忍者ブログ
庄野真由子のシェアゲーム制作&レビューブログ
[1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109] [1108]
だいぶ前の話ですが、ゲームの名前も忘れてしまったのですが(フリーゲームだったと思います)80MBくらいのゲームで、たぶんRPGで「面白いのかなあ。でも楽しめるかは、ちょっと微妙な気がする」と思いながらDLしたら、意味不明だったゲームがあったのです。

私はそっとそのゲームを削除して沈黙を貫いたのですが、そのゲームの感想掲示板には「バグだらけ」「意味不明」という言葉が並んでいたと思います。
序盤をプレイしてバグだらけ、と複数のプレイヤーさんがおっしゃるからには、制作者さんがプレイしてもバグだらけのはずなのです。

だから私は思いました。

「なんでちゃんとテストプレイしていない状態のゲームを、不特定多数の人に遊ばせようと思ったのだろうか」

ゲームをプレイする人は「ゲームで遊ぶぞー!!」とわくわくしながらゲームを起動させるわけです。
バグだらけだった時の悲しみと言ったら……。(涙)

だがしかし。
その中で、すごい感想がありました。

「自分はこの制作者さんのファンで、バグや意味不明な点も含めて楽しんでいる」

という記載です。

なんてかっこいい言葉なのでしょうか!!
私はひっそり感動しました。(だから今も覚えてます)

ゲームって自由なんだなあ、と思いました。
大多数の人にとって、迷惑や悲しみでしかないバグを、楽しめるプレイヤーさんがいらっしゃるのです。
すごいです。
楽しみ方は人それぞれ、という言葉をかみしめました。

でも真由子は…バグはない方がありがたいです。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
12 13 14 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 煌月あや]
[07/09 煌月あや]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
庄野真由子
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R