忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[773] [772] [771] [770] [769] [768] [767] [766] [765] [764] [763]
【オーシャンランチアンティーク】

ジャンル:スローライフレストラン経営SLG
サークルさん:犬と猫
プレイしてみた理由:難易度を落として遊びやすいと制作者さんサイトに書いてあったので
ツール:NScripter

体験版をプレイしました。
私は、やり込み系のゲームは感覚的に出来るかどうかがカギになるのでかなり慎重に選ぶ派です。
「遊びやすい」との記載が制作者さんサイトにあったので、どこまで初見で出来るかな、と思って、説明書やヘルプはざっくりとしか見ず、プレイしました。
「一年目の春のコンクール」までプレイした感想です。
プレイや購入の参考になったら嬉しいです。

画面は見やすく、イベントはわかりやすくて楽しいです。
ただ、料理アイテムの入手が私にはとっつきにくく、また、現段階では入手できないアイテムの方が多くて、レシピが多いのに簡単に作れない、という感じでした。
今の段階ではレストラン経営より、他のイベントが楽しいかなあ…と思います。
ただ、製品版を購入して長くやり込めば、今感じている不満はほとんどなくなるのではないかと思いました。
でも、やはり初見でこなそうとすると「どのコマンドで何が出来るか」は、ゲーム内のイベントだけの説明ではわからないです。
ヘルプ等を参照しながら、考えながらのプレイ推奨だと思います。

体験版のセーブデータは製品版に引き継げるそうですが、少し遊んで「いいかも!」と思ったら早めに製品版を購入してそちらをプレイした方がいいのかも、と思いました。
でも、真由子レベルのやり込みプレイヤーだと難易度はちょっと難しそう、だと思うので、体験版は必ずプレイした方がいいと思います。

【DLサイト様で製品版を買いました】

体験版を最後までプレイして「出来るかも」と思ったので製品版を購入しました。
現在、END一段階をクリアしたところで上級素材が手に入らない&キャライベントが減少してきたというところなのでプレイペースが落ちているところです。
ティコさんかイヴちゃんの恋人になりたかったのですが、やっぱり無理そう…かも…。
どうして…ヒロイン(シオ)一直線なの…?
現状、バレンタインにチョコレートをくれるのは男友達のアイトだけです。アイト、ありがとう!
特級コンクールで優勝できるようになったらまた面白くなるかな、と思います。

第二エンディングをクリアしました。
ここからはやり込み要素になるみたいです。
感想としては面白かったんですけど、後半は全くストーリーイベントが起きませんでした。(前半で終わっていたようで)
ひたすら素材獲得ポイントレベル上げ&料理のひらめき待ちの作業ゲームです。
料理のひらめき待ちは結構面倒くさいかなあ、と思います。
まだ上位食材を得られていないので、時間が空いた時にのんびりやろうかな、と思います。

ストーリーイベントが全く起きないのでキャラが邪魔(というかうっとうしい)という(でも回復してくれる人は重宝、あとは無視)不思議な現象が起きました。(私の中で)
あと、エンディングを迎えた嬉しさや感動が薄い感じです。
なんか、突然エンディングになることが多くて。(笑)
だらだら、のんびり続けていたら「あれ?エンディングなの?」という感じです。
すごくたくさん遊べるので、そういう意味では素晴らしいゲームだと思います。
でも、ストーリーは基本一本道でプレイヤーの感情が入る余地がなく、全体的に淡泊なので「感動、充実」という感情とは少し遠い位置にある作品かもしれません。
私はキャラに感情移入できずに、外側から見ていた感じなので(イヴちゃんかティコさんが選べたらよかったのに!)それが残念でした。でも地図を作るイベントは心が温まり、良い感じだと思いました。

私が一番面白いと思ったのは「新しい食材や素材が入手できた時」と「新しい料理が出来た時」です。
すごくシンプルなことで、本当に作業なんですけど、ポイントをためて、???→材料名になり、入手できた時がすごく嬉しいです。
「なかなか材料手に入らないから、もうやめようかなあ…」と思う頃に新しい何かが入手できたことも長く続けられた要因だと思います。

時間があって、作業ゲームが苦にならない方はぜひ、体験版から遊んでみてください。

【クリア後、考察】

ここからはネタバレになりますので、御理解の上お読みください。
一部、反転はしています。(エンディングのネタバレになると思います)
経営SLGとしてはすごく面白かったのに(私の)充実感が薄かった理由について考えてみました。

理由は、たぶん、結局、主人公が「何者にもなれなかった」ことではないかと思います。
一番の夢である「冒険者」になれなかった。(料理の仕事はギルドから回してもらえるようにはなりましたが)
一番好きな子である「シオ」の恋人になれなかった。
プレイヤーである私がすごく頑張ったレストラン経営に対しての興味が、結局最後まで薄かった。


たぶん本作品はサークルさんの連作の中の一部で、主人公も後に変化する余地を残しているのだと思います。
でも、この作品しかプレイしていないプレイヤーにとっては、この作品が全てです。
だから、たぶん、本作品しかプレイしていなくて、他の作品をプレイする予定が無い私には感動や充実感が薄かったんだろうなあ…と思います。

「レストラン経営に特に興味が無い主人公が生活のためにレストランでアルバイトをする」という初期状態が、エンディングを迎えても劇的に変化するわけではなかったのが、たぶん私には残念だったのだと思います。
経営を頑張ってもアルバイトのままだったし…!(二番目のエンディングをクリア、やり込んでいない状態で)
私は「このレストランをイヴちゃんと経営できたらいいのになあ」と思ったので、その辺の乖離も原因だったかもしれません。

やっぱり、エンディングで何らかの良い(または破滅的な)変化があるのって大事だな、と思いました。
初期状態とは明確な違いがある(または中盤、終盤の状態から、主人公が望むような初期状態に戻る)ことが、私には望ましいかな、と思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R