忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[774] [773] [772] [771] [770] [769] [768] [767] [766] [765] [764]
【蟲ノ目】

ジャンル:ややグロテスクなバトルAVG
サークルさん:ヨツツジエコーさん
プレイしてみた理由:グラフィックが可愛かったので
ツール:ライブメーカー

「蟲ノ目第一章」をプレイしました。
ネタバレかも、と思う箇所は反転しながら、記載をしたいと思います。
一章・二章にリンクを張っておきます。

私が本作品をプレイしてみようかな、と思ったのは立ち絵グラフィックが可愛かったからです。
でも「蟲」という言葉が使われている以上、たぶん気持ち悪いんだろうなとは思っていました。
グラフィックがデフォルメされているので私は第一章の最後まで読めました。
私は蠅がすごく嫌いなので、羽音はものすごく気持ち悪かったです。

素敵な作品だと思います。
でも前半は「主人公が気弱な男の子」として、後半は「主人公の友達をかっこいい男の子として」置換しないと読み進めるには違和感がありました。
主人公も友達も女の子なのですが。
個人的にはこの二人の間に流れるものが「女の友情」と言われても全く理解できませんでした。
恋愛感情だったらわかるんですけれど…。
だって冒頭で友達は「自分が持ってきたものすごく重い荷物を、主人公に『部屋まで運んで』」と言うのです…!
そんなの絶対有り得ない!私はその時点で「この人と友達なんて無理だ」
と思いました。
自分の荷物は自分で運ぼうよ!っていうか持てる荷物しか持って来ないでください。人に持たせるなんて絶対駄目!
そこで読むのをやめようかな、と思ったのですが、主人公と友達の立ち絵が場面に合わせて変わるグラフィックに励まされて読み進めました。
グラフィックの力は偉大です。
前半はそんな感じで「友達でいるのは無理。ましてや好きなんて絶対思えない」というエピソード満載で進むのですが、中盤以降、バトルが始まってからは日常描写が皆無になるので、序盤より感情移入して読み進めることが出来ました。
私と同じことを考えて序盤で読むのをやめてしまった方は、中盤まで頑張ってみることをお勧めします。

作品の内容としては「とある毒の名前」が出て来た時点で「たぶん一人しか生き残れないか全滅なんだろうな」と思っていたのですが、どうやら「二章以降」の展開によってはハッピーENDもあるのかも、という感じでびっくりしました。
でも一章は悲劇的な結末なので、悲劇が無理な方は二章以降からプレイした方がいいのかな、と思いました。

バトルシーンはかっこよくてテンポがよく、でも気持ち悪かったです。
虫だから…仕方が無いと思うんですけど…。
タイトルの『蟲ノ目』という言葉が「なぜつけられたのか」作中でわかる仕組みになっているのが素敵だな、と思いました。
虫が好きな方、グラフィックが気に入った方はぜひプレイしてみてください。
虫が苦手でも頑張ればなんとかなると思います。(何とかなった人、真由子)
羽音は本当、気持ちが悪いので、どうしても無理な場合は音を消して読み進めることをおすすめします。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R