忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121]
自分メモも兼ねて。
たぶん何回も同じことを書く気がするんですけど、現状の私が重要視するのは以下のことです。

・クリアしました、という表記

これ、一番大事です。
制作者さん以外のプレイヤーさんが前情報無しでクリアできる、というのはとても重要なことです。
「クリアしました」という記載がある感想が多ければ多いほど、真由子がクリアできる可能性が高まります。
でも、たくさんのクリア報告があっても私がクリアできなかった作品はたくさんあります。(笑)

・クリアして、面白かったという表記

この記載が複数あると、羨ましくなってプレイすることが多いです。
私も楽しくゲームで遊びたい!

・攻略情報があり、参考にしたという表記

この記載があるとすごく安心します。
そして最初に攻略記事を拝見することも多いです。
特に長編っぽい作品は間違えると時間と労力の面で取り返しがつかないと感じることが多いので。
私はネタバレしても全く問題なく楽しめるタイプのプレイヤーなので、ネタバレは大好きです。
推理ドラマとか、結末がわかっていても楽しいし、前半見てなくても後半だけで楽しめるタイプです。

・つらく、苦しいこともあったけどプレイしてよかったという表記

一番信じるのはこのタイプの記載です。
これがなくて、序盤とか前半とか中盤とかクリア前にとてもつらい感じだと私は心が折れてゲームを投げ出すことが多いです。
だから、自分も正直に「きつかったけどクリアして良かったです!」ということは記載するようにしています。
つらく、苦しいことが省かれ、良いところだけが書かれた感想だと、つらい部分にぶつかったとき、その感想の何もかもが信じられなくなるタイプです。

・クリアできなかったという表記

これも私は重要視します。
クリアできなかったという理由が記載してあることが多いので、すごく参考にします。
私も、本当、ゲーム途中で挫折することが多いので…。
クリアできない理由は、だいたいどのゲームも同じことが書かれていることが多いと感じます。

***

参考にするけれど重視しない情報について。

・ストーリーの好み、キャラクターの好み

これは「あ。こんなに面白いのに合わない方もいらっしゃるんだなあ」と思ったり「真由子が超引っかかったところがそんなに気にする人がいないんだなあ」と思ったりします。
だからとても楽しいです。
だから、良い悪いじゃなくて、好き嫌いなんだよね、といつも思います。
だから、良くても悪くても、好きでも嫌いでも、どちらも正しい感じがします。

同じ事柄について、まったく正反対の情報が記載されているのを読むのも好きです。
この事象についてはゲーム制作者さんは把握していると面白いと思います。

***

私は、ゲームの感想を読むのが好きなので、これからもいろんな感想が読めたら嬉しいな、と思います。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R