忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1485] [1484] [1483] [1482] [1481] [1480] [1479] [1478] [1477] [1476]
【タッタラドッタラTVショー】※フリーゲームなのでリンクは繋ぎません

ジャンル:マルチENDの多人数デスゲーム
サークルさん:生爪 万温(イヅメ マオン)/個人サークル名/ZOE(ゾーイ)さん
プレイした理由:分岐がある多人数デスゲームが好きなので
プレイツール:たぶんRPGツクール

END3でクリアしました。
一回死にました!!
すごく面白かったです。
真由子はまた一つ宝物のゲームが増えて嬉しいです。

なぜ、宝物だと思ったのか記載します。
致命的なネタバレには気をつけますが、ネタバレにはご注意ください。

***

・プレイヤーの意志が反映される分岐があるマルチENDのゲームが好き!!

私は一本道のゲームだと、制作者さんと主人公の思惑でしか動けないので嫌なのですが、分岐があると「どうやったら生き残れるだろう」とか「目指すエンディングに向かって頑張る」ということが出来るので楽しくて大好きです。

このゲームは、END3である程度満足しているのですが、大好きなキャラを助けられず、それは残念でした。
登場人物が大好きなので、もう一度死なせてしまうのが悲しいので、公式で攻略情報を出していただくことがあれば、大好きなキャラが助けられるルートがあるか確認してから再プレイしたいと思います。

・女の子主人公が「女の子主人公」として輝いている!!

これ、私としてはすごく重要です。
このゲームの女の子主人公は、女の子として魅力的ではない代わりに、女の子の鼻につく部分もほとんど無く、強い不快感を感じる方は現れにくいのではないかと思います。

でも、登場人物から大事に想ってもらえることも多く、すごく主人公として重要だと感じられたので嬉しかったです。

私、女の子主人公が他の女子キャラと同等の価値しかなかったり、女の子主人公以外の女子キャラが、女の子主人公より優遇されているゲームが嫌なんですよ…。

「女の子主人公が他の女子キャラと同等の価値しかない」というゲームは「登場人物が女子キャラばっかり」ということが多いので、そういうゲームを避ければ済むのですけれど、女の子主人公より他の女子キャラが優遇されるゲームは、真由子の地雷にも関わらず、プレイしなければわからないのできついなあ、と思うことがあります。

***

真由子は主人公の死亡ENDがあるとは思わず、串刺しになった時はとてもびっくりしました。
その際、ゲーム内容が面白かったので、セーブした箇所と死亡ルートがある選択肢までの間が少し開いていたのですが、スキップ機能のおかげで数秒で選択肢に戻れたので嬉しかったです。

私は、スキップ機能を使ったのはその一度だけですが、特に、制作者さんが注意喚起してくださったような不具合に遭遇することは無かったです。

また、こういう、プレイヤーの意志が反映される分岐がある多人数デスゲーム系作品で遊べたら嬉しいです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R