忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1347] [1346] [1345] [1344] [1343] [1342] [1341] [1340] [1339] [1338] [1337]
DLサイトさんで半額キャンペーン始まったみたいですね!
私がお気に入りに入れているゲームは、現状、半額になっていなかったみたいです。
早期購入者さんのためにはよかった…!
でも油断はできないですよ。明日は半額になってるかも…!!

過去に買ったゲームについては(半額になっているかどうか)今回は見てません。
早期に買って、バグに泣いて、しかも半額になって泣く方が一人でも少ないようにと願ってます。
私は今も、それでトラウマなので…。
だって、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で買うのって同人(アマチュア)ゲームだけだったの!!
半額になるって思ってなかった時だからね…。
でも、今考えても、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で買うのは愛がある行動だったと思います。
もう、そういうことをするのは、私は無理だけどね…。
だってバグで泣いて、半額にされて泣くのは嫌なのー!!
なので様子見の鬼継続中。
バグがなくなって、半額キャンペンに出品しないっぽいことを確認したら、気持ちよく定価で買いたいです。
「きっと半額にならない。きっと!!」と思って買って、それでも半額になったら自己責任って思います…。
私、泣くけど、でも仕方ない。
だって半額キャンペーンがあるってわかってるんだもの…。

様子見していたプレイヤーさんは、好きなゲームを半額で買えるといいですね。
半額は嬉しいよね。
本当、半額で販売するサークルさんのゲームは半額で買ってもいいと思います…。

でも、本当、半額の価格表記は衝撃。
ビジネスとして考えたら、すさまじいインパクトだと思います。

私が、欠陥があるかもしれないってわかってて定価で早期に買う行動は「消費者として得をしようとして」やっていたことではないので、ビジネスライクな考え方とは完全に対立するんですよね…。

「バグで泣くかもしれないけど、好きなゲームを買い支えるの!!バグで泣くってわかってる私が泣く方が、バグが無いと思って泣く方を出すよりマシ!!」という行動だったので。
それは全然、消費者として得をしてない。(笑)

***

半額キャンペーンで泣いた私ですが、ゲーム制作者さんが、お金が必要な状況になって半額キャンペーンを利用する場合、サラっとそれを説明していただければ、たぶんゲーム好きなら納得すると思います。
私は「半額キャンペーンに出したのは、たくさんの人にゲームで遊んでもらいたいから」という心の満足させる理由だと、本当に納得しない。(納得しないだけで、特に何かするわけじゃないです。納得しないー!!ってここで言うだけ)

だったら新作をフリーゲームで出せばいいじゃないのよ!!

と思うからです。

でも、お金が必要ですって言うのは抵抗がある方もいるのかな…。
私は、新作ゲームを作るのにお金が必要なのでって言われたら絶対納得する。

だって、ゲーム好きは新しいゲームが一個増えたら嬉しいんだよー!!
自分が遊べるゲームが増えたら大喜びするし、自分が遊べないゲームでも、ゲームが増えたら喜ぶ方がいるので嬉しいです。

但し、プレイヤーを痛めつけるゲームで注意書きが無いものは喜ばない!!
だって、プレイヤーを痛めつけるゲームが一個あると、泣く人の数はすごく多くなるし、そういうゲームに似たゲームが「嫌な印象をもたれて」敬遠されてしまいます。

でも、注意書きがあれば、好きなようにしていいと思います。
だから、紹介ページに嘘を書くのだけは本当、やめてほしいです…。
私は紹介ページの文章、信じてプレイするので…!

自分も、紹介ページにはなるべく正確な情報を記載するように気をつけたいと思います。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
12 13 14 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R