忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323] [1322]
東日本大震災のことで、今でもすごく印象に残って、覚えていることがあります。
それは「子宮頸がんワクチン」を摂取しましょう、というCMのことです。

とある女優の親子が出ていて、笑顔で「ガソリンの残量が心配で普通に病院にも行けない」被災者の私たちに向かって言っているのです。

しかも、そのワクチンが後にひどい副作用をもたらしたと知って、泣きそうになりました。
それからずっと、救済措置等のことが気になっていました。

私は東日本大震災の時にCMを見ていた当時、大人だったので、被害者は「CMを見て病院に行った方が多いのかな」と漠然と思っていました。

それくらい、ずーっと、何回も何回も、何日も何日も、そのCMは流れていたのです。

でも、ワクチンって、接種を義務化していたと最近知って驚きました。
救済措置も進んでいるようで、少し救われた気持ちです。
私はCMを流した会社にも責任を取ってほしい。

心情で言えば、出演女優にも悪感情を持ってます。
まあ、女優さんも被害者かもしれないけど…。

病院関係者の方は本当、患者さんに協力してあげてください。
症状が出るだけでもつらいのに、診断の書類がそろわないとか可哀想すぎる…。

親身に協力してくださる病院の名前は積極的に開示して、良い病院だねって称えたい…。
「子宮頸がんワクチン」で副作用が出たことについては、ワクチンの製造元で無い限り、関係者を責める方はそんなにいないと思うんです。
親身に対応してもらったらきっと皆、喜ぶと思うんです…。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R