忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1352] [1351] [1350] [1349] [1348] [1347] [1346] [1345] [1344] [1343] [1342]
ポケモンGOのファンの方には申し訳ないです。
ポケモンGO訴訟への関心の話なので、ファンの方は閲覧をお控えください。
伝聞等の情報なので間違っている可能性もあります。ご了承ください。

***

集団訴訟、起きるかな、と思っていたのですが予想以上に早くて、しかも内容が(私から見れば)軽微なものも含まれるようで、すごく驚きました。

ゲームプレイの被害の範囲がどの程度認められるか、という問題なので、アマチュアですが、ゲームを作る側としてもゲームで遊ぶ側としても関心があります。

***

「ゲームをプレイした際の被害において、制作側は一切の責任を負わない」というのは、制作側とプレイ側の約束事であって「ゲームで遊んでいない第三者」には一切関係ない話だと、私は思います。

そんな免責事項知らないですよ。ゲームで遊ばない人は…。

これまでのゲームは、ゲームを作った人とゲームで遊ぶ人しか関わりがなかったから「ゲームで遊ぶ人の損害について責任を負わない」で済んだけど、ポケモンGOは「歩きスマホを強く推奨して、周囲の人間に甚大な損害を与える上に、ポケモンをゲットするために、私有地にもずかずか入るということが予測されるゲーム」なので、損害を与えられた側から見れば「ポケモンGOというゲームさえ存在しなければ、怪我させられることもなかったのに!」ということになると思うんですよね…。

今回の訴訟で「すごいな」と思ったのが「知らない人が、ポケモンを取るために庭に入らせてほしいと言って来た」という内容が含まれているらしい、ということです。
実際、私有地に入っていなくても被害に遭った、と言っているようですね。
知らない人に庭に入らせてほしい、と言われるのって、確かに、それは嫌だなあ、と私は思いました。
怖いよね。

***

任天堂の株価が好調だったときに、任天堂が出したとされるコメントが「任天堂はポケモンGOを制作したわけではなく、キャラクターを使用する権利をゲーム制作会社に貸しただけだから、利益については限定的」という内容だったようで、私はすごく不思議に思っていたのですが、今思えば、任天堂は、ポケモンGOによって被害に遭った方への責任を果たすことを回避したかったのかな、と…。

作ったのは任天堂じゃないよ、ということを訴えておきたかったのかな、と思います。

***

ポケモンGOに関しては、私は、ゲームを作った人の心がすごく怖いなあ、と思っています。
だって、絶対、ゲームに夢中で遊んだ人が、ひどいトラブルに巻き込まれることはわかってたはずなんですよ…。

自分が作ったゲームに夢中になった人ほど、ひどいトラブルに巻き込まれて被害者や加害者になるってわかってるのに、それでも販売したってすごいことだと思います。
愛されてないよね。プレイヤーさん。

私は、ポケモンGOを作った人から、プレイヤーが愛されていないことがわかる程度に大人でよかったなあ、と思っています。

面白いゲームで遊んでいる時は夢中になるし、周りが見えなくなるよ。
そんなのゲーム好きならわかってることだよー!
でも今までは、安全な場所でじっとして遊んでいたから、自分が大けがしたり、人に大けがさせたりすることは考えにくかったんですよね。

今の親御さんは、ゲームで遊ぶ子供が大けがしたり、人に大けがさせたりすることまで心配しなくちゃいけなくて大変だなあ、と思います。
でも、もう、ポケモンGOが存在しなかった頃には戻れないと思う。

そんなわけで、訴訟には注目したいと思います。
本当、ポケモンGOのせいで、骨折等の大けがをさせられた被害者の方には、ゲーム制作会社からもお見舞金を差し上げてほしい。

***

もう一つ、注目している訴訟があります。
子宮頸がんワクチンの訴訟です。

ACジャパンは訴訟準備が進んでいることを広く世間にCMしてよ!
東日本大震災の時、ワクチンを接種しに病院に行こうって、あんなにいっぱいCM流していたのにー!!

子宮頸がんワクチンは、絶対悪というわけではなく、体質に合う方には非常に効果が期待できる面もあるようです。

でも、今、副作用で苦しんでいる方の症状が重すぎて「がんではない健康な女の子」が無理して摂取する必要は全く無いと、私は思います。

子宮全摘出のリスクと天秤にかけても、副作用の方が私は怖い。
私が知っている限りでは…。

・突然、手足が震えて物が持てないほどになる
・短時間、記憶が飛ぶ
・日常的に疲れやすくなる

という症状があるそうです。
怖すぎる!!

製薬会社は「ワクチンに問題はない」という姿勢で争うようです。
ワクチンを作った方は、自分自身や娘さんやお孫さんに、自信を持ってワクチンをすすめることができるのでしょうか…。

国は「様々な症状で苦しんでいる方へのサポートをしたい」という方向のようなので、裁判の結果が今、すごくつらい状況にある方への救いになるように、心から願っています。

製薬会社におつとめの方も、未来がある女の子につらい思いをさせたいわけではないと思うので、副作用緩和のために協力していただけたらと思います。
皆で、つらい状況にある方の状況改善のために動いて欲しいです…。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R