく空気読まないずるい子だな、と最初に会った時から思ってた!
だって仕事で疲れている友達を夜に自分の部屋に呼びつけて、怖い話とかする?普通。
しかも、友達の友達が巻き込まれた事件の捜査をしてくれって…。

嫌な子!

危ない目にあったら可哀想だと思わないのかなあ…。
と、思いました。

でも事件は本当に興味深かったです。
アパートの人たちも面白かった。
話を聞くときは良い顔をしてくれたのに、陰で大家さんにクレーム入れられていたと知った時は地味にショックでした!(笑)

人間関係も推理も面白かったー。
でも主要登場人物は正直最悪だよね。
特に一番ダメなのは加奈子と彼だよね…。

そんなわけで事件の結末にも納得でした。
加奈子がすごく嫌いだということが確定したので、バッドENDにも納得でした。
むしろバッドENDが正式ENDでもいいかも!!

面白い推理ゲームをお探しの方は、ぜひどうぞ!
ぜひ、あとがきまで読んでみてください。

あとがきに書いてあった制作者さんの別ゲーム、今はプレイできないみたいで私はすごく残念です。
PR
【四人の王国】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:作り込みに感動するマルチENDAVG
サークルさん:yako(やこ)さん
プレイした理由:マルチENDになったと書いてあったので
プレイツール:ウディタ

Ver1.11でクリアしました。
感動しました…!!
ほぼ一本道AVGってありましたが、全然一本道じゃないよー!!という印象です。
でも、落ち着いてよく考えたら、展開は一本道かもしれません。

だがしかし!!
真由子の心は分岐とイベントとエンディングにものすごく満足しています!!
プレイできてよかったです。
たぶん、バージョンアップしたデータで遊べたからだと思います。

制作者さん、ありがとうございます!!
プレイヤーの心を反映するゲームで遊びたい方は、ぜひどうぞ。
未プレイの方はこの先の感想は、どうか読まないでください。

私、語りたいの…!!
ネタバレにご注意ください。

***

まず最初に、制作者さんがプレイヤー真由子のことを聞いてくださるんですよ。
嬉しかったー!!
性別聞いてくれるゲームに外れ無し!!(のことが多いです)

それで、女性って答えたら、このゲームは男性主人公って謝ってくださるんですよ。
優しい…。(涙)
なんて優しい方なのでしょう。

本当は女の子主人公がよかったけど、でも私、優しい制作者さんのゲームで遊んでみたいです。
と思いました。

***

結局、真由子の好みをお伝えしたことがゲームの中でどんな風に反映されたか全くわかりませんが、とにかく、制作者さんがプレイヤーに興味を持ってくださる方ということはわかりました。
だから嬉しかったー!!

***

主人公はストレスで話せなくなった「王子候補」の青年です。
喋れないから、どんな選択をしても、大抵は話しかけている相手の思うようにストーリーが進んでいきます。

でも、選択肢の積み重ねで「主人公の性格」や「登場人物への感情」が決まっていくのではないかと思います。

私がすごいなあ、と思ったのは…。

・暇だなーという気持ちになる「移動中」に任意で発生させるイベントが用意されている。

これ、感動しました。
キャラに吹き出しがついている時にシフトキーを押すとイベントが始まります。
このイベントのすごいところは、二周目以降、イベントを一回見た場合は発生させずにスルーできることです。

すごいですよねー!!
なんというストレスフリー。
これ、プレイヤーの気晴らしのために作られていると思うんですよ。

暇だったらキャラとお喋りしてねっていう!!
なんという優しさでしょうか。

あと、バトルイベントで全滅してもすぐにリトライで再開できるのも嬉しかったです。
だってどうせやり直すしー!!

それから、バトルイベントで人間関係がわかるようになっているのも面白かったです。
バトルのバランスはかなりシビアなんですけど、まあ、よっぽど運が悪くなければなんとかなると思います。

***

ではキャラについて語ります。
未プレイの方は読まないでくださいねー!!

私はクーちゃんが気持ち悪くて、リカちゃんが大好きでした!!
なので、リカちゃんのエンディングはほとんど網羅したのですが、クーちゃんのエンディングは二股で選ぶエンディングだけを見ました。

***

いやー。
クーちゃんは気持ち悪かったー!!
最初から、主人公への好意ではなく、自分が幸せになることだけを考えているエゴだとわかっていたので、本当、気持ち悪かったです。

正直、カーくんとうまくいってほしかった。
病んでいる人と、病んでいる人を無条件に愛している人ってすごく相性が良いと思うんですよ!

***

リカちゃんは大好きでした!!
私がリカちゃんを好きになったのは、主人公に荷物運びを命じた時、彼女が「自分の方が重い荷物を持つ」と言って、本当に持ってくれた時です!!

そんな力持ちで優しいヒロイン、私知らない…!!
「あんた重い物持ちなさいよ。男でしょ!!」っていう無神経ヒロインなら知ってるけど…!!
リカちゃんは日ごろの鍛錬の成果で素晴らしい筋肉を持っているのです。

かっこいい…。
主人公、王子候補だからひ弱なんですよ…。
このゲームに出てくる王子候補はだいたいひ弱ですけどね!

クーちゃんは体力無い上に弱いので、本当、全く役に立たなかったんですけどリカちゃんは違う!!
弱すぎる主人公の盾になって守ってくれる…!!

努力家で、ムーの時から主人公を大事に想ってくれてありがとう…。
私、最後は「リカ!!」って叫ぶ感動のシーンがあると思ってたくらい、リカちゃんを信じてました。

でも正直ライツエンドも一回くらい見たかったなー。
どうしてもリカちゃんが放してくれなかったから諦めたけど…。

***

クーちゃんのことは気持ち悪くて嫌だったんですけど、最初はクーちゃんたちしか仲間がいなかったので、素直に気持ち悪いといえず、それはつらかったです。でも選択肢はあったんですよ!
でも、さすがに「嫌い」は言えなかった…。
あの選択肢に「普通」が欲しかった…!!

あと、サトミちゃんも好きでした。
リカちゃん押しだったので、サトミちゃんに行きづらくて三人ENDだけは見ました。
サトミちゃんも可愛い!!

もう、とにかく選択肢を選ぶのが楽しくて、後半の展開も楽しかったです。
でもブラック企業のイベントは悲しすぎて、とりあえず二周目はきついと思いました。

私、制作者さんの女の子主人公のゲームでこういう感じのを遊びたいですー!!
【たとえばあなたに告げるとしたら】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:アイテムを集めるのが楽しいAVG
サークルさん:つくしさん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:わかりません。


クリアしました!
素敵なゲームでした!

※これからプレイする方は閲覧推奨※

私がプレイしたデータでは、致命的なエラーが出ます!!
なんか、弓を持った女の人とのバトルの時に突然エラーが出て終了するしかなくなって、終了して、再開しようとしたら「ゲームが開けない」エラーが出ました。
致命的!!

結局、これまで頑張った(体力51まで上げました)データをすべて削除して、新しく始めました。
対策としては「弓矢を持った女の人とは戦わずに逃げる」という対応を取りました。
それでEND1までクリアできたので、これから、修正が入るまでの間?のデータで遊ぶ場合は本当に気をつけてくださいね!

このゲームは自動セーブなゲームなので、致命的なエラーが出たら、たぶん終わりです。
データ消すしか道は無いと思います。

***

基本、クリックするだけの簡単なゲームなので、どなたでも楽しめると思います。

※ここからネタバレあります※

とにかく主人公の女の子が結構最低です。(ラストは素敵です)

悪い子じゃないんですけど、行動しないずるい子…というのでしょうか。
自分がやったことなのに、友達がやったことだと勘違いされて、そのことで自分以外の二人が喧嘩しているのに「自分がやった。ごめんなさい」って言わないんですよ…。

言いなよ!!

と思いました。
まあ、とにかくどんな時もそんな感じです。
自分が「何もしないこと」に罪悪感はあるんですけど、でも動かない…という状況が割と長く続くので、イライラしてしまう方はきついと思います。

私は、ドロップアイテムがとても素敵だったので、それを集めたくて楽しくすすめました。

※ここからさらにネタバレです※

最初は、敵と同じ色のマイナス数値のアイテムをぶん投げて、敵を倒していたのですが、ある時「プラスのアイテムを投げたらどうなるんだろう?」と思い、投げてみて「敵を浄化できる!!」ということに気づいてから、ものすごく熱中しました。

こういう仕様を考え付く制作者さんのゲームは、絶対面白いの!!

結果、ものすごく面白かったです。
必死で頑張ったデータが強制エラーになっても、めげずにやり直してクリアしたほどに面白かったです。

でも、後続のプレイヤーさんが真由子と同じ目にあったら可哀想なので、注意してくださいね。

***

ここまで読んだ方はもう察しているかもしれないですが、このゲームは「所持アイテムの数」が最重要になります。
アイテムが尽きたら死ぬしかないので「アイテムが十分な数になるまでゲームを繰り返して、我慢強く貯めること」をおすすめします。

END1はとても素敵なエンディングなので、ぜひ頑張ってください!
【マイムの見た夢】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:エンディングの歌声以外は素晴らしいゲーム
サークルさん:Laineusさん
プレイした理由:素敵な雰囲気だったので
プレイツール:WOLF RPGエディター

クリアしました。
感動しました。
エンディングの、耳をつんざくような歌声を聞かされて感動が吹っ飛びました!(涙)

ああいうの好きな方がいるのは存じ上げていますが、私はこのゲームでは聞きたくなかった!!
物憂げな美しい旋律の、ショパンが似合う、そういうエンディングなのに…。(涙)

ショパンが似合う繊細な雰囲気のゲームなんて、あんまり無いのにー!!
なんであんな、耳をつんざく声でアイドルっぽい歌を聞かされなければならないの?
仕方がないので消音しました。

ゲームプレイ中はシーンが変わるたび、場所にあった素敵な音楽が流れていたのにー!!
どうしてー。
どうしてエンディングだけ…。(涙)

でも、あまりにも素敵なエンディングだったので二種類見ました。
どっちもアレが流れて泣きました…。
せめて片方だけだったら…。

***

でも、本当に繊細で優しく、素晴らしいゲームだと思ったので投票します。
本当、エンディングの歌声だけが心底嫌だ…。(涙)

【熱中度】

最初から最後まで、ものすごく熱中しました。
不思議な世界観で自由度が高く、アイテムは可愛く、イベントは考えさせられるものが多く、特にオアシスのイベント、宇宙船のイベント等は迷いました。

たぶん、どちらの選択肢でも「どちらかに」感謝されてりんごが入手できるようにしてくださっていると思うので、制作者さんは親切な方だと思いました。
ありがとうございます!

砂漠で埋まっているものを掘り起こしたり(ルビーって何に使うのかな、と思いました)拠点にアイテムを持ち帰るとリリアちゃんがコメントしてくれる物もあって、とても嬉しかったです。

何気ないアイテムグラフィックも本当に美しく、リュックがいっぱいになりました。
拾い集めながらうろうろするのが、本当に楽しかったです!!

キャラも魅力的で、マップも本当に美しくて、すごく熱中しました。

【斬新さ】

自由度が高い、アイテム拾い集めて渡すゲームは、あんまり見たことが無いので斬新だと思います。
あと、まったくどろどろしていない、美しい百合ゲームはそんなになくて、私はこういうゲームを素敵だと思うので、その点でも評価します。素敵です。
主人公が全くしゃべらないのも好きです!!

【物語性】

美しく、優しい物語だと思います。
私はとても好きです。本当に感動しました。
主人公に生きることを促しながら、川底で主人公を探し求める彼女は本当に可哀想で、側に行ってあげたくなりました。
選択肢がすごく素敵でした。

二種類選んで「こういうことか」と思いました。
ずっと夢を見続けられる方法があってよかったです。

タイトルの意味がエンディングで提示されるのも、素晴らしいと思いました。
途中のイベントでも、考えさせられる選択肢が多くて、どれも間違いではなくて、プレイヤーの考え方を拒絶する物が無いのはいいなあ、と思います。

【画像/音声】

マップは美しく、アイテム画像は可愛く多彩で、話せるキャラは魅力的。
主人公とリリアちゃんは本当に可愛くて他のキャラとは違うグラフィックで、拠点をいろんなアイテムで飾っていくのが本当に楽しかったです。

画像とBGMは10点。本当に素晴らしいです。
でもエンディングの歌声は1点です。本当は点数をつけたくないくらいです。
なので、間を取った点数にします。

エンディングの耳をつんざくような歌声を聴くのがつらくて消音にしました。
私は、このゲームのエンディングにはもっと繊細で美しい曲があっていると思いました。
本当、好みの問題だから仕方がないことはわかっているのですが…。

ゲームをプレイしている間、聞かせて頂いているBGMは本当に素敵だったので、まさかエンディングでアレが来るとは全く思いませんでした…。

でも、好きな方もいると思います。エンディング曲。

【遊びやすさ】

どこでもセーブ可と、マップ保存があったので、とても遊びやすかったです。
ありがとうございます!
それから、回復アイテムが簡単に入手できる仕様なのも、すごく嬉しかったです。
心配りしてくださって、本当にありがとうございます。
おかげで、楽しくエンディングまでプレイできました。

【その他】

不思議で繊細で美しい世界観と、キャラクターが魅力的なこと、ゲームとしてすごく面白かったことについて、加点します。
あと、まったく不具合なく、楽しくエンディングまで遊ばせていただいて嬉しかったので加点します。

素敵なゲームをプレイさせていただいて、本当にありがとうございました。

***

総合18位おめでとうございます!!
もっと上でもよかったのになー。
でも、エンディングの歌声で切なくなったプレイヤーさんがいらっしゃるようで、そのことに衝撃を受けました。
私はあの声で切なくなるのは無理かな…。

でも、人の好みはそれぞれですよね!!

実は、私が投票した中で、このゲームが一番得点高いかも!しれません。(ちゃんと計算したわけじゃないんですけど…)
エンディングの歌声がなければ、平均9点だったかもしれないので、それは残念でした。(高得点入れたかったのー!!)
【硫酸で顔が焼けた朝海さんのはなし】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:因果応報推理AVG
サークルさん:HIJIKIさん
プレイした理由:素敵な感想があったので
プレイツール:LiveMaker ver.2

クリアしました!
すごく面白かったですー!!

***

私、たぶんこの作品のタイトルは知っていたと思うんですけど、ずっとプレイしていなかったのです。
理由はタイトルが怖すぎるから、と、一本道のノベルゲームに対する信頼度がマイナスだったからです。

この作者さんのノベルゲームをプレイして「ダメだ」と思ったわけではないのに、自分が以前にプレイしたノベルゲームが私にとって悲惨過ぎることが多くて…。

***

このゲームの素敵なところを書きます。
ネタバレ注意です!!

この作品をプレイしようと思ったのは素敵な感想を読んだことが切っ掛けです。
感想を書いてくださった方、ありがとうございます!

冒頭が素敵。
主人公の名前と、現在の状況、行動がすぐに示されます。
私、そういう配慮大好きー!!嬉しいです。

一本道のノベルゲームは、主人公がどういう人かもわからないのに冒頭から延々バトルとか、風景描写が続いたり「主人公以外の人」が長々と出しゃばったりする物がすごく多くて、本当辟易していたのです。

まずは主人公でしょ!!
主人公がどういう人かわからないと、私の気持ちの持っていく場所がないのです。

***

基本、主人公と妹さんの二人が登場して、過去を回想しながら「ノートに記載された情報を手掛かりに」推理していくんだなあ…と思いました。

※ここからさらにネタバレ注意です!!※

推理ゲームが好きな方は私の感想を読まずに、今すぐプレイしてください。
書きます。
書きますー!!

***

ノートには四人の証言者の証言が記載されていて、順番に証言を読んでいきます。
読み終わったら「ノートを閉じる」を選ぶとゲームが進行します。

真由子は思いました。

「四人の証言者じゃなくて、妹さんが犯人じゃない?」

だって!!
こういう場合って証言者は全員白(犯人じゃない)という場合があるじゃないですかー!!
何の根拠もない私の推理。
だがしかし!!

私の推理を超える展開と結末が!!

とても面白かったです。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R